本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

ウェブ版「知っ得つばめ」

 知っていれば得した気分になれる、そんな話題を集めたコーナーが「知っ得つばめ」です。広報つばめの毎月1日号に掲載されているコーナーが、ホームページでもご覧いただけるようになりました。
 なお、現在は最新号のみ掲載しておりますが、過去に掲載されたものも少しずつコツコツと掲載をしていきたいと思いますので、ご期待ください。

今月の一品

銅銀二重口打ち出し湯沸かし  5代 玉川覚平

銅銀二重口打ち出し湯沸かし

  日本人は花を愛でます。とくに新潟の長い冬の終わりを草木の芽吹きで知り、咲き誇る花で春を感じます。とりわけ、桜は私たちにとっても不思議な存在です。日本では、古来から花の代表格は、梅でありました。万葉集にも梅の花の歌が非常に多いものでした。それが、平安時代以後になると花の代表格が桜に置き換わります。もともと神話の中にも、木花開耶姫という美の象徴である姫神の「さくや」が「さくら(桜)」になっていったのでした。桜は、枯れ枝に花をつけることが、強烈な精霊感を感じさせ、霊妙で生命力が旺盛だと意識を持たれるようになりました。桜をはじめ、季節の花や樹木は、和歌に詠まれたり、陶磁器や小袖、能装束にも取り入れられてきました。
 この湯沸かしの装飾模様のモチーフにも桜が用いられています。ひらひらと風に舞う桜の花びらが生地面に彫金で控えめに施されており、侘び寂びを感じる意匠となっています。下地の銀が見えるように透かした銅の色味の変化も面白さを誘います。

燕市産業史料館 電話0256・63・7666(月曜休館日) ■入館料 大人 300円 小人 100円 ※団体割引あり
燕市産業史料館では、「龍村周 織物展」を平成29年4月22日 土曜日から5月28日 日曜日まで開催します。
 

作ってみませんか

高野豆腐のみそ炒め
高野豆腐
燕市食生活改善推進委員協議会
「ごはんを主食とした日本型食生活の普及啓発」
~含め煮にしがちな高野豆腐を使った一品です~

●材料(5人分)
高野豆腐…1枚、じゃがいも…中1個、にんじん…中5~6cm、しめじ…1/2パック、干しいたけ…2枚、いんげん…2本、油…大さじ2、A(砂糖…大さじ1/2、酒…大さじ1、干しいたけの戻し汁+水…1/3カップ、牛乳…1/3カップ、みそ…大さじ1と1/2、しょうゆ…少々)
●作り方
(1) 高野豆腐はぬるま湯で戻し、水気を絞る。たて半分に切った後、厚みを半分にして短冊に切る。いんげんはゆでて、斜めにスライスしておく。
(2) じゃがいも、にんじんは短冊に切る。干しいたけは水で戻し、スライス。しめじはほぐしておく。
(3) フライパンに油を熱し、(2)を炒めしんなりしたらAを加え、高野豆腐を混ぜ合わせる。
(4) 器に盛り、いんげんをのせる。

もっとレシピをご覧になりたい方は「作ってみませんか 一覧ページ」をご覧ください。
食育推進計画をご覧になりたい方は「第2次食育推進計画ページ」をご覧ください。

健康Q&A

脳ドックについて

燕労災病院
副院長 小池 俊朗

Q 脳ドックってなぁに?
A 無症状の人を対象としたMRI・MRAによる画像検査が中心で、脳および脳血管疾患あるいは危険因子を発見し、それらの発症や進行を予防することを目的とした脳の検査です。

Q どんなことがわかるの?
A MRI検査では未破裂脳動脈瘤、脳出血の跡、脳腫瘍などがわかります。また採血で動脈硬化の原因になる高コレステロール血症、糖尿病のほか、肝障害、腎障害などがわかります。

Q 異常があった場合は?
A 未破裂脳動脈瘤があった場合、脳外科などの専門医に紹介して破裂しないように手術などを検討しますが、瘤ができた場所や大きさ、年齢や合併症によっては手術しない方がよい場合もあります。脳梗塞があった場合もさらに増えないように予防方法を検討します。脳腫瘍が見つかった場合は脳外科などの専門医に治療を依頼します。

Q 脳ドックで異常がなかったら、もう大丈夫なの?
A ドックで異常がなくても心房細動が原因で脳梗塞になったり、高血圧が原因で穿通刺動脈という細い血管が詰まって脳梗塞になったり、破裂して脳出血を起こすことがあるので不整脈や高血圧などは注意が必要です。1年でできる悪性の脳腫瘍もあるので頭が痛くなったり、四肢の動きが悪くなったら、すぐに検査する事は大切です。

Q どのくらいで脳ドックを受ければいいの?
A 糖尿病や高血圧などの合併症のない人は血管はすぐに変化しませんが、検査で異常があった人は専門医に見てもらいましょう。異常がなくてもある程度の年齢になったら、数年に一度検査したほうが安心です。

燕市の健康関連情報ページはこちら

防災対策

災害時の避難所はご存知ですか!?
防災課防災対策係
電話0256・77・8381(直通)
 災害といっても様々な種類があります。水害など命を守るために1分でも早く安全な場所に避難すべき場合と地震発生後、命を守った後に生活を確保する場合の避難では、避難場所が違うことがあります。さらに、水害時には浸水してしまう避難所もありますので、注意が必要です。また自治会や自主防災組織によっては、市の指定避難所ではなく、地域の集会所に避難し安否確認を行うなど、災害時の行動を決めている地域もあります。
 従って、自宅から最寄りの市指定避難所を確認するとともに、自身の所属する自治会や自主防災組織で決められている避難所も必ず確認するようにしましょう。
さらに、避難所は家族全員が知っておく必要があります。避難所の他にも、避難ルートや家族がバラバラのときに災害が起きた際の連絡方法や集合場所なども普段から家族防災会議を開いて話し合っておきましょう。
 燕市の避難所は市ホームページや平成28年広報つばめ6月1日号などで確認できます。不明な場合はお気軽にお問い合わせください。
 なお、市の避難所は災害発生時に速やかに開設する「指定避難所」と災害の程度や状況に応じて必要がある場合のみ開設する「予備避難所」に分類されていますので、あわせてご確認ください。

吉田・分水地区の避難所看板のデザインを変更しました。今年度の変更は燕地区で実施します。

燕市防災関連情報ページはこちら

健康長寿(準備中)

このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る