本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

市長への手紙の主なご意見・ご提案と回答

「市長への手紙」は開かれた市政、市民参加型の市政を推進するため、 皆さんからご意見やご提案などを市長が伺うものです。
こちらのページでは、平成27年度に「市長への手紙」に寄せられた主なご意見・ご提案を公開しています。
 なお、お寄せいただいたご意見やご提案は、読みやすさ等を考慮して改行位置の修正などを加えさせていただいております。あらかじめご了承ください。

平成27年度教育・スポーツ・文化に関するもの(サンプル)

インフルエンザ予防接種の無料化について
ご意見・ご提案: インフルエンザ予防接種の無料化について
 インフルエンザ予防接種の料金を子どもに対して、1回目は無料の措置をとってもらいたいです。以前住んでいた市では1回目が無料でとても助かっていました。
 燕市は、このような対応はしていないと言われました。子育て支援の1つとして何とかできませんか?お願いしたいです。よろしくお願いします。
◆受付日:平成27年4月21日
●回答
お子様のインフルエンザ予防接種については、県内30市町村のうち、15市町村が費用助成を実施しており、全額費用助成を実施している市町村は加茂市のみの状況です。
燕市の昨年度の助成内容は、接種日において生後6カ月から小学6年生までの子どもを対象に1人1回限りで1,000円の補助を行いました。
現行の一部助成から全額助成を行うためには、その財源を確保する必要がある訳ですが、限られた予算の中では大変厳しい状況でございます。
そのような中、燕市は子育て支援に力を入れており、他自治体よりも手厚い支援を行っている事業もございます。
小学3年生までのお子様が病気や病気の回復期でご家庭での看護が困難な場合に、小児科医院に隣接した施設において一時的にお預かりする病児・病後児保育を県央地域で唯一実施しております。
また、小学4年生までの児童に放課後、生活指導や遊びの促進を提供する児童クラブや12歳までのお子様をお預かりするファミリーサポートセンター事業等、安心して仕事と子育てを行っていただくために各種の子育て支援を実施しております。
今後とも、総合的なご支援ができるよう努めてまいりますので何とぞ、ご理解をお願い申し上げます。
◆回答日:平成27年4月24日
◆担当課:健康づくり課 0256-77-8182
水銀灯街灯のLED化について
ご意見・ご提案: 水銀灯街灯のLED化について
 水銀灯の街灯を市内で多々見受けます。20W相当の蛍光灯はLED化されていますが、それよりもはるかに消費電力の高い水銀灯はまだです、いつ頃とお考えでしょうか?
◆受付日:平成27年5月14日
●回答
防犯灯のESCO事業は省エネ推進と電気料金等の経費削減を目的に平成24年度から検討を開始し、平成26年4月より事業がスタートしたところであります。
当初、ESCO事業を開始するにあたり、幹線道路の街路灯(道路灯)も含めた全灯LED化も検討致しましたが費用対効果を検討した結果、交換経費及び器具の安価な防犯灯タイプの蛍光灯のLED化にESCO事業を活用することと致しました。
ご指摘のとおり水銀灯街灯は、国・県道も含め市内に多く存在いたします。
現在のところ、県と同様に、水銀灯の球切れのみの修繕につきましては、再度水銀球に交換を行っているところですが、灯具等の劣化や破損等で再設置が必要と見込まれる場合につきましては、LED照明に取り替えております。今後とも器具交換が必要な場合は、随時LED照明に取り替えてまいります。
全灯LED化につきましては、国・県や近隣市町村の動向も注視しながら、今後の検討課題とさせていただきたく、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。
◆回答日:平成27年5月20日
◆担当課:土木課 0256-77-8277
ご意見・ご提案: 自治会住民としての職員参加について
 常日頃市長が職員の意識改革に努めております。という文言を発しておられます。さて、日本列島はまさに自然災害の多発する島です。そういう中で燕市も防災に尽力されていることは、非常に大切なことと思います。
各自治会も独自で防災訓練を行っておりますが、参加については強制ではなく個人の自由意思に任せられます。しかしながら、市のほうで率先して広報にも努められておるところから、その自治会に住んでいる市の職員には都合のつく限り防災訓練など(自治会行事)に参加していただけないでしょうか。
自治会住民としても市の職員が参加しているといないとでは訓練の雰囲気も違ってまいります。ご検討いただきますようお願いいたします。
◆受付日:平成27年6月4日
●回答
市役所では、職員が市民の皆さんと信頼関係を構築していくことは非常に重要であると認識しており、常日頃から職員に対して、地域行事や様々な活動へ積極的に参加するよう周知をしております。
なお、ご要望をいただきました、来たる7月5日に実施いたします総合防災訓練につきましては、当日は災害対策本部会議担当及び避難所担当として、業務に従事する職員もおりますが、それ以外の職員につきましては、地域の一員として訓練に参加するよう改めて呼びかけ、地域の皆さんとの相互理解や連携を深めてまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。
◆回答日:平成27年6月8日
◆担当課:総務課 0256-77-8312
 
保育料について
ご意見・ご提案: 保育料について
 保育園の料金についてですが2人目以降の料金を下げれる範囲を保育園や幼稚園等の範囲から小学校や中学校くらいまで広げてほしい。
 ただでさえ他の地域と比べると高い保育園料なのに下の子を産むのに体質や経済的理由等で年を離さないと産めない人、不妊治療の末数年ぶりにやっとの人には負担になるのでは?と思います。
実際他の地域では18歳くらいまでの広範囲の所もあると聞いているし、高い保育園料でパート代が全て消えてしまうので人目以降はほしいけど現実厳しいからと産むこと諦める人もいるので検討していただけたらと思います。
 ◆受付日:平成27年6月18日
●回答
保育園の保育料については、保護者の収入等に応じ決定することとなっており、燕市におきましても同様に決めさせていただいております。  
また、県内の他の市と比較しても、燕市の保育料については、おおむね中ほどの負担水準であります。
さて、ご意見を頂きました2人目以降の保育料については、燕市では国の示した基準と同じく軽減を図っております。(同時入園に限り2人目は半額、3人目は無料)
保護者の皆様からご負担いただく保育料につきましては、安心・安全な保育環境を保つための必要な経費の一部としてお願いしているものであります。
なお、人口減少問題の取り組みとして少子化対策は重要と考えており、有効な子育て支援策の研究を進めているところであります。
その中で、今後検討してまいりたいと考えておりますのでご理解のほどよろしくお願い申し上げます。
◆回答日:平成27年6月22日
◆担当課:子育て支援課 0256-77-8222
 
市役所の駐輪場について
ご意見・ご提案: 市役所の駐輪場について
駐輪場の場所がよくわかるような標識をして、少しの風でも自転車が倒れないような設備にしてください。
初めて自転車で市役所に行った時駐輪場が分からず、市役所の周りを一周しても分からず、市役所の中に入って職員に聞いてやっと分かりました。
それは正面に標識がなく裏側に小さな字で表示されていたからです。
少し風があった日に駐輪場に自転車を停めてから、市役所で用事を足して駐輪場に戻ったら私の自転車が倒れていました。それは駐車場は風通しがよく、敷地が傾斜しているからです。隣に高価な二輪車が止まっていて接触したらトラブルになります。それから風の強い日は自転車を倒しておくことにしました。
◆受付日:平成27年6月23日
●回答
ご指摘いただきました「駐輪場の場所がよくわかるような標識」と「少しの風では自転車が倒れないような設備」につきましては、来庁者の皆様が、安全安心に施設をご利用いただけるよう、駐輪場への誘導標識の追加や自転車ラック等の設置について早急に対応させていただきたいと考えておりますので、よろしくお願い申し上げます。
◆回答日:平成27年6月26日
◆担当課:用地管財課 0256-77-8334

前のページに戻る

ようこそ市長室へページに戻る

このページに関するお問い合わせ

総務部総務課

電話番号:0256-77-8312

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る