本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

平成29年2月21日
「平成29年度当初予算(案)概要」発表記者会見

「平成 29 年度当初予算」を編成 日本一輝いているまちを目指して!~

 「第 2 次燕市総合計画」の 2 年目となる平成 29 年度は、地方創生の取り組みをさらに深化させるための重要な年度に位置付けられます。
そのため、産業振興をはじめ、出産・子育て支援、スポーツ交流の拠点化など総合計画の戦略体系に基づく各種人口増に関する施策を優先して予算化しました。
 また、国の経済対策関連予算などの財源を活用した平成 28 年度補正予算(繰越事業)と併せて施策を展開することにより「日本一輝いているまち」を目指します!

【平成 29 年度燕市当初予算の規模】

◆一般会計---382 億 1,100 万円(4 億 300 万円の減:▲1.0%)

*借換債を除く実質的な予算規模
---317 億 4,304 万円(28 億 9,109 万円の減:▲8.3%)

《一般会計当初予算の過去5年間の推移》
年  度 当初予算額 実質的な予算規模で比較
平成29年度 382億1,100万円 317億4,304万円
平成28年度 386億1,400万円 346億3,413万円
平成27年度 378億4,500万円 336億8,463万円
平成26年度 385億3,700万円 357億5,831万円
平成25年度 352億1,900万円 325億1,415万円

《国の経済対策関連予算による補正予算(繰越事業)を加えた前年度比較》
区分 平成 29 年度 平成 28 年度 増減額 増減率
当初予算 382億1,100万円 386億1,400万円 ▲4億   300万円 ▲1.0%
補正予算 34億7,804万円 4億6,606万円 30億1,198万円 646.3%
416億8,904万円 390億8,006万円 26億   898万円 6.7%

◆特別会計(5 会計)総額---217 億 3,130 万円
(国民健康保険・後期高齢者医療・介護保険事業・公共下水道事業・土地取得)

◆水道事業会計
収益的収支 収入 17億3,535万円 支出 14億3,448万円
資本的収支 収入 7,440万円 支出 11億6,552万円

【平成 29 年度予算における重点的な取組・事業】

平成 29 年度は、「3つの人口増戦略」を基本的方向に掲げる第 2 次総合計画の2 年目に当たり、特に次の施策に関する取組を深化させていきます。
  • <平成 29 年度の深化ポイント>
  1. 人口の自然増を目指す《不妊治療費助成や産後ケア等の出産・子育て支援の充実》
  2. 人口の社会増を目指す《企業と学生等のマッチングや次世代経営人材育成の支援》
  3. 活動・交流人口増を目指す《地域特性を活かしたスポーツ交流の拠点化》

戦略別重点事業

  1. 定住人口増戦略 ~ 住みたい・働きたいと思う人を増やす ~
  • ものづくり産業の活性化
〈新規〉つばめ産学協創スクエア事業 12,481 千円
〈新規〉ネクストリーダーズ事業 676 千円変化に対応する農業の振興(14 ページ)
  • 変化に対応する農業の振興
〈新規〉若手農業者ステップアップ事業 999 千円
〈新規〉農商工連携ビジネス創出支援事業 2,000 千円
  • 知・徳・体を育成する教育の推進
〈拡充〉吉田北小学校大規模改造事業(平成 28~29 年度) 861,400 千円※
〈拡充〉東部学校給食センター建設事業(平成 25~29 年度) 2,016,255 千円※
〈新規〉学校不適応・ひきこもり相談事業 3,037 千円安心して
  • 産み育てられる子育て支援
〈新規〉一般不妊治療費助成事業 3,552 千円
〈新規〉産後ケア事業 776 千円

地域で支える高齢者福祉
〈新規〉介護予防・日常生活支援総合事業(住民主体による支援事業) 2,009 千円
 
  1. 活動人口増戦略 ~ キラキラ輝く人を増やす ~
  • 健全な心と体を支えるスポーツの推進
〈新規〉スポーツ拠点化推進事業 3,356 千円
〈新規〉旧燕工業高校校舎第 3 棟(空手練習場他)整備事業 208,716 千円※
  • 心豊かな生涯学習・文化活動の振興
〈新規〉ブラつばめ(文化財公開活用事業) 148 千円
  • 支え合いの地域福祉
〈新規〉ひとり親家庭子育て支援事業 1,326 千円
 
  1. 交流・応援(燕)人口増戦略~ 訪れたい・応援したいと思う人を増やす ~
  • 着地型観光の振興
〈新規〉観光動向調査事業 4,200 千円
〈新規〉産業史料館リノベーション事業 38,161 千円
 
  1. 人口増戦略を支える都市環境の整備
  • 災害に強いまちづくり
〈新規〉新堤防構築事業(大曲 62 号線他道路改良事業) 41,000 千円
〈臨時〉洪水・土砂災害ハザードマップ作成事業 7,200 千円

※ 国の平成 28 年度補正予算の財源を活用して、本市の平成 28 年度一般会計補正予算に計上し、平成 29 年度に繰り越して実施する事業
  第2次燕市総合計画の2年目となる平成29年度の一般会計当初予算は、地方創生の取組をさらに深化させるための重要な年度です。
そのため、産業振興をはじめ、出産・子育て支援、スポーツ交流の拠点化など総合計画の戦略体系に基づく各種人口増に関する施策を優先して予算化しました。
また、借換債を除く実質的な予算規模は、前年度比で縮小していますが、国の補正予算の財源を最大限活用した平成28年度補正予算(繰越事業)と合わせると前年度を上回る予算規模となっています。

「平成29年度 燕市当初予算」の規模

【一般会計】  382億1,100万円(前年対比4億300万円の減・-1.0%)
 ※実質的な予算規模(借換債を除いた予算額) 317億4,304万円(28億9,109万円の減・-8.3%)

【特別会計(5会計の総額)】  217億3,130万円

平成29年度当初予算(案)の概要および主要事業

第2次燕市総合計画「3つの人口増戦略」
 目的達成に向けて取組を深化させます

●すべてのページはこちらをクリックしてください →予算(案)概要および主要事業(PDF/3.29MB)

●項目ごとのリンクはこちら
  1. 予算編成のポイント、予算の規模 1ページ
  2. 一般会計歳入予算のポイント 2ページ
  3. 一般会計歳出予算のポイント 3ページ
  4. ふるさと燕応援寄附金の活用方法 4ページ
  5. 第2次燕市総合計画「3つの人口増戦略」と今年度の深化ポイント 5ページ
  6. 戦略体系図 6ページ
〔戦略1〕定住人口増戦略 
1-(1)-(1)ものづくり産業の活性化 12ページ
1-(1)-(2)新たな産業育成・創業の支援 13ページ
1-(1)-(3)変化に対応する農業の振興 14ページ
1-(2)-(1)知・徳・体を育成する教育の推進【その1】15ページ
1-(2)-(1)知・徳・体を育成する教育の推進【その1】16ページ
1-(2)-(2)安心して産み育てられる子育て支援17ページ
1-(3)-(1)地域で支える高齢者福祉18ページ
1-(3)-(2)障がいのある人への切れ目のない支援19ページ
1-(4)-(1)移住・定住希望者へのサポート強化20ページ

〔戦略2〕活動人口増戦略
2-(1)-(1)元気を磨く健康づくり 21ページ
2-(1)-(2)健全な心と体を支えるスポーツの推進 22ページ
2-(1)-(3)心豊かな生涯学習・文化活動の充実 23ページ
2-(2)-(1)支え合いの地域福祉・(2)市民協働のまちづくり 24ページ
2-(3)-(1)若者の活動の活発化・(2)女性が活躍しやすい環境づくり 25ページ
2-(1)-(1)元気を磨く健康づくり 21ページ

〔戦略3〕交流・応援(燕)人口増戦略
3-(1)-(1)着地型観光の振興 26ページ
3-(2)-(1)都市交流・広域連携の推進・(3)-(1)イメージアップ・ふるさと応援 27ページ

〔戦略4〕人口増戦略を支える都市環境の整備
4-(1)-(1)災害に強いまちづくり・(2)防犯・消費者保護対策の推進 28ページ
4-(1)-(3)交通安全の推進・(4)公共交通の整備 29ページ
4-(1)-(5)快適な環境の確保 30ページ
4-(2)-(1)まちなか居住と空き家等対策の推進 31ページ
4-(2)-(2)親しみのある公園づくり 32ページ
4-(2)-(3)人にやさしい道路環境の整備 33ページ
4-(2)-(4)安全・安心・おいしい水道水の供給 (5)適正な汚水処理の推進 34ページ

〔行財政〕持続可能な行財政運営
5 持続可能な行財政運営 35ページ
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画財政部企画財政課

電話番号:0256-77-8352

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る