本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

平成30年5月31日 市長定例記者会見

 
■市長報道発表事項
市長定例記者会見

No.1 県内初!次世代を担うキャリアテン介護職員等表彰制度を創設
§ 介護の魅力を発信し、介護人材の確保・定着を目指します §
高齢化が進む中で介護人材の確保や定着を図るために、介護職員の皆さんが自信と意欲を持って働き続けていただけるよう、介護職員の表彰を行います。介護職員の表彰は県内初の取り組みで、概ね10年以上勤務している若手職員を対象として行います。
また、11月11日の介護の日に合わせて、介護の魅力発信やイメージアップを図る目的で、燕市役所において職場紹介や感謝メッセージの展示を行います。なお、感謝メッセージの募集は7月から開始します。
つばPつばP隊長
(本件についてのお問い合わせ先 健康福祉部 長寿福祉課:桑原(明) 電話:0256-77-8177(直通))
リンク:平成30年度に実施する主な事業(PDF|企画財政課)

No.2 三ツ星給食プロジェクトがスタート
§ 料理研究家とコラボして新メニューを開発します§
子どもたちの食育の推進において、学校給食に興味をもってもらうことが重要です。 そこで、子どもたちの意見を取り入れながら、地元の食材を使用した新しい人気メニューを開発することで、給食に対しての興味関心を高めるとともに、地産地消の推進にも取り組みます。また、新メニューの開発にあたっては燕市出身の料理研究家に協力してもらい、ワンランク上のおいしい給食メニューの開発を目指します。
市長定例201805
(本件についてのお問い合わせ先 教育委員会 学校教育課:池田、奥山 電話:0256-77-8212(直通))
リンク:学校給食(学校教育課)

No.3 「ネクストリーダーズ育成プロジェクト」平成30年度 セミナー受講生を募集
§ 企業経営のノウハウと経営者としての志を学びます§
燕市では、地場産業を牽引する後継者の育成を図る取り組みとして、全国で後継者問題に関する私塾を展開している「一橋大学名誉教授 関(せき) 満博(みつひろ) 氏」の指導の下、平成28年度から経営者に必要な基礎的な知識の習得を目指す事業を展開しています。
関満博氏
今年度からは、募集期間内に応募した人を受講生として固定し、全5回のプログラム(有料)を実施します。
(本件についてのお問い合わせ先 産業振興部 商工振興課:高橋 電話:0256-77-8232(直通))
リンク:ネクストリーダーズ育成プロジェクト

No.4 IoT活用事例セミナーを開催
§ 効率的な受発注予測で人手不足を解消している事例を紹介します§
IoT【Internet of Things(モノのインターネット)】について理解を深め、"ものづくり"へのIoT導入を目的に、活用事例セミナーを開催します。「新潟県AI・IoT活用ビジネス創出実証業務」(新潟県補助事業)で企業におけるIoTツールの導入実証をしている株式会社ウイングから講師を迎え、県内中小企業におけるIoTの最新活用事例をご紹介します。
株式会社ウイング
(本件についてのお問い合わせ先 教育委員会 産業振興部 商工振興課:竹田 電話:0256-77-8289(直通))
リンク:株式会社ウイング(外部ページ)

No.5 今年はTSUBAME HACK ! でスキルアップ
§ 第1回は「伝わる」スキルを学びます§
TSUBAME HACK ! とは、学生・エンジニア・クリエイター等が集い、アイデアを共創するイベントです。今年度は、アイデアの創出だけではなく、それを具体化するためのスキルアップを目指します。 今回のTSUBAME HACK!では、「伝わる」スキルをテーマに、自社製品やサービス、個人的に好きなモノやコトなどを相手に的確に伝えるための技術を学びます。
TSUBAME HACK!
(本件についてのお問い合わせ先 産業振興部 商工振興課:山﨑、竹田 電話:0256-77-8289(直通))
リンク:TSUBAME HACK!(Facebookイベントページ)

No.6 ツバメルシェwithゆるゆるクリエイターズを開催
§ クリエイター達が自慢のハンドメイド品を販売します§
毎回、多くの人に、個人やお店の商品・サービス等の魅力を伝えているツバメルシェですが、今回はハンドメイド品の販売を中心として開催します。クリエイターを専業にしている方の作品だけではなく、日ごろからクリエイター活動をしている会社員・主婦等の自慢の作品もお店に並びます。当日は、作品販売のほか、参加型のワークショップを開催する店舗や一部飲食店の出店もあり、どなたでも楽しめるイベントとなっています。
(本件についてのお問い合わせ先 産業振興部 商工振興課:山田 電話:0256-77-8231(直通))
リンク:ツバメルシェ(商工振興課)
リンク:ツバメルシェ(Facebook)(外部ページ)

No.7 シェイクアウト訓練の参加者を募集
§1分間の訓練で地震の際の安全行動を身につけます§
地震の揺れから身を守る安全行動のひとつ「(1)まず低く」「(2)頭を守り」「(3)動かない」を全市一斉に行う「シェイクアウト訓練」を実施します。簡単な安全行動を1分間実践するだけですので、「誰でも」「どこでも」できる防災訓練です。 7/1の全市一斉実施のほかに、強化週間(6/18~6/30)を設けますので、訓練に参加希望の個人・団体は事前登録をお願いします。
シェイクアウトロゴ
(本件についてのお問い合わせ先 総務部 防災課:高山、米山 電話:0256-77-8381(直通))
リンク:シェイクアウト訓練(防災課)

No.8 今年の“ひまわり作戦”は横田地区で実施
§ 休耕田が1万本のひまわり畑に変わります§
耕作放棄地解消対策として、地域の自治会等の協力を得て休耕田にひまわりを植え、農地の復元と地域活性化を図る“ひまわり作戦”は今年で5年目を迎えます。 今年は、分水の横田地区で“ひまわり作戦”を6月3日(日)に実施し、地域で活動する団体の皆さんが種まきを行います。
ひまわり作戦
(本件についてのお問い合わせ先 農業委員会事務局:志田、広瀬 電話:0256-77-8251(直通))
リンク:

No.9 つばコンin恋花火大会2018を開催
§ボランティアによる浴衣の無料着付けも実施します§
結婚を希望する男女の出会いイベントの開催や情報提供を行う「つばコンde ハッピー∞プロジェクト」を今年度も実施します。 今年の出会いイベント第1弾は、昨年も9組のカップルが誕生した「つばコンin恋花火大会」です。燕市役所4階の特別観覧席でビアガーデンの雰囲気と花火大会を楽しめます。当日は、気軽に浴衣で参加できるように、ボランティアによる浴衣の無料着付けを実施し、より夏祭りらしい雰囲気を演出します。
つばコン花火大会
(本件についてのお問い合わせ先 企画財政部 地域振興課:楡井、小杉 電話:0256-77-8364(直通))
リンク:つばコンin花火大会2018(地域振興課)

市長定例201805

■行事予定表
行事予定表(平成30年6月)はこちら(PDF/320KB)

●記者会見資料(全て)はこちらをクリックしてください→配布資料はこちら(PDF/4.59MB)
 

このページの最初へ戻る

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画財政部企画財政課

電話番号:0256-77-8352

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る