文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

10月21日『TSUBAME HACK ! 』を開催します|『すくすく』9月イベントのご報告です

10月21日『TSUBAME HACK ! 』を東京・赤坂で開催します

◆概要
テーマ 「使い手と作り手がともにつくる『モノづくり』とは」

メーカーは問屋に卸せば勝手に売ってくれる。受託企業は仕様に合わせて作っておけばいい。経済成長の時代は、「使い手」不在のモノづくりでも成り立っていました。しかし経済が停滞している現在、それではうまくいきません。

「使い手がほしいものを作って届ける」という原点に立ち返り、製造や販売のプロセスをデザインし直す必要があります。燕市が主催するイベント「TSUBAME HACK!」は「使い手と作り手がともにつくる」ことをコンセプトに過去4回イベントを行ってきました。

今回は「使い手と作り手がともにつくる『モノづくり』のあり方」について、パネルディスカッションを通じて問いを深めます。また、これまでの「TSUBAME HACK!」から継続して活動しているチームの方に、現在の活動状況をプレゼンテーションしてもらいます。
 
日時 平成29年10月21日(土) 午後1時~午後5時(予定)
会場 Tech Shop Tokyo
東京都港区赤坂1丁目12番32号
内容     
〇スケジュール
◆開会 午後1時

基調講演
(株)caramo 代表取締役社長 中村 亮 氏

パネルディスカッション
パネラー:(株)caramo 代表取締役 中村 亮 氏
(株)メディアジーン執行役員CSO 芹澤 樹 氏
燕商工会議所 総務課長/磨き屋シンジケート事務局 高野 雅哉 氏
ツインバード工業(株) /AXEAチームメンバー 古川 泰之 氏
(株)フィラメント 代表 角 勝 氏

プレゼンテーション

・AXEA
ツインバード工業株式会社若手3人のチーム。「シェアする」ことをコンセプトとしたアイデアを発表。

・sutto
燕市内の企業の社長、東京企業勤務から海外を拠点とするベンチャー立ち上げ経験者、大学生の3人チーム。金属の特性を生かした製品を、主に海外向けとして考案。

・横山 貴博
燕市内の企業に勤務。子どもからの要望に応える新しい製品アイデアを発表。

◆閉会 午後4時20分

●交流会・・・歓談、フリータイム、情報交換
(イベント終了後、軽食を囲んで会費制の交流会を開催します。)

〇講師・パネラー紹介
《(株)caramo 代表取締役社長 中村 亮 氏》
藤巻百貨店 創業者カラモ中村社長。
Eコマース黎明期からモバイルを中心とした人気のECサービスを複数立ち上げる。ベンチャー企業の上場企業役員を経て現職に。主に、Eコマース・デジタルコンテンツ・ソリューションなどの幅広い領域の新規事業を数多く手がけ、オンリーワンの付加価値の高いサービス創りをモットーにしている。又、昨今では数多くの講演会・登壇を行っているほか、全国各地を飛び回りバイヤーとして商品開発も行っている。
趣味 剣道 錬士6段

《(株)メディアジーン執行役員CSO 芹澤 樹 氏》
音楽大学を卒業後、電子書籍のECサイト運営者としてWeb業界入り。2007年、現グループ会社のインフォバーンに「MYLOHAS」のサイトマネージャーとして入社後、「TABROID」や「roomie」の立ち上げなど、新規メディア事業の開発に従事。現在は執行役員CSOとして、ストア・ジョブマッチング・クラウドファンディングの3つのサービス機能をもつオンラインモール「machi-ya」ほか、複数ある自社メディアのビジネス開発に努める。

《燕商工会議所 総務課長 高野 雅哉 氏》
1988年新潟大学経済学部卒業後燕商工会議所入所、2003年共同受注グループ商工会議所 高野課長
「磨き屋シンジケート」立ち上げ。現在燕商工会議所 総務課長。著書に、「磨き屋シンジケートの構築について」(日本経営工学会「経営シ
ステム13巻」共著)、「燕市にみるモノづくり中小企業の新しい連携」(大河出版「ツールエンジニアリング」)がある。

《株式会社フィラメント 代表 角 勝 氏》
元大阪市職員。前職では、多く のイノベーション企画を手がけ、 ウェアラブルおもちゃ「Moff Band」やシャープ製「プレミアムなココロボ《妹
Ver》」を世に出す契機をつくった。2015年、大阪市を退職し独立。豊富な人脈を生かしオープンイノベーションの振興に努めるとともに講演や
各種イベントのメンターとして活躍中。

お問合せ 燕市役所 産業振興部 商工振興課 燕市役所3階 23番窓口
TEL:0256-77-8289(直通) FAX:0256-77-8306
E-mail:shoko ◎ city.tsubame.lg.jp(全角◎を半角アットマークに置き換え、メールソフトの宛先としてご利用ください)

燕市子育て総合支援センター「すくすく」の9月イベントの様子をお知らせします

9月1日  パッククッキングに挑戦しよう
・災害時やアウトドアに便利な「時短でおいしい」「節水でエコ」「一度に複数の料理」「個々に応じた料理」ができる『パッククッキング』
・1枚目のポリ袋には米を入れてさっと洗い・・・2枚目にはカレーの具材とカレールーを入れ・・・3枚目にはラタトゥイスープの具材とトマト缶を入れて・・・それぞれ口をギュッと結びます。そして、全部を大きな鍋で煮ると完成。
・さあ!会食です。柔らかく、味もしっかり浸みておいしそうでした。そして、ポテトサラダは、なんと「じゃがりこ」から作りました。「言われないとわからないよね」と、食べたママ達からの感想でした。

9月6日  読み聞かせボランティア
・これから始まる絵本をソフトマットに座ってワクワクしながら待っている子。ママのおひざで待っている子。どんな絵本との出会いがあるか楽しみですね?
・ボランティアの人は、紙皿の真ん中から顔を出して動物に変身したり「アンパンマン」の手遊びで子ども達の目を引き付けたりしてからの絵本スタートです。
・「けんけんぱ」「かくれんぼ」「でてこいでてこい」や紙芝居!!たくさんのお話を聞かせてくれました。自分の好きなお話になると、立ちあがってじっくりと見ていた子ども達でした。

9月8日  “元気磨きたい”と一緒に遊ぼう
・子ども達に負けないくらいのパワーとゲームを持って“元気磨きたい”の皆さんが来てくださいました。
・ゲームは「アンパンマンとメロンパンナちゃんの玉入れ」「的あて」「タオルでゆらゆら遊び」の3つです。一番人気は玉入れで、それぞれの年齢に応じた投げ方でとても楽しそうでした。
・最後は、子ども達もママも“元気磨きたい”の皆さんも・・・「きのこ」を踊って終わりました。

9月13日 ハンドアロママッサージ
・ママの手は毎日の育児と家事でよく働きます。今日は少しだけごほうびをいただきました。
・ママを見守る子ども達は、ママのうれしそうな顔を見てにこにこ。「ママ、よかったね!」
・終わると手はツルツル・ピカピカ~!癒されたひと時でした。…プラス…おみやげもいただきました。そして、館内にはアロマの香りがいっぱいに広がりましたよ。

9月25日  動物カスタネットを作ろう
・カチャ、カチャ…カスタネットを作りましょう!うさぎ・ねこ・かえるの3種の中からどれにしようかな?ママ達は迷うけど、子ども達は「これ!」とすぐにお気に入りが決まります。かえるが1番人気でしたよ。
・耳と目を貼り、ひげやほっぺは自由に描きました。ママとの共同製作で、かわいいカスタネットが完成しました。
・小さな指にはめてうたいながら、踊りながら鳴らす姿に笑い声があがりました。

9月29日 電車を見に行こう
・ママの手をぎゅっと握りしめて横断歩道を渡り、てくてくと歩いて駅まで電車を見に行ってきました。『ママ、楽しみだねー!』電車が見えてくると「電車、でんしゃ」の声。「ん、ん」と指さしをして喜んでいる姿は、とってもかわいい。
・さあ、「陸橋を上がりますよ~」一段一段しっかり上ります。「着いたー。空がきれいで気持ちがいいね。早く出発しないかな・・・」
・電車が出発すると、みんなで「ばいばぁーい。あー、行っちゃったぁ」また見に来ようね・・・

このページに関するお問い合わせ

教育委員会子育て支援課

電話番号:0256-77-8222

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く