本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

新年のごあいさつ(平成23年1月1日)

新年明けましておめでとうございます。

市民の皆様には、輝かしい新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。本年も「子どもたちが未来への夢や郷土への誇りを持つことができる日本一輝いているまち」に向かって、精一杯努力してまいりたいと決意を新たにしているところです。

さて、リーマンショックに端を発した世界的な景気後退は、地元経済にも深刻な影を落とすとともに、特に昨年の夏以降は円高の影響も重なり、引き続き厳しい状況が続いております。しかし、このまちには時代の波に何度ものみ込まれそうになっても、常に時代を切り開き、輝き続けてきた歴史があります。

燕市は、全国的に見ても「産業のまち」として認知されており、このことは大切なブランドとして、今後も活かしていかなければなりません。このまちが持続的に発展していくには、産業がしっかりと活性化していく必要があり、そのような意味からも、本年も引き続き産業振興を最重要課題として取り組んでまいります。

私は、まちづくりの原動力は人であり、「人づくり」は「まちづくり」の原点であると思います。子どもたちへの教育は、学校や行政だけのものではなく、家庭や地域で支え合うことが大切であると考えています。そのような中、燕市全体で支え合うための一つの仕組みとして、昨年の12月に「子ども夢基金」を創設しました。これからも、次代の燕市を考え、子育てを含めた教育環境の充実に力を入れてまいります。

もちろん、医療や福祉、生活環境、都市基盤の充実など、さまざまな課題にも目を配りながら、市民の皆さんや産業界の皆さんに少しでも先の展望が見える市政運営に全力を挙げてまいります。

今年は、合併して5年の節目に当たると同時に、燕市で金属洋食器が製造されてから100周年という記念すべき年でもあります。この機会を活かして、燕市の名をさらに全国へ広げていきたいと考えておりますので、より一層のご支援とご協力を賜りますようお願いいたします。

結びに、新しい年が皆様にとりまして素晴らしい年となりますよう心からお祈り申し上げ、新春のごあいさつといたします。
 
燕市長 鈴 木   力
このページに関するお問い合わせ

総務部総務課

電話番号:0256-77-8312

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る