本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

web版カメラびゅう平成29年8月分

 Web版カメラびゅうは、広報つばめでは紙面の都合上お伝え出来ないことや市内で行われているイベントの模様などをお伝えします。

「姉妹都市子ども交流事業海外派遣」及び「広島平和記念式典」報告会

平成29年8月27日(日曜日) 燕市役所 天候:晴れ

燕市の未来を担う子どもたちを大きく成長させた夏休みの2つの事業の報告会が実施されました。
会場には、派遣生の保護者の他、「燕市国際交流協会」、「燕市立小・中学校の発展を願う市民の会」、「燕市議会議員」の皆さんなど、多くの方々が集まりました。


第1部は、「姉妹都市子ども交流事業」でアメリカのダンディ村に派遣された中学生4人の報告。
7月31日から8月10日の間、ホームステイでアメリカの子どもたちと交流したり、お互いの文化を体験したりしてきました。
まずは、生徒を代表して、燕中等教育学校3年の長谷川 蒼さんが英語であいさつを行いました。流暢な英語に、会場では感嘆の声が!


それぞれが「目標」と「成果」を発表。
吉田中学校3年の加藤 優菜さん。


分水中学校2年の平原 桜子さん。


燕中等教育学校3年の長谷川 蒼さん。


燕中学校3年の阿部 楓果さん。


最後に全員で、これから海外派遣生を目指す子どもたちへのメッセージ。


休憩をはさんで、第2部は「広島平和記念式典派遣事業」の報告会。
8月5日~7日の間、広島市で行われた平和記念式典に参加し、平和について考え、そして現地で感じてきたことを「平和の大使」として発表してくれました。

燕中学校3年の丸山 涼香さん。


小池中学校3年の森田 小雪さん。


燕北中学校3年の佐藤 大斗さん。



吉田中学校3年の松本 向日葵さん。


分水中学校3年の金子 希海さん。


それぞれが考えた「平和とは」を発表しました。参加する前は分からなかったことも、現地で感じ取ることができたようです。




最後は5人で考えたスライドショー。友人や先生などが「平和への願い」を書いています。会場内は感動で包まれ、涙する人も。


海外・平和記念式典と舞台は違いますが、現地でしか「見て」「聞いて」「感じる」ことができないことを経験した子どもたちの成長を実感できた報告会でした。

 

 

200メートルいちび ❌ ツバメルシェ 合同開催

平成29年8月26日(土曜日) 11時から19時 天候:くもりのち晴れ

 今回で17回目を迎えた、燕地区の商店街イベント、「燕笑店街(しょうてんがい)200メートルいちび」が、ツバメルシェと合同開催されました。朝には雨が降っていたものの、オープニング挨拶が始まる頃にはすっかり晴れわたり、時折吹く風が涼しさを運んでいました。
 11時のオープニングの挨拶の後、飛燕太鼓で幕開けとなりました。
200mいちび
仲町では飛燕太鼓保存会による、太鼓の演奏が鳴り響きました。次代を引き継ぐ子どもたちの演奏もありました。
200mいちび
太鼓の演奏を楽しむ皆さん。
200mいちび
仲町から宮町では、いろんなものが、100円で買える「100燕(えん=円)笑店街(しょうてんがい)」のコーナーが大人気です。
200mいちび
この日限定のメニューのため、行列ができるほどのコーナーもありました。
200mいちび
Cafeさんぽ道でも、手作りの作品が売られていました。
200mいちび
穀町では、緊急車両や特殊車両の展示や記念撮影などが行われました。
200mいちび
200mいちび
キッズ向けの衣装は、簡単に着脱できるんですね。
200mいちび

普段は間近で見られない車両との記念写真は欠かせません。


パトカーのベース車両は、レガシーでしょうか。
200mいちび
秋葉町から仲町ではツバメルシェのコーナーですが、今回偶然にもBSNナジラテの撮影場面に遭遇しました。
200mいちび
200mいちび
200mいちび
三目並べのボードを使った、ストラックアウトゲームのようですが、挑戦者三名とも気合いが入っています。
地元ではすっかりおなじみとなった、ゆるキャラ「つばくろちゃん」が、今年はフットワークも軽くなって登場してくれました。
気軽に記念撮影に応じてくれます。
200mいちび
健康コーナーでは、体組成計の体スキャンにも挑戦。
200mいちび体スキャン中
また、元気磨きたい体験コーナーの、ハンドベル体験にも挑戦してくれました。
200mいちび
(上)くちばしで、器用にベルを鳴らしています。
(下)甘噛みして、元気磨きたい10周年チラシ入りポケットティッシュを見せているところです。
200mいちび
その、健康コーナーでは、面白体力測定や、元気磨きたいの体験、労災病院スタッフによる血圧測定や骨密度チェックなどが行われました。
200mいちび
200mいちび
200mいちび
ツバメルシェのコーナーでは、洋食器の展示販売から食べ物販売などがテントや販売車を並べていました。
200mいちび
200mいちび
200mいちび
200mいちび
児童館や子育て施設の出張コーナーもありました。こちらは、カルメ焼きですね。
200mいちび
200mいちび
200mいちび
第四銀行前のステージでは、燕芸祭(えんげいさい)が行われましたが、邦楽から洋楽を楽しむ人々の姿が見られました。
200mいちび

リンク:200メートルいちび(Facebook)
リンク:ツバメルシェ(Facebook)
 

広報つばめ子ども版(子ども広報)第4回編集会議

平成29年8月23日(水曜日) 天候:くもり

 8月初めに行った取材をもとに、今回の編集会議では、写真の選択とレイアウトや記事の原稿作りを行いました。
広報つばめ子ども版第4回編集会議
まずは、たくさん撮った写真の中から、記事に掲載する写真を絞り込みます。
広報つばめ子ども版第4回編集会議
紙面上のスペースには限りがあるので、どの写真が「伝わりやすい」かを考えながら選択していきます。
広報つばめ子ども版第4回編集会議

これまで発行した広報つばめ子ども版も参考にします。レイアウトをどうするか、どこに記事を配置するかなども考えます。
広報つばめ子ども版第4回編集会議
大まかなレイアウトが決まると、次は記事の部分の原稿作りです。
広報つばめ子ども版第4回編集会議
ペンがスラスラと動く子もいれば、なかなか進まない子もいますが、みんなで相談しあってなんとか全員が原稿を仕上げました。
広報つばめ子ども版第4回編集会議
広報つばめ子ども版第4回編集会議
 次回の第5回編集会議では、いよいよパソコンを使って実際に記事を打ち込み、写真を配置していく作業に入ります。広報広聴係が使用しているパソコンで、本物の広報つばめを作る作業と同じ作業に移ることになります。どんな記事に仕上がるのか、楽しみですね。

これまでの「広報つばめ子ども版」

ミズノトラッククラブが燕市で合宿

平成29年8月19日(土曜日)~8月24日(木曜日)

 今月、ロンドンで開催された世界陸上400メートルリレーで銅メダルを獲得した飯塚翔太選手をはじめ、世界トップクラスの選手が燕市で合宿を行いました。
 今回は、21日の市役所表敬訪問と22日の小中学生向けのビクトリークリニック(陸上教室)の様子を紹介します。

8月21日 市役所を表敬訪問
市役所玄関前にて
ミズノトラッククラブ2017写真
ミズノトラッククラブの中村監督です。
ミズノトラッククラブ2017写真
飯塚翔太選手。種目は100m、200m。
ミズノトラッククラブ2017写真
市川華菜選手。種目は100m、200m。
ミズノトラッククラブ2017写真
菅井洋平選手。種目は走り幅跳び。
ミズノトラッククラブ2017写真
野澤啓佑選手。種目は400mハードル。
ミズノトラッククラブ2017写真
松下佑樹選手。種目は400mハードル。
ミズノトラッククラブ2017写真
川面聡太選手。種目は100m、200m。
ミズノトラッククラブ2017写真
和田麻希選手。種目は100m、200m。
ミズノトラッククラブ2017写真
選手との懇談。飯塚選手の胸には、世界陸上の銅メダルが輝いています。
ミズノトラッククラブ2017写真
選手の皆さんからは、合宿地の環境の良さなど、お褒めの言葉をいただきました。また、皆さんには燕製カトラリー(スプーン・ナイフ・フォークなど)を自分専用のカトラリーとしてお持ちいただき、合宿などの食事の際に使用していただく「Myカトラリー」のモニターをお願いしています。
「世界選手権に持って行き、肉が固かったが、とてもよく切れた。」や「アイスクリームスプーンを使ってアイスを食べた。普段は100円のスプーンしか使っておらず、使い心地が全然違って美味しかった。」など好評です。
 
タペストリーに全員からサインしていただきました。
ミズノトラッククラブ2017写真ミズノトラッククラブ2017写真

8月22日 三条・燕総合グラウンドでミズノビクトリークリニックを開催
第一部には、60名の中学生が参加しました。
ミズノトラッククラブ2017写真
まずは、軽くランニング。笑顔がさわやかですね。
ミズノトラッククラブ2017写真
短距離の男女別、幅跳び、ハードルに分かれて指導を受けました。
こちらは、男子の短距離。
ミズノトラッククラブ2017写真ミズノトラッククラブ2017写真
女子の短距離。
ミズノトラッククラブ2017写真ミズノトラッククラブ2017写真
幅跳び。
ミズノトラッククラブ2017写真ミズノトラッククラブ2017写真
ハードル。
ミズノトラッククラブ2017写真ミズノトラッククラブ2017写真
短い時間ながらも、世界トップの選手からの指導ということで、一気にレベルが上がったようです。皆さん、目を輝かせて指導を受けていました。
学校ごとに記念撮影。こちらは、吉田中学校。合図は、「ビクトリー!」です。
ミズノトラッククラブ2017写真
参加の記念は選手全員の直筆サイン入り下敷き。前日の夜に書いていただいたそうです。
ミズノトラッククラブ2017写真

続いて、第二部は小学生100名が参加。しかし、受付中は大粒の雨が・・・
ミズノトラッククラブ2017写真
選手の皆さんとスタッフの機転で、急きょトークショーを開催!「世界陸上やオリンピックの会場の雰囲気のすごさ」や「子どものころは足が遅かった・・・」「目立つために個人競技を始めた」など貴重なお話をたくさん聞けました。
ミズノトラッククラブ2017写真ミズノトラッククラブ2017写真
選手・小学生・スタッフの願いが通じたのか、雨もすっかりあがり念願のクリニック開始です!
まずは、「だるまさんが転んだ」。鬼は飯塚選手。ぜいたくです。
ミズノトラッククラブ2017写真
続いて、3班に分かれての指導。
子どもたちのキラキラ笑顔が絶えません。
ミズノトラッククラブ2017写真ミズノトラッククラブ2017写真
ミズノトラッククラブ2017写真

雨で実施が危ぶまれましたが、それもまた思い出のひとつ。子どもたちにはよい経験となったようです。
ミズノトラッククラブ2017写真
この中から、将来のオリンピアンが出ることに期待!そして、選手の皆さんの活躍にも注目しましょう!

関連リンク:報道発表資料(ミズノトラッククラブが来燕)
おすすめリンク:ミズノトラッククラブ
 

みんなでつくる案山子(かかし)勢ぞろい 燕市第一地区まちづくり協議会

平成29年8月18日  燕市小池地区杉名農道沿いに展示 天候:くもり
小池杉名かかし2017_28稲がだいぶ成長してきました
今年で9回目を迎えた燕市・燕第一地区まちづくり協議会が主催の恒例展示「みんなでつくる案山子(かかし)勢ぞろい」の展示期間があと数日残すのみとなりました。今年は全部で27体が展示され、子どもたちに人気のキャラクターや、時代を反映する案山子が数多く登場しました。遠くから見ると、まるで実物と見紛うばかりの大作・力作ぞろいです。展示は8月20日までとなっていますので、お見逃しなく。

こちらでは、会場の雰囲気と案山子を写真にてご紹介いたします。
小池杉名かかし2017_01 小池杉名かかし2017_02
緑町と柳山自治会作品
小池杉名かかし2017_03 小池杉名かかし2017_04
柳山子ども会と大曲自治会作品
小池杉名かかし2017_05 小池杉名かかし2017_06
大曲子ども会とこどもの森作品
小池杉名かかし2017_07 小池杉名かかし2017_08
こどもの森と杉柳自治会作品
小池杉名かかし2017_09 小池杉名かかし2017_10
杉柳自治会と文教福祉部会作品
小池杉名かかし2017_11 小池杉名かかし2017_12
小池公民館と水道町子ども会作品
小池杉名かかし2017_13 小池杉名かかし2017_14
水道町子ども会と道金笑食楽分(にこにこくらぶ)20作品
小池杉名かかし2017_15 小池杉名かかし2017_16
水道町1・2丁目子ども会と杉名児童館作品
小池杉名かかし2017_17 小池杉名かかし2017_18
小池新町PTAと小池新町子ども会作品
小池杉名かかし2017_19 小池杉名かかし2017_20
杉名自治会作品
小池杉名かかし2017_21 小池杉名かかし2017_22
杉名と小池自治会作品
小池杉名かかし2017_23 小池杉名かかし2017_24
小池自治会作品
小池杉名かかし2017_25 小池杉名かかし2017_26
小池自治会と小池農家組合作品
小池杉名かかし2017_27展示会場の場所はこちら
八王寺補導会・町内部作品

きららん
燕市の観光キャラクター、きららんのかんざしは、箸でしょうか。

会場の雰囲気はこちらからご覧いらだけます。

おすすめリンク:まちづくり協議会
おすすめリンク:市長ブログ

燕市で初めて「児童虐待予防研修会」を開催

平成29年8月10日 吉田産業会館  天候:晴れ

「いっしょに考える児童虐待 ~教育現場・保育現場でどう対応したらよいか~」をテーマに、虐待予防研修会が開催されました。
近年は、全国的に児童虐待の通告件数が増加傾向にあり、燕市においても同じ傾向にあります。
目の前の児童(0歳~18歳)が安全安心な生活を過ごせるよう、児童に関わる関係者はどう対応すべきかを考えていく必要があります。

児童虐待予防研修会1

講師は、子どもの虹情報研修センターのセンター長 川﨑二三彦様です。

京都府の各児童相談所で心理判定員及び児童福祉司等として約30年相談業務に従事され、平成19年から子どもの虹情報研修センター研究部長、平成27年からセンター長となられました。
現在は、全国児童相談研究会代表委員、日本子ども虐待防止学会理事も務められています。

児童虐待予防研修会2

当日は、市内保育園・幼稚園・こども園・小中学校教諭や民生委員児童委員などの関係機関を中心に、230名を超える皆さまから参加していただきました。
日々の児童虐待の対応について認識を深める有意義な研修となりました。

児童虐待予防研修会3

児童虐待予防研修会4

児童虐待予防研修会5

児童虐待予防研修会6

 

ひまわり田んぼ散策

平成29年8月10日  天候:晴れ
 
前回の記事に引き続き、ひまわりの話題です。
 
今年の6月4日、下粟生津地区振興会の活動の一環で、下粟生津地内の休耕田約2,200m2にてひまわりの種まきが行われました。
このひまわりが見頃を迎えたということで、地域の福祉施設入居者の皆さんがひまわり田んぼを散策しました。

ひまわり1

ひまわり2

ひまわり3

ひまわり4


ひまわり6

ひまわり7
 
鮮やかな黄色に囲まれながら、皆さん思い思いにひまわり鑑賞を楽しみました。

大河津分水さくら公園内のひまわりが見頃を迎えています

平成29年8月6日(日曜日)大河津分水さくら公園   天候:晴れ

大河津分水さくら公園には個人や企業のみなさまからご寄付をいただいた桜の木がすくすく育ち、春には綺麗な桜が観賞できるようになりましたが、春だけでなく、夏にも花を観賞できるようにと、5月19日に笈ケ島保育園児をはじめ地域住民のみなさんがサンリッチレモンというひまわりの種まきをしました。約5000本のひまわりが、 綺麗に咲いている様子を撮影してきました。その一部を公園の様子とあわせてご紹介します。

サンリッチレモン
みんな、ほとんど同じ方向を向いています
サンリッチレモン
サンリッチレモンは、背丈が低いのが特徴です
サンリッチレモン
手前のがサンリッチレモン、奥の花が見えていないのが別の種類でしょうか。
サンリッチレモン
八分咲きくらいでしょうか。
サンリッチレモン
仲良く一緒に咲いています。コラボレーショですね。
サンリッチレモン

大河津分水さくら公園には遊具や休憩所もあります。
サンリッチレモン
サンリッチレモン
サンリッチレモン
そして、定番のブランコもあります。
サンリッチレモン
休憩所ももちろんあります。
大河津分水さくら公園
公園全体の雰囲気はこちらで感じ取ってください。(パノラマビュー)スクロールを止めるにはクリックしてください。ドラッグするとその方向をみることができます。

そして、ちょっと歩けば「可動堰」も目にすることができます。
大河津分水さくら公園
大河津分水さくら公園
2011年に通水した可動堰、旧型のように平らな水門を垂直に引っ張り上げる方式ではなく、油圧シリンダーで弧の形をしたゲートが取り付けられた軸を中心に回転させるように引っ張りあげます。向こうに見えているのは、大きな油圧シリンダーですね。

リンク:公園・緑地(都市計画課)
おすすめリンク:大河津資料館
おすすめリンク:love river net

平成29年度広島平和記念式典派遣

平成29年8月5日(土曜日)~8月7日(月曜日)

平成20年度より非核平和宣言推進事業及び平和学習活動実施の一環として、広島平和記念式典派遣事業を行っています。今年度も国際的な視点をもち、命の尊厳や平和の尊さについて理解できる生徒の育成を目的とし、市内5中学校から代表生徒それぞれ1名を、8月5日~7日の日程で広島平和記念式典等に派遣しました。

【お知らせ】平成29年度「広島平和記念式典」派遣事業報告会を開催

派遣生徒たちが学び感じたことを多くの方へ伝えていくため、平成29年度「広島平和記念式典」派遣事業報告会を開催し、派遣生徒が現地で見て聞いて感じてきたことを発表します。どなたでも参加できます。ぜひご来場ください。
 
 ●期日:8月27日(日曜日) 午後2時~4時(予定)
 ●場所:燕市役所1階 会議室101~103
 ※姉妹都市子ども交流事業海外派遣帰国報告会と同時開催です。


8月5日 7:00 市役所にて出発式。
派遣にあたっての決意表明。


教育長と記念写真。


現地でしか学べないことを学びに、「いってきます」。


被爆体験者から原爆の恐ろしさ、悲惨さを直接聞き衝撃を受ける。
派遣生徒全員が被爆体験者へ質問をし、理解を深める。


間近で見る原爆ドームに言葉を失う。


各校で制作した千羽鶴に祈りを込めて、原爆の子の像へ奉納。




平和記念資料館で、被爆した実物に改めて原爆の恐ろしさを学ぶ。



8月6日
平和記念式典会場に供えられた花々。


8:00 平和記念式典開式。
8:15 原爆投下の時刻に犠牲者へ黙とう。


原爆死没者慰霊碑に献花、「安らかにお眠りください」。


ボランティアガイドとともに平和記念公園散策。


被爆体験記朗読会に参加、全国からのお客様の前で朗読を行う。


犠牲者への慰霊、そして平和への決意を込めて、とうろう流し。




猛暑の中での式典、現地でのさまざまな活動を通じて命の尊さや平和とは何かについて学びました。

こども広報 取材活動が始まりました 8月1日から8月4日

平成29年8月1日 東町公園  天候:くもり
平成29年8月2日 道の駅国上|燕三条地場産センター  天候:晴れ
平成29年8月3日 横田屋|ホカリ菓子舗  天候:晴れ
平成29年8月4日 燕市役所|吉田産業会館 天候:晴れ

今年で6年目を迎えた、こども広報「広報つばめ子ども版」の取材活動の様子を簡単にまとめました。
チームは4チームで、それぞれにテーマが決まりました。
Aチーム:東町公園 Bチーム:いちじく羹(かん) Cチーム:災害食 Dチーム:道の駅

Aチーム 燕地区にある東町公園の秘密を調査することがテーマです。
東町公園子ども広報
いろいろな遊具があり、子どもたちを飽きさせません。
東町公園子ども広報
職員の説明を受けて、東町公園の特色について教えてもらいました。
東町公園子ども広報
職員や管理人さんにインタビューです。
東町公園子ども広報
この日は曇りがちで、公園を利用している人が少なかったようですが、利用者を見つけると早速インタビューです。
このチームは、東町公園の設備が災害時には役にたつモノに「変身」することや、公園の歴史をどう伝えてくれるのでしょうか。
それは、10月15日(発行予定日)までお待ちください。

Bチーム 分水地区では有名な、いちじく羊羹のことについて調べました。現在販売している店舗は2店舗「横田屋」さんと「ホカリ菓子舗」さんです。
いちじく羊羹
取材中の様子(横田屋さん)
いちじく羊羹
ホカリ菓子舗さん
いちじく羊羹
庁舎に戻って、食べ比べしてみました。
いちじく羊羹
さて、取材の結果を元に、子どもたちはどう記事を作っていくのでしょうか。楽しみですね。

Cチームのテーマは災害食について調べることです。まずは防災課の職員にインタビューします。シャッタチャンスを逃さないように、カメラ2台で撮影します。インタビューしている側と、インタビューされている側の両方を同時に記録しているところはさすがですね。
災害食
災害食
備蓄されている災害食を見に、今度は吉田産業会館に移動して、防災備蓄用品を取材。
災害食
再び庁舎に戻り、お待ちかねの試食タイムです。災害食の食べ比べタイムとなりました。
災害食
どんな種類のどんな災害食が、どんな味なのか、しっかり記憶してメモしました。
さて、これをどうまとめて、伝えていくのでしょうか。楽しみです。

Dチームのテーマは「道の駅」です。燕市には「道の駅国上」と「燕三条地場産センター」の二つの道の駅があります。
まずは、道の駅国上。農産物直売所の「ぶんすいふれあい市」で開店を待つ人々の撮影から始まりました。
道の駅国上
つづいて、道の駅国上の職員にインタービューです。写真とメモでしっかり記録しておきます。
道の駅国上

次に向かったのが、もう一つの道の駅「燕三条地場産センター」です。
道の駅燕三条
高速インターから近いので、物産館やレストランだけでなく、24時間利用できる屋外トイレやEVステーションなども設置されています。
道の駅燕三条
レストランは定休日でしたが、子ども記者たちのために特別に中に入らせてもらいました。
同じ道の駅でも、立地条件が異なると利用者の層もずいぶん違うように感じ取っていたようです。
伝えたいことがたくさんあるようですが、紙面のスペースは限られています。子どもたちのまとめ方に期待します。

もっといろいろな取材をしていますが、それは発行日までのお楽しみということで、今回のご報告をお開きにします。

関連リンク:これまでの子ども広報はこちらから
おすすめリンク:道の駅国上
おすすめリンク:道の駅燕三条地場産センター

元気磨きたい・わくわく手芸(プロジェクト)

平成29年8月2日(水曜日)燕市保健センター 天候:晴れ

手芸に興味のある人の元気磨きたいのテーマ別グループ「わくわく手芸」にお邪魔してきました。月一回、原則毎月第一水曜日の午後に、燕市保健センターで活動しています。メンバー数は15名です。
モットーについて、うかがいました。
・「手芸作りをして、わくわく楽しめる人」
・「仲間づくりができて、いろいろなもの作りにチャレンジしたい人」
・「作ることで喜びを感じる人」
・「上手・下手関係なく、明るくルンルンできる人」
具体的な目標は、子育て支援センター「すくすく」等へ、作った小物をプレゼントしたいとのことでした。 

当日は快晴。保健センター前のプランター内の野菜や花たちは、美味しそうに実って、綺麗に咲いていました。
わくわく手芸
まずは、保健師から連絡事項があり、燕祭りと吉田祭りに元気磨きたいメンバーが参加した写真を見たり、今後の元気磨きたいの活動予定を皆さんで共有しました。
そして、今回のテーマの発表です。「クラフトテープでブローチ作り」です。
わくわく
完成図(豪華版)
わくわく手芸
いろいろな色のクラフトテープ3本を細く切り、順番通りに編みこんでいく作業を、説明した写真で確認していきます。
わくわく手芸
それでも、なかなか伝わりにくいので、先生役のメンバーがテーブルごとに手本を見せながら、指導していきます。
わくわく手芸
わくわく手芸
わくわく手芸
表側、裏側と編みこんでいき、表にはお気に入りの飾りを接着剤でつけます。
わくわく手芸
わくわく手芸
わくわく手芸
紐をつければ、完成です。完成したものは、みんなで見せっこして、自慢しあいます。
わくわく手芸
クラフトテープで作ったようには見えませんよね。どこかの商店で売られていてもおかしくない、と言ったら言い過ぎですかね。

写真を撮ることも忘れません。
わくわく手芸
興味がある方、お問い合わせは燕市保健センター 93-5461 (わくわく手芸係)までお気軽にお問い合わせください。

元気磨きたい関連情報:
10周年目を迎えた元気磨きたい、今後もさまざまなプロジェクトが活動していきます。8月26日 土曜日に燕地区で開催予定の「200mいちび」には、「健診PR隊」「にこっち楽団」が健康コーナーで体験できます。

わくわくお天気・防災教室

平成29年8月2日(水曜日)信濃川大河津資料館 天候:晴れ

わくわくお天気・防災教室実行委員会の主催で、小学生31人が参加。
お天気キャスターの 菊池真以 さんを講師に招き、天気の不思議を体験しながら学びました。
わくわくお天気教室01

わくわくお天気教室01

わくわくお天気教室01
 
まずは、雲や雨、雷など天気に関するクイズを交えた講義です。
わくわくお天気教室01

子どもたちの正解率の高さに、菊池さんもビックリしていました。
わくわくお天気教室01
 
災害に備える、災害から身を守るための大事なお話もありました。
「考える(Kangaeru)」・「気づく(Kizuku)」・「行動する(Koudou-suru)」の3つの「K」が重要だそうです。
わくわくお天気教室01
 
講義の途中には、雲や竜巻をつくる実験や、雷の音が鳴る楽器などを体験。新しい発見がたくさんありました。
わくわくお天気教室01

わくわくお天気教室01

わくわくお天気教室01

わくわくお天気教室01
 
後半は、信濃川大河津資料館内の見学とオリジナル風鈴づくり。夏ならでは風鈴が完成!
わくわくお天気教室01

わくわくお天気教室01

わくわくお天気教室01
 
また、参加者全員が雲づくりなどを体験しました。
わくわくお天気教室01

わくわくお天気教室01

わくわくお天気教室01
 
子どもたちにとって、よい学びの場となったようです。夏休みの自由研究の題材にもなったかな?
わくわくお天気教室01
わくわくお天気教室01
 
このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る