本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

平成31年4月26日 市長定例記者会見

市長定例20190426

No.1 県内初!広報つばめ等を 10 言語で配信

外国出身者にも住みよいまちづくりの実現を目指します
 燕市には約 470 人の外国出身者が暮らしており、毎年増加傾向にあります。外国出身者の方々が、市からの重要なお知らせを受け取ることができ、さらに地域活動に参画しやすい環境を整えるため、多言語化に対応した電子書籍版の「広報つばめ」等を配信します。また、外国人観光客の誘致を図るため、観光パンフレットも多言語化して配信します。
広報つばめを10言語で配信(イメージ)

本件についてのお問い合わせ先 企画財政部 地域振興課:渡邉 電話:0256-77-8363(直通)

リンク:広報つばめ(地域振興課)

No.2 新事業「つばくろロボキッズ教室」がスタート

小学生のプログラミング的思考力を伸ばします
燕市では、来年度のプログラミング教育の必修化に先がけて、すべての小学校 3~6年生に、パソコンを活用したプログラミング教育を実施します。 つばくろロボキッズ教室は、より学習を深めたい 5・6 年生から希望者を募り、実際にロボットを動かすことで、プログラミング的思考力をさらに伸ばすことを目的としています。また、本教室による学習の成果を発揮したい児童には、より発展的な講座を実施し、WRO 大会新潟県予選会への出場を目指します。
つばくろロボキッズロボキッズ
本件についてのお問い合わせ先 教育委員会 学校教育課:大森、小林 電話:0256-77-8191(直通)

リンク:

No.3 第3回農業先進技術セミナーを開催

下町ロケットでおなじみの自動運転トラクターの実演も行います
農業従事者の高齢化の流れなどから、これからの農業経営には、更なる省力化・効率化が求められており、先進技術が導入された農業機械等への期待が高まっています。 燕市では、先進技術がどのように課題解決に繋がるのか、具体的な導入事例や今後の可能性などを含めた情報提供セミナーを昨年度から実施しています。 第3回は、“スマート農業”がもたらす可能性をテーマにセミナーを開催し、併せて下町ロケットで注目された自動運転トラクターの実演も行います。
農業背陰唇技術セミナー
本件についてのお問い合わせ先 産業振興部 農政課:柄澤、大関 電話:0256-77-8242(直通)

リンク:農政課・お知らせ(農政課)
リンク:第3回 農業先進技術セミナーを開催します!

No.4 モンゴル国パラアーチェリー選手が事前合宿

昨年に続き高校生との合同練習も行います
モンゴル国パラアーチェリー選手5名とコーチ 1 名、協会事務局2名の計 8 名(予定)が、今年 6 月にオランダで開催される世界選手権への参加に向けて、燕市で合宿を行います。燕市では、モンゴル国パラアーチェリー競技の 2020 東京パラリンピック事前キャンプ地として覚書を締結しており、平成 28・30 年度に続いての来燕です。合宿期間中は、吉田高校や県内高校アーチェリー部との合同練習を行う予定です。
モンゴルパラアーチェリー選手事前合宿(昨年のようす)
本件についてのお問い合わせ先 教育委員会 社会教育課:廣田、伊藤 電話:0256-77-8368(直通)

リンク:モンゴル国パラアーチェリー選手団との交流(社会教育課)

No.5 2019 年スワローズ交流イベントがスタート

東京ヤクルトスワローズ「つばみ」との田植え体験を燕市役所で開催します
プロ野球・東京ヤクルトスワローズと燕市との交流イベント「スワローズ・ライスフ ァーム」(田植え)を開催します。当日は、東京ヤクルトスワローズのマスコットキャラクターの「つばみ」も来燕して、田植え作業にエールをおくります。また、今後のスワローズ交流イベントは、8月に 5 回目となる燕市 PR イベント「燕市 Day」の開催、9月にライスファームの稲刈りを予定しています。
スワローズライスファーム東京ヤクルトスワローズとの交流連携事業
(前回開催時のようす)
本件についてのお問い合わせ先 企画財政部 地域振興課:楡井、五十嵐 電話:0256-77-8364(直通)

リンク:東京ヤクルトスワローズとの交流・連携事業(地域振興課)

No.6 ツバメルシェ withゆるゆるクリエイターズを開催

クリエイター達が自慢のハンドメイド品を販売します
燕市では、個人やお店の商品・サービス等の魅力を伝えるため、定期的にツバメルシ ェを開催しており、今回はハンドメイド品を中心に販売します。クリエイターを専業にしている方の作品だけではなく、会社員・主婦等がクリエイターとして制作した自慢の作品もお店に並びます。作品販売のほか、参加型のワークショップを開催する店舗や飲食店の出店もあり、1 日を通してどなたでも楽しめるイベントです。
ツバメルシェ
本件についてのお問い合わせ先 産業振興部 商工振興課:山田 電話:0256-77-8231(直通)

リンク:ツバメルシェ(商工振興課)

No.7 2019 年度「Jack & Betty プロジェクト」が始動

今年度はウィンターキャンプを新たに実施します
燕市の未来を担い、次の時代をリードする人材育成を目指した外国語教育を行うため、平成 25 年度に始まった「Jack&Betty プロジェクト」。その一環である、小中学生を対象とした英語学習教室「Jack&Betty 教室」が今年もスタートします。 今年度は、夏休み期間中のサマーキャンプに加えて、冬休み期間中にウィンターキャンプを新たに実施することで、集中的に楽しく英語を学べる機会を増やしました。
ジャック&ベティ
本件についてのお問い合わせ先 教育委員会 学校教育課:廣川 電話:0256-77-8191(直通)

リンク:Jack&Betty教室(学校教育課)

No.8小椋佳「歌紡ぎの会」を開催催

多くのヒット作品を世に送り出した小椋佳さんのコンサートです
多くの方々からより芸術文化に親しんでいただくことを目的に、日本を代表するシンガーソングライターである小椋佳さんのコンサートを開催します。年代を問わず誰もが一度は口ずさんだ事のある「シクラメンのかほり」「俺たちの旅」「夢芝居」「愛しき日々」「愛燦燦」など、多くヒット作品を世に送り出した小椋佳さんの歌声とお話をお楽しみいただけます。
小椋佳さん
本件についてのお問い合わせ先 教育委員会 社会教育課:宇佐美 電話:0256-63-7002(直通)

リンク:燕市文化会館(社会教育課)

No.9 団体向け産業観光視察が引き続き好調

前年度比で 57.8%増の 2,957 人を受け入れました
燕市では、「ものづくり」や「町工場」の魅力をより多くの人に知ってもらい、交流・応援(燕)人口の拡大を図るため、工場等で製品の製造工程等の見学やものづくり等の体験ができる産業観光を推進しています。 その一環として、「産業観光ナビゲーター」を平成 27 年 4 月から配置・育成し、主に団体向け産業観光のご案内をしています。利用者は年々増え、平成 30 年度の受入人数は、前年度に比べて 57.8%増加しました。今後は、リニューアルオープンした産業史料館と連携し、産業の魅力を PR しながら、受入数のさらなる増加を目指します。
産業観光視察の好調
本件についてのお問い合わせ先 産業振興部 商工振興課:松沢 電 話:0256-77-8233(直通)

リンク:燕市観光協会(外部ページ)

No.102019 燕市夏まつりポスターが完成

夏まつりを盛り上げるお祝い花火を募集します
今年も県内外からの応募があり、厳正な審査の結果、夏まつりの躍動感をデザインした小黒 恵理子さん(三条市)の作品が選ばれました。完成した夏まつりポスターは5月 1 日号の広報つばめと一緒に自治会へ配布され、公共施設等で掲示されます。また、当日の燕大花火大会を盛り上げる「お祝い花火(メッセージ花火)」を募集します。
燕市夏まつりポスター
本件についてのお問い合わせ先 産業振興部 商工振興課:松沢 電話:0256-77-8233(直通)

リンク:燕市夏まつり・燕大花火大会(商工振興課)

 記者会見20190426

■事業予定表
事業予定表(令和元年5月)はこちら(PDF/217KB)

●記者会見資料(全て)はこちらをクリックしてください→配布資料はこちら(PDF/6.45MB)
■記者会見事務局
燕市役所3階 企画財政部 企画財政課
0256-77-8352 窓口番号 10・11

このページの最初へ戻る

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画財政部企画財政課

電話番号:0256-77-8352

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る