本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

広報つばめ 平成27年3月1日号 健康・福祉に関するもの

予防接種を受けましたか?

 次の予防接種については、個別接種を実施しています。接種期限を過ぎると任意接種(自費)になりますので、接種を希望する人は、かかりつけの医療機関に早めにご相談ください。
■対象 
●ヒブ、小児肺炎球菌予防接種…5歳未満まで
●BCG予防接種…1歳未満まで
●三種混合、四種混合、不活化ポリオ予防接種…7歳6カ月未満まで
※三種混合ワクチンの製造が終了しましたので、未接種の人は早急に受けてください。
●麻しん風しん予防接種…第1期(1歳から2歳未満まで)、第2期(平成20年4月2日~平成21年4月1日生まれ)
※第2期は、3月31日 火曜日 までに受けてください。●水痘…1歳から3歳未満まで
※3歳から5歳未満の水痘ワクチン未接種者に実施する経過措置は、3月31日 火曜日 で終了となります。
●二種混合予防接種…平成14年4月2日~平成15年4月1日生まれ(13歳未満まで)
●日本脳炎予防接種…第1期(7歳6カ月未満まで)、第2期(9歳から13歳未満まで)
※旧ワクチンの安全性の問題で平成17年度から接種を差し控えていましたが、平成22年度から段階的に接種が再開されています。
※平成7年6月1日から平成19年4月1日生まれ(特例対象者)の人は、20歳未満まで公費(無料)で受けることができます。第2期については、高校3年生相当の人に接種勧奨が再開されています。平成26年度の対象は、平成8年4月2日から平成9年4月1日生まれです。接種勧奨対象以外の人で、2期の接種を希望する人は医療機関に相談してください。
●高齢者用肺炎球菌予防接種
 次に該当する人で、過去に23価肺炎球菌ワクチンの接種を受けたことがなく、自らの意思で接種を希望する人に行います。公費で受けられるのは1回限りで、自己負担額4640円(ワクチン代実費分)を医療機関の窓口でお支払いください。ワクチン代以外の接種費用は助成されます。接種期限は3月31日 火曜日 までです。この期限を過ぎると接種費用の助成はありませんのでご注意ください。
・対象生年月日…65歳となる人(昭和24年4月2日~昭和25年4月1日)/70歳となる人(昭和19年4月2日~昭和20年4月1日)/75歳となる人(昭和14年4月2日~昭和15年4月1日)/80歳となる人(昭和9年4月2日~昭和10年4月1日)/85歳となる人(昭和4年4月2日~昭和5年4月1日/90歳となる人(大正13年4月2日~大正14年4月1日)/95歳となる人(大正8年4月2日~大正9年4月1日)/100歳となる人(大正3年4月2日~大正4年4月1日)/101歳以上の人(大正3年4月1日以前生まれ)
■共通事項 
●注意事項 転入などでまだ予防接種を受けていない人、予診票を紛失された人は健康づくり課までご連絡ください。医療機関にも予備があります。
●問い合わせ 健康づくり課健康推進係 電話0256・77・8182(直通)

元気まつり2015 「来てよ~来て来て!燕で元気を磨いています」

 「元気磨きたい」がお届けする元気の祭典!ゲームや工作、運動など、お子さんや男性にお勧めのコーナーも盛りだくさん。楽しい体験をとおして、あなたの元気の秘訣(ひけつ)が見つかります。 
●とき 3月14日 土曜日  
    午後1時30分~3時30分
●ところ 吉田産業会館
●申し込み 不要   ●入場 無料
●その他 午後1時から、つばめ元気かがやきポイント事業「表彰認定式」を開催します。
●問い合わせ 吉田保健センター  電話0256・93・5461

障がいのある人を対象とした各種手当制度があります

障がいのある人で、障がいの等級や程度などにより下記のとおり各種手当が支給されます。いずれの制度も申請が必要です。詳しい内容についてはお問い合わせください。
●問い合わせ 社会福祉課障がい福祉係 電話0256・77・8172(直通)

制度 対象者 給付内容 備考
在宅重度心身障がい児者等介護手当 次のいずれかに該当する人と同居し、常時介護をしている人
(1)65歳未満の在宅障がい児者で、身体障害者手帳の1級または2級・療育手帳A・精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けており、常時介護が必要な人
(2)65歳未満の特定疾患者で常時介護が必要な人
通所・通学の場合
月額10,000円
  
常時在宅の場合
月額20,000円
(1)(2)とも介護保険の給付対象は支給されません。また、入院などにより介護した日が月20日に満たない月は支給されません。
特別障がい者手当 20歳以上で次のいずれかに該当する著しい重度の障がいがあり、日常生活において常時特別な介護を必要とする人
(1)身体障害者手帳1級または2級と同程度以上の障がいが重複している人
(2)身体障害者手帳1級または2級と同程度以上の障がいと重度の精神障がい(知的障がい)が重複している人
(3)重度の身体障がいや精神障がい(知的障がい)があり、長期にわたり絶対安静または日常生活能力の評価が極めて重度な人
月額26,620円 所得が基準額以上の人や施設などに入所したり、病院に3カ月以上入院している場合は支給されません。
障がい児
福祉手当
20歳未満で次のいずれかに該当する著しい重度の障がいがあり、日常生活において常時介護を必要とする児童
(1)身体障害者手帳1級または2級と同程度の障がいがある人
(2)重度の精神障がい(知的障がい)がある人
月額14,480円 所得が基準額以上の場合や施設などに入所したり、障がいを事由とする公的年金を受給できるようになった場合は支給されません。
特別児童
扶養手当
20歳未満の重度または中度の心身障がい児を監護している父母または父母に代わって養育している人 1級
月額51,100円
2級
月額34,030円
所得が基準額以上の場合や対象児童が児童福祉施設などに入所したり、障がいを事由とする公的年金を受給できるようになった場合は支給されません。
在宅重度重複障がい者
介護見舞金
施設に入所することが困難で次のすべてに該当する重度重複障がい者を常時介護している保護者
(1)療育手帳Aの交付を受けている人
(2)身体障害者手帳の交付を受けている人で次の障がい区分ごとの障がいが重複している人
・視覚障がい1級または2級
・聴覚障がい2級
・肢体不自由1級または2級
・内部障がい1級
月額20,000円 所得が基準額以上の場合や、施設に入所した場合は支給されません。

献血にご協力ください

 献血バスによる全血献血(400㎖・200㎖)を実施します。
●とき 3月9日 月曜日  午前10時~正午、午後1時~3時30分
●ところ 燕市役所
●問い合わせ 健康づくり課健康推進係 電話0256・77・8182(直通)

障がい者タクシー利用券などのお知らせ

 燕市社会福祉協議会では、障がい者タクシー利用券および自動車燃料費助成券の申請を受け付けます。
※申請はタクシー利用券か自動車燃料費助成券のどちらか1つとなります。
●対象 市内在住で身体障害者手帳1~3級、療育手帳Aを所持している人
●助成内容 1・2級…610円券を24枚/3級、療育手帳A…610円券を12枚
●申請期間 3月25日 水曜日 ~4月30日 木曜日 /5月7日 木曜日 ~29日 金曜日
※いずれも午前8時30分~午後5時15分(土・日曜日、祝日は除く)
※平成26年度に申請した人には、3月中旬ごろに申請書を郵送します。申請書が届かなかった人は、申請窓口にお申し出ください。
●申請窓口 燕市社会福祉協議会(大曲)/吉田支所(吉田大保町)/分水支所(新堀)
※なお、吉田支所は5月7日より旧燕市役所吉田庁舎(吉田日之出町)へ移転予定。
●申請に必要なもの
(1)申請書(郵送または窓口にて配布)/(2)障害者手帳または療育手帳/(3)印鑑/(4)登録する自動車の車検証(自動車燃料費助成券希望者のみ)
●問い合わせ 燕市社会福祉協議会 電話0256・62・4361

このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る