本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

web版カメラびゅう平成29年7月分

 Web版カメラびゅうは、広報つばめでは紙面の都合上お伝え出来ないことや市内で行われているイベントの模様などをお伝えします。
(最終更新日:平成29年8月3日)

ダンディ村 海外派遣出発式

平成29年7月29日(土曜日)吉田産業会館 天候:晴れ
 
国際交流を目的に、燕市の姉妹都市・アメリカ合衆国のダンディ村へ、市内の中学生4人が派遣されます。その出発式が行われました。
抱負を述べる海外派遣生
 旧吉田町のころから20年以上続いている友好関係。毎年交互に中学生を派遣し、今年は燕市がアメリカへ行く番です。
 4人の派遣生からは、海外派遣への意気込みや現地での交流内容が紹介されました。現地ではホームステイし、博物館やフォード社の見学、現地高校生への日本食提供などの交流をします。

海外派遣生の発表を聴くJack&Betty教室の受講生
Jack&Betty教室の受講生も出席し、真剣な表情で発表を聴きます。この中から未来の派遣生が誕生するかも?

市長に決意表明する代表生徒
代表生徒から、鈴木市長への決意表明。
「燕市の魅力をしっかりと伝えてきます!」

ガッツポーズをする派遣生と鈴木市長
計11日間の滞在。今頃、現地でどんなこと感じているでしょうか…
一回りも二回りも大きくなって、無事に帰国してくれることを願います。
 
姉妹都市・ダンディ村の紹介はこちらから
燕市の国際交流事業はこちらから
 

つばめエコキッズ探検隊

平成29年7月29日(土曜日)燕市役所 天候:曇り

 子どもたちが、さまざまな体験学習を通じて、エコを楽しく学ぶ「つばめエコキッズ探検隊プロジェクト『地球温暖化防止作戦』」が開催され、親子あわせて30名が参加しました(市内小学生16名が参加しました)。
つばめエコキッズ写真

まずは、隊員証としてピンバッジが授与されました。
つばめエコキッズ写真
つばめエコキッズ写真
市の職員がデザインしたものです。

講師の紹介。新潟県地球温暖化防止活動推進員の皆さんです。
つばめエコキッズ写真

地球温暖化についてのお話し。
講師は新潟県地球温暖化防止活動推進員の三井田由香さんです。既に地球温暖化について、勉強している子もいました。それでも、初めて知った話も多かったです。ここで得た知識を、ぜひ家族や友達に広めていただきたいです。
つばめエコキッズ写真
エコキッズ写真

ここからは体験学習。最初は、市役所探検。市役所もエコにつながる仕組みが満載です。
まずはエコボイド。1階から屋上階につながる吹抜空間に自然な風の流れをつくり、市役所全体を涼しくします。
修了証

続いて、屋上の太陽光発電。84枚のパネルが設置されています。開催日前日の発電量は62.7kwh。これは、一般的な家庭が消費するおおよそ3軒分の電力に相当します。
エコキッズ エコボイド写真
当日は、晴天とはいきませんでしたが、屋上からの眺望も楽しむことができました。
エコキッズ

庁舎内は1階で、太陽光発電の発電状況をチェックしました。
エコキッズ写真

続いて、3班に分かれて「マイはし作り」「環境クイズ大会」「発電体験」です。
エコキッズ

エコキッズ
エコキッズ

最後に、それぞれが「省エネ行動宣言」を書いて発表。「食べ残しをしない」「電気をこまめに消す」など、これから実践していくことを宣言してもらいました。
エコキッズ
エコキッズ
エコキッズ

今回、学んだことをぜひ実践するとともに、継続していただきたいと思います。そして、地球温暖化は、私たち全員の問題です。一人ひとりができることを行っていきましょう。

エコキッズ

関連リンク:つばめエコキッズ探検隊プロジェクト「地球温暖化防止作戦」(2017)|生活環境課
おすすめリンク:第7回クリーンアップ選手権(9月2日:燕市吉田小学校周辺)|生活環境課

燕市夏まつり・燕大花火大会


今年も「燕市夏まつり」・「燕大花火大会」が盛大に開催されました。
その様子をご紹介します。


第46回 飛燕夏まつり
7月15日(土曜日)・16日(日曜日)


【1日目】

交通安全・音楽パレード
交通安全・音楽パレード1

交通安全・音楽パレード2

交通安全・音楽パレード3


バーベキュー・大なべ
大なべ

バーベキュー

お客さん


燕舞ストリートダンスフェスティバル(燕東小学校体育館にて)
燕舞ストリートダンスフェスティバル1

燕舞ストリートダンスフェスティバル2

燕舞ストリートダンスフェスティバル3


よさこいソーラン
よさこいソーラン1

よさこいソーラン2

よさこいソーラン3


花嫁みこし
花嫁みこし


つばめ屋台村
つばめ屋台村


燕1,000人みこし
燕1,000人みこし1

燕1,000人みこし2

燕1,000人みこし3

燕1,000人みこし4

燕1,000人みこし5

燕1,000人みこし6




【2日目】

フリーマーケット
フリーマーケット


つばめ屋台村
つばめ屋台村1

つばめ屋台村2


チビッ子遊びの広場
チビッ子遊びの広場1

チビッ子遊びの広場2


フラダンス・ベリーダンス・サルサダンス
フラダンス

ベリーダンス

サルサダンス


郷土芸能太鼓の響演
郷土芸能太鼓の響演1

郷土芸能太鼓の響演2


飛燕ウルトラクイズ
飛燕ウルトラクイズ1

飛燕ウルトラクイズ2


民謡タイム&燕甚句踊り流し大会
民謡タイム&燕甚句踊り流し大会1

民謡タイム&燕甚句踊り流し大会2


燕ばやし大会
燕ばやし大会1

燕ばやし大会2

燕ばやし大会3

燕ばやし大会4





第46回 分水まつり
7月15日(土曜日)・16日(日曜日)



【1日目】

たるみこしオープニングセレモニー
たるみこし

たるみこし


交通安全パレード・停止演奏
交通安全パレード・停止演奏1

交通安全パレード・停止演奏2

交通安全パレード・停止演奏3


うたと踊り市民芸能ステージ
うたと踊り市民芸能ステージ1

うたと踊り市民芸能ステージ2

うたと踊り市民芸能ステージ3

うたと踊り市民芸能ステージ4


分水みこし・子ども分水みこし
子ども分水みこし

子ども分水みこし2

分水みこし

分水みこし2


民謡流し・仮装盆踊り大会
民謡流し・仮装盆踊り大会1

民謡流し・仮装盆踊り大会2




【2日目】

雨のため、夕方からの行事は分水総合体育館での開催となりました。


諏訪神社例大祭斎行
諏訪神社例大祭斎行1

諏訪神社例大祭斎行2


諏訪神社みこし渡御
諏訪神社みこし渡御1

諏訪神社みこし渡御2


ヲミワケ太鼓
ヲミワケ太鼓1

ヲミワケ太鼓2


園児よさこいソーラン・分水児童館ダンス・よさこいソーラン・燕のよさこい踊り「舞燕」
園児よさこいソーラン

分水児童館ダンス

よさこいソーラン

よさこい2

よさこい3






太鼓の響演
太鼓の響演1

太鼓の響演2

太鼓の響演3

太鼓の響演4

太鼓の響演5

太鼓の響演6




第60回 吉田まつり
7月21日(金曜日)・22日(土曜日)



【1日目】

きららおひさまこども園 カラーガード・和太鼓披露
きららおひさまこども園 カラーガード

きららおひさまこども園 太鼓


吉田中学校カラーガード
吉田中学校カラーガード


ヒップホップダンス
ヒップホップダンス


吉田太鼓龍神会太鼓披露
吉田太鼓龍神会太鼓披露


吉田民謡流し
吉田民謡流し1

吉田民謡流し2

吉田民謡流し3

吉田民謡流し4

吉田民謡流し5

吉田民謡流し6


竿灯まつりと木場小路萬燈の響演
竿灯まつりと木場小路萬燈の響演1

竿灯まつりと木場小路萬燈の響演2

竿灯まつりと木場小路萬燈の響演3

竿灯まつりと木場小路萬燈の響演4

竿灯まつりと木場小路萬燈の響演5




【2日目】

吉田諏訪神社神輿渡御
吉田諏訪神社神輿渡御


子どもみこし
子どもみこし1

子どもみこし2

子どもみこし3


吉田駅前での踊り披露
吉田駅前での踊り披露1

吉田駅前での踊り披露2

吉田駅前での踊り披露3

吉田駅前での踊り披露4


山車巡行
山車巡行1

山車巡行2

山車巡行3

山車巡行4


吉田甚句踊りの広場
吉田甚句踊りの広場1

吉田甚句踊りの広場2


舞燕&よさこい吉田繁盛ぶし
舞燕&よさこい吉田繁盛ぶし1

舞燕&よさこい吉田繁盛ぶし2

舞燕&よさこい吉田繁盛ぶし3




燕大花火大会
7月25日(火曜日)


7月23日開催の予定でしたが、大雨により2日後の開催となりました。
花火1

花火2

花火3

花火4

花火6

花火7



今年の夏まつりも無事全ての日程を終えることができました。
皆さんよい夏の思い出ができたでしょうか。
また来年が楽しみですね!

 

音声訳ボランティア養成講座(初級)最終回|修了認定式

平成29年7月11日(火曜日)燕市民交流センター 天候:はれ

 目の不自由な人などのために、書かれている文字・図・表・写真などを音声に変えて伝える「音声訳」、そのボランティアを養成する、全10回の初級講座が、燕市民交流センターで行われました。
 その最終回は実践編として、実際に広報紙を読み上げ、パソコンで録音、専用編集ソフトで編集をするという本格的な体験となりました。

 講師の先生から、注意事項の説明や最終回まで参加していただきありがとうございましたの言葉で始まりました。
音声訳講座

広報紙の紙面の一部を読む練習をしてから、実際にパソコンで録音する作業は、簡単そうで意外とむずかしいようです。録音する声のボリュームが大きすぎると音が割れて聞こえてしまいますし、小さすぎると聞きづらくなります。
音声訳最終回

録音レベルメーターを見ながら、原稿も見ながら、マイクとの距離も確認しながらの録音作業は、なかなか簡単にはいきません。
音声訳最終回
ちゃんと録音されているか、ヘッドホンで確認する作業です。自分の声って、いつも自分に聞こえている声と違うので、ちょっと戸惑いますよね。

録音が済むと、間のとりかたは適当か、速さはどうか、雑音が入っていないかなどを専用ソフトで確認します。
音声訳最終回

それでも、コツをつかんでくると、「楽しいかも」との声が聞こえてきました。
音声訳最終回
疑問点は、現役のボランティアのみなさんが手取り足取り教えてくださいました。

そして、表彰認定式をおこない、全員で集合写真を撮りました。(集合写真は掲載しません)
音声訳最終回
修了証
今回、13名のみなさんが最終回までご参加くださいました。ありがとうございました。今後は、実際に音声訳ボランティアに登録して、ご活躍くださる方々もいらっしゃいました。


関連リンク:音声訳版広報つばめ 音声訳ボランティアのみなさんにより音訳された広報紙をウェブ上でご確認いただけます。

視覚障がい者福祉協会燕支部 × 燕語りの会

平成29年7月9日(日曜日)燕市老人福祉センター 天候:はれ

 今春の「たこ焼き」につづいて、今回は燕語りの会のお二方をお迎えしての会となりました。
視覚障がい者福祉協会燕支部語りの会
すきとおるような青空の、暑い一日となりました。会場は、今回も大曲の燕荘の和室です。

視覚障がい者福祉協会燕支部語りの会
今回は、燕語りの会から、鈴木さんと近嵐さんにご訪問いただきました。視覚障がい者のパソコン教室にご訪問いただいたこともあります。

鈴木先生は、「本のリサイクル市」で入手された本の中から、朗読をしていただきました。
視覚障がい者福祉協会燕支部語りの会
近嵐先生は、山形民謡の中のお話しでした。
視覚障がい者福祉協会燕支部語りの会

ポータブル Plextalk で録音することも忘れません。
視覚障がい者福祉協会燕支部

盲導犬のワンちゃんたちはおとなしくしています。
視覚障がい者福祉協会燕支部

盲導犬がお仕事中のときはこのサインを付けていますので、なでたり、さわったりしないようにしましょう。
視覚障がい者福祉協会燕支部
お仕事中でないときは、なでたりすると、なめ返してくれます。
視覚障がい者福祉協会燕支部

聴いているうちに、自然と笑顔になってきます。
視覚障がい者福祉協会燕支部
視覚障がい者福祉協会燕支部

お話の会のあとは、懇親会です。この日は暑かったので、お茶のほかには泡が人気でしたが、琥珀色も人気でした。
視覚障がい者福祉協会燕支部

親睦会の最中で、広報職員が音声訳の要望などを聞いてまわりました。
視覚障がい者福祉協会燕支部

次回のイベントは未定ですが、決まったらまたご報告したいと思います。

笹だんご ちまき作りに挑戦

平成29年7月6日(木曜日)燕市保健センター 天候:はれ

健康増進計画を「見える化」している市民団体「元気磨きたい」、食をテーマにしたプロジェクト「スマイル食LOVE(くらぶ)」の笹だんごとちまき作りに参加してきました。今回の参加者は26名でした。(男4名、女22名|参加費は実費の参加人数割り:今回ひとり500円)



まずは笹だんご作りです。
材料と作り方(60個分):
笹の葉180枚を1~2分茹で、水につけて、水気をふいておきます。
すげ60本
(1)もち草(乾燥)80~100gを重曹の入った湯で茹で、水洗いします。
(2)もち粉700g うるち米(上新粉)300g 砂糖4カップ をボールに入れてよく混ぜておきます。
(3)笹は煮沸消毒し、水洗いしてから、1枚ずつ水気をふき取っておきます。


もち草をミキサーにかけたものを、まぜた粉の中央に隙間を作ったところに置き、熱湯を少しずつ加えながら、かたさをみながらこねます。

(お湯が多すぎて、だんごの生地がやわらかくなりすぎたりした場合は、薄力粉か白玉粉を足して、調整しましょう)

よくこねてから、はかりで1個30~40gになるように分けます。


あんこ(今回つぶあん、市販品)を、1個30gになるように丸め、だんごの生地を平たくのばしてから包み、俵型にします。


俵型のだんごにサラダ油を少し塗り、笹の葉三枚、表面を内側にして包み、すげで縛ります。5個ずつに束ね、10個で1組にまとめておきます。


蒸し器で中火、15分~20分間蒸して、取り出して冷ませば完成です。


次は、ちまきです。
材料と作り方:(30個分)
もち米6カップは洗って、ざるにあげておきます。
笹1枚を折り曲げ(底に隙間ができないように)、もち米を入れ、もう1枚の笹をかぶせて包み、すげで縛ります。




5個ずつにしばり、水から煮ます。沸騰してから40分から50分茹でます。取り出してから、水で洗ってから冷まします。


はみ出したり、こんなのができることも、いとをかし。


そして、みんなで作ったものを、みんなで食べるも、いとをかし。

それぞれの席の上に盛られた、笹だんごとちまきが割り当て分で、笹だんご10個、ちまき5個


最後は、元気磨きたい10周年目を記念して、集合写真を撮りました。職員手作りの「元気磨きたい10周年記念」団扇を手に持ち、両手を開いて「十(じゅう)」のポーズを取っていただきました。


笹だんごや三角ちまきは新潟の郷土料理ですが、昔は各家庭で作られていましたよね。笹だんごには、あんこの代わりに、きんぴらを入れたりすることもあります。ヘルシーです。三角ちまきも、中華ちまきと違って、シンプルな美味しさを楽しめます。笹だんご手作りキットなども、きっと売られていますので、お店で探してみてください。

ただし、食べ過ぎには気を付けましょう。

元気磨きたい「スマイル食LOVE」は月に一回のペースで調理実習を行っています。事前申し込みが必要ですが、元気磨きたいのメンバーでなくても、どなたでも参加できますので、燕市保健センター(0256-93-5461)までお問合せください。

関連リンク:食育カテゴリ(作ってみませんかレシピ集)

田んぼアートが見ごろです

平成29年7月6日(木曜日)吉田ふれあい広場前の田んぼ 天候:はれ
5月13日(土)に田植えを行った「田んぼアート」を現地の見学台から撮影してきました。
(枠内をマウスでクリックするか、画面をタップするとスクロールが止まります。クリックしたままドラッグすると視点が移動します)

今年の図柄は雄大な大河津分水の川の流れの上を、二羽の燕が颯爽と飛んでいる様子です。
田んぼアート

近くで見ると、さまざまな色の稲が生育しているのがわかります。

すべてが同じ背丈ではなく、低いものや高いものがあるんですね。
田んぼアート

会場には、これまでの写真も掲示されていますので、比べてみるのも楽しいですよ。
田んぼアート

見学台は8月6日 日曜日までとなっています。
田んぼアート

関連リンク:田んぼアート(農政課)
関連リンク:田んぼアート10周年記念動画はこちら(燕市広報動画)

燕市総合防災訓練

平成29年7月2日(日曜日)市内全域 天候:くもりのち雨

「自分の身は自分で守る」、「地域のことは地域で守る」ということで、燕市総合防災訓練が実施されました。今回は、吉田神田町と柳山の訓練の様子をお伝えします。

まずは、吉田神田町。防災無線のサイレンを合図に訓練開始。
防災訓練写真

住民が、一時避難所の地域の公園に集まってきます。皆さん、しっかりと非常持ち出し品を持参しています。素晴らしい!
防災訓練写真2

公園では安否確認とともに、手製の名札が配られました。ガムテープを利用しています。これなら、かんたんに作れて、避難所などでも容易に氏名が確認できます。皆さんも参考に。


続いて、避難行動要支援者を救出に向かいます。災害時は地域でのたすけあいが重要です。
防災訓練写真

全員そろったら、市指定避難所の吉田公民館にまとまって移動。
防災訓練写真

避難所での、避難者名簿作成訓練。
防災訓練写真

市職員(避難所担当職員)から、日ごろの防災対策などについての講話。
防災訓練写真
防災訓練写真


続いて、場所は変わって、柳山の訓練の様子です。
柳山も避難所への避難訓練を一通り行い、その後、外部講師を招いて防災勉強会を開催しました。
講師は、長岡市の中越市民防災安全士会の岸会長です。岸会長は、中越地震の経験を生かし、熊本地震の支援で現地にも赴いた実績のある方です。
防災訓練写真

まずは、新聞紙スリッパづくり。避難所で裸足は苦痛です。そんなときでも、新聞紙があれば、簡単にスリッパがつくれます。
防災訓練写真
防災訓練写真

続いて、自主防災組織の重要性などの防災講話。災害対応を全て行政で行うことは不可能です。自分たちで出来ることは、自分たちで行い、地域で団結して乗り切りましょう。
防災訓練写真


さて、ところかわって、市役所では、「災害対応訓練」が行われました。自衛隊・警察・消防・日赤などの関係団体は、万一の事態に備え訓練に励みました。

負傷者救助訓練。
防災訓練写真

トリアージ訓練。
防災訓練写真

県防災ヘリ負傷者搬送訓練。
防災訓練写真

倒壊家屋からの負傷者救出訓練。
防災訓練写真

炊き出し訓練。
防災訓練写真

心肺蘇生訓練。
防災訓練写真

ちびっこ消防隊。
防災訓練写真

地震体験車。
防災訓練写真

放水訓練。
防災訓練写真

各地で自然災害が多発しています。月に1回程度、家族で防災について考えてみましょう。災害は忘れる間もなくやってきます。

おすすめリンク: 防災一覧ページ
このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る