本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

令和元年5月31日 市長定例記者会見

市長定例記者会見20190531実施分

No.1 「つばくろいきいきスポーツクラブ」を設立

中学生の「もっとがんばりたい!」というニーズに応えます
 市教育委員会は、小中学校の部活動やスポーツ少年団の適切な運用に向けて、国のガイドラインや県の方針を基にした「燕市小中学校いきいき課外活動の在り方に係る方針」を策定し、課外活動の適切な休養日と活動時間を設定しました。 各中学校では、4月からこの方針に沿って活動をしていますが、「学校の部活動以外に、もっとがんばりたい!」「部活動以外の運動もしてみたい!」という中学生のために、学校の部活動を補完する「つばくろいきいきスポーツクラブ」を設立します。 学校の部活動を補完するクラブを市町村で設立するのは、現在、県内では燕市のみです。

本件についてのお問い合わせ先 教育委員会学校教育課:五十嵐、廣川 電話:0256-77-8191(直通)

リンク:燕市つばくろいきいきスポーツクラブ(学校教育課)
リンク:小中学校いきいき課外活動(学校教育課)

No.2 燕市 IoT 推進ラボを始動

IoT など最新技術の導入に興味がある企業などを募集します
燕市では工業・農業での“ものづくり”に携わる方の生産性の向上や技術の高度化を図るため、産学官金によるネットワーク型組織の「燕市 IoT 推進ラボ」を始動します。ラボのプレイヤーとして、IoT を始めとする最新技術の導入に興味のある企業やすでに最新技術を活用している企業を募集します。サポーターとアドバイザーが一体となって情報共有、実証実験、活用支援などを行います。
市長定例記者会見20190531
市長定例20190531
本件についてのお問い合わせ先 産業振興部 商工振興課:山﨑、竹田 電話:0256-77-8289(直通)

リンク:燕市IoT推進ラボ(商工振興課)
リンク:地方版IoT推進ラボ・ポータルサイト(外部ページ)

No.3 ふるさと燕応援寄附金 過去最高を更新

5 年連続で寄附金額が県内 1 位になる見込みです
これまで全国の皆さんからたくさんの応援をいただき、平成 26 年度から平成 29 年度まで 4 年連続で寄附金額が県内1位となりました。 平成 30 年度は寄附金額・寄附者数ともに前年度から約 1.7 倍増となり、寄附金額は引き続き県内で1位になると見込まれます。今後も燕市の魅力を発信し、更なる応援(燕)人口の増加に努めます。
市長定例記者会見20190531
本件についてのお問い合わせ先 総務部 総務課:遠藤、伊藤 電話:0256-77-8312(直通)
 
リンク:ふるさと燕応援寄附金(ふるさと納税)(総務課)
リンク:ふるさと納税ポータルサイト(総務課)

No.4 山崎金属工業株式会社 100 周年記念展を開催

リニューアル後の企画展第一弾は燕の産業をリードしてきた企業の歴史を紹介
リニューアルした産業史料館の今年度の企画展のスケジュールが決まりました。年間で5回の企画展を開催します。企画展第一弾は、燕の金属洋食器製造の黎明期よりカトラリーを作り続ける「山崎金属工業株式会社 100 年記念展」を開催します。創業時の貴重な資料を中心に、世界各国で愛用された品々や、ノーベル賞晩餐会用金属洋食器等、珠玉のカトラリーを多数展示して、様々な視点から山崎金属工業株式会社の歴史を紹介します。
市長定例記者会見20190531
本件についてのお問い合わせ先 燕市産業史料館:柳原 電話:0256-63-7666(直通)

リンク:燕市産業史料館(外部ページ)

No.5 「若 mono デザインコンペティション燕 vol.4」 デザイン募集開始

協力企業 6 社が掲げるテーマごとに新たな製品デザインを募集
「若 mono デザインコンペティション燕 vol.4」の開催に向け、3 月 26 日から 4 月19 日までの期間、デザイナーとの共同開発に意欲のある市内のものづくり企業を募集しました。6 社の市内企業から応募がありましたので、各企業が掲げるテーマに沿った新たな製品デザインの募集を開始します。
市長定例記者会見20190531
本件についてのお問い合わせ先 産業振興部 商工振興課:山﨑、外山 電話:0256-77-8289(直通)

リンク:若monoデザインコンペティション燕vol4募集(商工振興課)
リンク:デザインコンクール(商工振興課)

No.6 広報つばめ「子ども記者」8期生を募集中

子どもたちが輝いている人たちを取材します
広報紙に親しみを持ってもらうため、「子どもたちが作る、子どもたちのための子ども広報」として「広報つばめ子ども版(愛称:もっと!ギュッと!つばめっ子ニュース)」を発行しています。今回で8年目となり、現在 8 期生の子ども記者を募集しています。 今年は、全体テーマ「輝いている人たち」を設定。人にスポットを当てて、市内での取組を取材します。
市長定例記者会見20190531
本件についてのお問い合わせ先 企画財政部 地域振興課:小澤 電話:0256-77-8363(直通)

リンク:広報つばめ子ども版(地域振興課)

No.7 英語スピーチコンテスト 2019 を開催

英語力を磨いてきた児童生徒が学習の成果を披露します
燕市の未来を担い次の時代をリードする人材や、世界に通用する人材の育成を目指し、英語スピーチコンテストを開催します。英語で自分の考えを発表する場を設けることで、小・中学生の英語発表力、コミュニケーション能力の向上を図ります。 なお、本選における成績優秀者で、親善大使を希望する児童生徒を、「Jack&Bettyプロジェクト」海外派遣事業親善大使の候補者とします。
市長定例記者会見20190531
本件についてのお問い合わせ先 教育委員会 学校教育課:廣川 電話:0256-77-8191(直通)

リンク: Jack&Betty教室)

No.8 令和元年度 長善館学習塾の活動がスタート

様々な体験が子どもたちの生きる力を育みます
小学生の力強く生きる力の育成を目的とした「長善館学習塾」の今年度の活動がスタ ートします。今年度も子どもたちの主体性を引き出しながら活動を進めていきます。 6月8日 土曜 に第1回目として開講式を行います。
市長定例記者会見20190531
本件についてのお問い合わせ先 教育委員会 学校教育課:中山 電話:0256-77-8191(直通)

リンク:長善館学習塾(社会教育課)
リンク:長善館史料館(社会教育課)
リンク:キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)(Panasonic|外部ページ)

No.9 「シェイクアウト訓練」を全市一斉に実施

地震発生時の安全行動を 1 分間行う防災訓練への参加者を募集中です
大地震の揺れから身を守るためには、「(1)まず低く」「(2)頭を守り」「(3)動かない」を実施することが重要です。「誰でも」「どこでも」「気軽に」できる「シェイクアウト訓練」を全市一斉に 1 分間行います。 全市一斉実施日のほかに、強化週間を設けます。訓練を行う個人・団体は、事前登録をお願いします。
市長定例記者会見20190531
市長定例記者会見20190531
本件についてのお問い合わせ先 総務部 防災課:河合、米山 電話:0256-77-8381(直通)

リンク:つばめシェイクアウト訓練の参加者を募集(防災課)
リンク:シェイクアウトポータル(日本シェイクアウト提唱会議|外部ページ)

No.10 つばコン in 恋花火大会 2019 を開催

浴衣での参加も歓迎!大輪の花がイベントを盛り上げます
結婚を希望する男女の出会いイベントの開催や情報提供を行う「つばコン de ハッピ ー∞プロジェクト」を今年度も実施します。 今年の出会いイベント第 1 弾は、昨年も 12 組のカップルが誕生した「つばコン in恋花火大会」です。燕市役所 4 階の特別観覧席で BISTRO NAOMI(ビストロ ナオミ)特製オードブルと花火大会を楽しめます。当日は、気軽に浴衣で参加できるように、ボランティアによる浴衣の無料着付けを実施し、より夏祭りらしい雰囲気を演出します。
市長定例記者会見20190531
本件についてのお問い合わせ先 企画財政部 地域振興課:小杉 電話:0256-77-8364(直通)

リンク:つばコンin恋花火2019(地域振興課)
リンク:つばコン(婚活事業)(地域振興課)

■事業予定表
事業予定表(令和元年6月)はこちら(PDF/212KB)

●記者会見資料(全て)はこちらをクリックしてください→配布資料はこちら(PDF/6.53MB)
■記者会見事務局
燕市役所3階 企画財政部 企画財政課
0256-77-8352 窓口番号 10・11

このページの最初へ戻る

Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

企画財政部企画財政課

電話番号:0256-77-8352

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る