本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

新年のごあいさつ

市長から皆様へ新年のごあいさつです。

新年のごあいさつ(平成27年1月1日)

新年明けましておめでとうございます。
市民の皆様には、健やかに新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
 
昨年は、2期目の市政運営を開始するとともに「定住人口」、「活動人口」、「交流・応援人口」という3つ人口を観点とする人口減少対策の取り組みを進め、「病児・病後児保育」、「マイ・ストーリー運動」、「ふるさと納税」などの事業が順調にスタートすることができました。
また、長年、売却先を探しておりました旧燕市総合福祉センター「たのうら燕」の譲渡をはじめ、大河津分水の抜本改修に向けた調査事業の着手や、分水消防署、西部学校給食センター、燕・弥彦総合事務組合の斎場などの施設が完成するなど、大変意義深い1年でした。
 
今年は、燕市合併10周年の節目の年です。合併後、新市建設計画などに於いて取組んできた各事業の仕上げをするとともに、人口減少対策を更に充実させ、次の10年に向けたスタートを切るうえで重要な年です。
 
引き続き、2020年のオリンピック・パラリンピック東京開催に向け、洋食器やハウスウェアなどの一大産地として、業界団体や商工会議所、商工会とともにスクラムを組み、品質の高い燕製品を積極的に提案できるよう、全市的な力を結集してまいります。
 
また、市村の枠を超え、地域全体の暮らしに必要な都市機能の整備、充実を図り、魅力ある地域づくりを進めることを目的とし協定を結ばせて頂いた、燕・弥彦地域定住自立圏の形成をより一層推進してまいります。
 
さらに、今年4月には男女共同参画推進条例が施行されますので、これを契機に女性が輝き、元気をもらえるような制度作りを進めてまいります。
 
また、燕市を起点とし、日本や世界を舞台に活躍する人材を育成するため、英語教育を推進する「Jack&Bettyプロジェクト」に継続して取り組んでまいります
 
このほかにも、子育て支援や障がい者支援の充実をはじめ、医療や福祉、生活環境、都市基盤の整備など、さまざまな問題解決に向け全力で取り組んでまいります。
 
これからも、子どもたちが未来への夢や郷土へ誇りを持てるような「日本一輝いているまち・燕市」の実現を目指してまいります。
 
結びに、新しい年が皆様にとりまして健やかで実り多い年でありますよう、心からお祈り申し上げまして、新年のごあいさつとさせていただきます。
 

 

このページに関するお問い合わせ

総務部総務課

電話番号:0256-77-8312

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る