本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

web版カメラびゅう平成29年11月分

 Web版カメラびゅうは、広報つばめでは紙面の都合上お伝え出来ないことや市内で行われているイベントの模様などをお伝えします。
(最終更新日:平成29年12月5日)

こころの健康講座 第三回 ~今日からできるストレスコントロール~ 石橋 幸滋 先生

平成29年11月30日(木曜日) 午後2時~4時 中央公民館(燕総合文化センター内) 天候:くもり

講師の石橋幸滋先生は、燕市の健康づくり事業のために幾度も来燕されている石橋クリニックの院長先生、東久留米医師会会長ほか多数の役職をお持ちでいらっしゃいます。
ストレスコントロール
ストレスって、なんでしょう?良いもの?悪いもの? ときおり、先生の実体験なども織り交ぜながらの解説は分かりやすかったです。
カナダの学者がこう定義しました。
◎「ストレスとは、外的刺激が心や身体に及ぼす悪影響と、それを排除しようとする防御力の総和」~心理学者ハンス・セリエ~◎
ストレスコントロール
司会は健康づくり課の保健師、ベテランと新人のコンビです。たぶん、司会の当事者はたいへんなストレスを感じているのだろうと思って見ておりましたが、後で聞いてみると、二人とも満足そうな様子です。そういえば先生の講義の中でも触れられていましたが、仕事が忙しくても充実感があればそれはストレスではなく「生きがい・やりがい」になるので、仕事=ストレスの元とは限らないということが、目の前でも実証されたことになります。

講義はスライドを見ながら、グループワーク形式をおりまぜて行われました。先生と一緒に来燕された研修医と医学生のお二人も同席されてのグループワークとなりました。
ストレスコントロール
グループワークでは、テーブルごとに参加者のみなさんに語っていただきました。家のこと、仕事のこと、地域のことなどさまざまな話題が上がりました。
ストレスコントロール
ストレスコントロール
そして導き出されたのが、ストレスの大きさは何で決まるかということです。

ストレスの大きさ=ストレスの元(ストレッサーと呼びます)の大きさと、そのストレスの受け止め方によって決まる

という式が成り立つことが分かりました。
ストレスの大きさ=生きがい・やりがいを感じることで小さくできる、社会的支援を受ける、受け止め方を変える、解消法を身につけることで小さくできる
また、ストレスの受け止め方は、体調をよくすること、自信不足のときは過去の成功事例を思い出したり、失敗は良い経験だと言い聞かせるなどで変えることができると続きます。
さらには、大きなストレスを抱えたときは、社会的支援(ソーシャルサポート)を受けることも大切だとのことでした。
ストレスコントロール
最後の質問コーナー、時間が少し押している中でも、ていねいにお答えいただきました。
なお、今回の講座の様子は「ラヂオは~と」さんの録音版が後日ラジオで放送される予定(放送日未定)ですので、ぜひお聴きください。

次回のこころの健康講座は12月21日 木曜日、ふたたび石橋幸滋先生にご来燕いただき、「よりよい人間関係の築き方」を演題に同じ同会場・同時刻にて開催します。申込み不要・入場無料ですのでふるってご参加ください。

リンク(お問い合わせ先):こころの健康講座(平成29年度)
おすすめワード:「ストレスコントロールがとことんわかる本」 石橋幸滋(石橋クリニック院長・東京医科歯科大学臨床教授・東久留米市医師会会長ほか、役職多数)

燕大学 平成29年度テーマは「良寛」 ~良寛と貞心尼~ ~良寛と万葉集~ ~良寛さんにまなぶ~

平成29年11月15日|22日|29日(水曜日) 中央公民館(燕総合文化センター内) 天候:雨|くもり|晴れ

今年度の燕大学事業のテーマは「良寛」とのことでしたので、良寛さん大好きな私(記者)は第一回と第二回に参加してきました。(第三回は都合がつかずに涙をのんで欠席)
第一回 ~良寛と貞心尼~ 講師:本間 明さん(野積良寛研究所 所長)
良寛と貞心尼良寛と貞心尼
館長の挨拶のあと、本間さんが紹介されました。本間さんは良寛研究家で、著書の発行、論文の発表、講演や良寛ゆかりの地めぐりツアーガイドなどをされていらっしゃいます。オープンガーデン「良寛百花園」の管理運営も行っていらっしゃいます。
資料のほかに、グラジオラスの球根も配られました。
良寛と貞心尼
貞心尼が良寛を木村家の庵にたずねたのは、貞心尼30歳、良寛70歳のときでした。しかし、良寛不在のため、歌をおくります。
その歌に、良寛は手紙で返します。今から190年前の文政10年(1827年)のことだそうです。このときから、二人の交流が始まります。
良寛と貞心尼
本間先生は、良寛と貞心尼のやりとりした歌を紹介しながら、二人のこころを読み解いていきます。
スライドでは、良寛ゆかりの地も紹介されました。
良寛と貞心尼
そして、良寛さんの生きざまを解き明かしていきます。
・交流(人とのふれあいが大事)
・親切(自分が貧しくても他人には親切に)
・感謝(ことばや手紙でお礼を言うことの大切さ)
・夢中(夢中になれるものがあれば雑念が消える)
これを幸福の四原則ととらえます。
良寛と貞心尼
中越地区で限定販売された良寛さんの切手も紹介されました。
最後に参加者のみなさんはアンケートに答えて、盛りだくさんの講座の第一回目は終了となりました。
良寛と貞心尼

第二回 良寛と万葉集 燕市良寛史料館 館長 渡邉 憲(さとし)さん
燕大学良寛と万葉集燕大学良寛と万葉集
この回では、良寛の歌と、影響を受けたであろう歌について解き明かしていきます。
良寛の歌は万葉調といわれ、万葉集の影響が大きいと言われていますが、実は古今集の影響を受けた歌も多いというところから講演は始まります。
燕大学良寛と万葉集
そして、良寛がどのように万葉集へと傾倒していったかが解き明かされていきます。
・「万葉集」の研究に着手
・「万葉和歌集」にふりがな、注釈をつける
・「万葉集略解(りゃくげ)」を借りて万葉集を読み込んでいく。
さらには、良寛の影響を受けた作家が紹介され、会津八一がとりあげられます。
燕大学良寛と万葉集
会場にはたくさんの良寛さんに興味のある方々が集まりました。
講演のしめくくりにはシンガーソングライター・藤本すすむさんの「良寛さんの歌」が紹介され、みなさんで音楽を鑑賞しました。

第三回 「良寛さんに学ぶ」全国良寛会会長 長谷川 義明さん
枯淡な境地を和歌や表現した良寛の人生について学びました。

また、番外編として、11月25日土曜日燕市市立図書館で、読み聞かせボランティアの皆さんによる手毬遊びが行われました。
リンク:燕大学(平成29年度)

おすすめリンク:全国良寛会(外部リンク)

第33回 親子版画年賀状講習会

平成29年11月25日(土曜日)吉田公民館 天候:雨
 
「親子版画年賀状講習会」が開催されました。
会場全体の様子
今年で33回目、旧吉田町の頃から続いているイベントです。今回は親子11組27人が参加。昨年お見かけした常連さん親子もいらっしゃいました。
 
来年の干支は「戌」。午前中はデザインを決め、下絵を描いた版木を彫刻刀で彫ります。
真剣に版下を彫る少年
ただひたすら彫ることに集中します。皆さんとても真剣です。
版下を彫る女の子とお母さん
 
午後からはいよいよ「刷り」。上越教育大学附属中学校の寺田先生から、刷りのコツを学びます。
刷りのコツを学ぶ参加者たち
インクはつけすぎない、ローラーは一方向に流すなど、簡単そうに見えて難しい…。
 
各自、刷りを開始!
版画をする2組の親子

ついに世界に1枚だけの年賀状が完成です。
刷った年賀状を持って記念撮影する親子1
刷った年賀状を持って記念撮影する親子2
手作り感満載。デジタル印刷が当たり前になった昨今、こんなオリジナル年賀状をもらったらうれしいですね。

「夢中になってとりかかった」「早く年賀状を出したい!」など、喜びの声も聞こえました。

参加者の皆さんの力作を、現在、吉田公民館1階にて展示中です。年明けまで展示予定ですので、皆さんぜひおいでください!

元気磨きたい10周年特別企画「10周年だよ!全員集合!」

平成29年11月24日(金曜日) 燕市保健センター 天候:くもり

今年で10年目の迎えた「元気磨きたい」は健康づくり活動を見える化している市民団体ですが、例年であれば合同餅つきイベントを行うところ、今回は10年目にちなんだ「なが~い」のり巻き、しかもキャラクターの「にこっち」が出てくるものにしようということになりました。
10周年記念にこ巻き作り10周年記念にこ巻きイベント
今回は、のり巻きに使用する具材ごとにテーブル分けされていましたので、テーブルには「海苔」や「だし」の名前が並びました。
まずはグルーブごとにご挨拶です。
10周年記念にこ巻きイベント
ご挨拶のあとは、「にこっち体操」で身体をあたためたり、10年間の歩みや成果を共有するためにスライドを見ました。
10周年記念にこ巻きイベント10周年記念にこ巻きイベント
ただ見ているだけではつまらないので、クイズをおりまぜました。間違い探しです。
10周年記念にこ巻きイベント
元気磨きたいメンバーの数、活動に参加された市民のみなさんの数などをスライドでふりかえりました。
10周年記念にこ巻きイベント
みんなでいっしょにふりかえり、共有することの楽しさを再発見します。
10周年記念にこ巻きイベント
今年度誕生したテーマ別プロジェクト「わくわく手芸」と「元気なんでも歌い隊」が紹介されました。
10周年記念にこ巻きイベント10周年記念にこ巻きイベント
そして、サイコロトークです。「一番印象の残った活動」「自分の変化」「これからチャレンジしたいこと」の三つです。
最初にグループワークであらかじめ記入しておき、グループごとに発表しました。
10周年記念にこ巻きイベント10周年記念にこ巻きイベント
実はこのころ、階上では食のグループが協力しあって、のり巻きと汁物の準備をしていました。
10周年記念にこ巻きイベント
10周年記念にこ巻きイベント
そして、2階には長テーブルがつながれました。
10周年記念にこ巻きイベント
そして、準備が整いました。県央ドット・コムさんも、シャッターチャンスを逃すまいとスタンバイ。
10周年記念にこ巻きイベント
まずは、なが~いのり巻きを巻きます。
10周年記念にこ巻きイベント
10周年記念にこ巻きイベント10周年記念にこ巻きイベント
そして、各グループの代表が丸いシールの目印を目安に切り分けます。
そしてグループの代表が印を目安にカットします。
切り口はこんな感じです。(まだ未完成です)
そしてグループの代表が印を目安にカットします。
これを、ひとり三切れずつに配分し、ごまと紅ショウガを配ります。
そしてグループの代表が印を目安にカットします。
豚汁も付きます。
10周年記念にこ巻き
未完成のにこっちを、各自で完成させます。いろいろな「にこ巻き」が完成です。
10周年記念にこ巻き
にこっちの胴体は魚肉ソーセージ、腕は野沢菜です。ごまで目を、紅しょうがで口を表現しています。腕にはキュウリがよかったかもしれませんが、この時期は高価で買えなかったとのこと。(材料の一部は元気磨きたいメンバーが寄贈してくれました)

「できました」「わたしのが一番かわいい」などの声が聞こえてきました。
10周年記念にこ巻き
おいしくいただいた後は、企画・準備をしてくれたグループにお礼を言いました。
10周年記念にこ巻き
12月からは、来年の「元気まつり2018」に向けての準備に入ります。
さて、ここでクイズです。キャッチコピーのただしいものは、どれでしょうか。
10周年記念にこ巻きクイズ
元気磨きたいのキャラクター「にこっち」は、元気磨きたいのマスコットとして2011年3月に誕生しました。燕・吉田・分水地区が仲良く手をつなぎ、空を見上げている様子を表しています。キャッチコピーは「みたい・ききたい・つたえたい」です。
※「みたい・ききたい・つたえたい 元気発進!にこにこにこっち!」という長いフレーズもあります。これはポーズ付きです。
※クイズの正解はEです。

リンク:燕市健康増進計画 磨け!輝け!元気プランつばめ

原山健一郎イラスト展「私の昭和の記憶 ~ふるさと/えちご よしだ~

平成29年11月22日(水曜日) 吉田公民館 天候:晴れ

1938年に燕市で生まれ、23歳まで在住されていた原山健一郎さんのイラスト展の様子を紹介します。
原山さんは、その後、新潟市、昭和42年には山形へ移り印刷会社に勤務。平成6年に定年退職され、現在は山形県山辺町に在住しています。




取材日は平日でしたが、たくさんの観覧者でにぎわっていました。







ここで、展示されている全59作品のうちの一部をご紹介します。
昭和の懐かしい風景を感じてください。








この日の観覧者は、なんと原山さんの同級生!
みんなで記念撮影しました。


開催期間は、12月7日(木曜日)まで。 ※好評のため、当初の予定から延期されました。
時間は、午前9時~午後9時(日曜・祝日は午後5時まで)。
観覧は無料です。

問い合わせは、吉田公民館まで。
住所:燕市吉田大保町22-1 電話:0256-92-4111

「原山健一郎イラスト展」についてはこちらから
 

焼きいも大会 

平成29年11月21日(火曜日) 西太田保育園  天候:くもり

西太田保育園にて「焼きいも大会」が行われました。連日の雨で開催が危ぶまれましたが、この日は久々に朝から晴れのちくもり。絶好の?焼きいも日和です。
火の中にイモを投げ入れる園児たち
午前11時、まずはアルミホイルに包んだサツマイモを火の中に投げ入れます。10月に保育園の裏の畑で収穫したサツマイモも含まれているそうです。「おいしいオイモになりますように!!」

焚き木に落ち葉をかぶせる先生たち
次に、サツマイモの上を落ち葉や木材で多い、焼き上げます。

煙に巻かれて目や鼻を覆う園児たち
煙が目や鼻にしみます。

焼きイモの周りに集まる園児たち
4時間後…午後3時のおやつの時間。ちゃんとできているかな~?早く食べたい!

ホックホクで黄金色の焼きイモ
おいしそうな黄金色に焼きあがりました。いただきます!

焼きイモをおいしそうに食べる女の子2 人
アツアツでほっくほくの焼きいも。甘くてとってもおいしいね。寒空でしたが、心も体もポッカポカになりました。
焼きイモをおいしそうに食べる男の子
最近では周辺住宅への煙などの影響から、保育園での「焼きいも」のイベントが減っているそうです。事前の申請や落ち葉集めなど、準備も大変ですが、おいしい焼きいも、また来年もできるといいですね。
 
 

つばめ輝きポイント事業・第1回抽選会

平成29年11月19日(日曜日) 燕庁舎 天候:雨ときどきみぞれ

つばめ歯っぴーフェアと同日開催された、つばめ元気かがやきポイント事業の第1回抽選会が行われました。その時の様子を少しだけ紹介します。今回も多数の企業・団体のみなさんにご協力をいただきました。
かがやきポイント事業第1回抽選会
抽選会場にはたくさんの景品が並びました。
かがやきポイント事業第1回抽選会かがやきポイント事業第1回抽選会
お米はもちろん新米です。10時に、いよいよ抽選会が始まりました。
かがやきポイント事業第1回抽選会
小さなお子さん連れの場合は、お子さんが抽選することが多いです。ちょっとカメラ目線でお願いしました。
かがやきポイント事業第1回抽選会
1等や2等に当たった人も写真に撮らせていただきました。
かがやきポイント事業第1回抽選会かがやきポイント事業第1回抽選会
かがやきポイント事業第1回抽選会
かがやきポイント事業第1回抽選会
みなさん、とても良い笑顔ですね。
かがやきポイント事業第1回抽選会
歯っぴーフェアと同日開催ということで、健康チェックコーナーや燕市元気磨きたいによる「お楽しみちびっこコーナー」もたくさんの人でにぎわいました。
かがやきポイント事業第1回抽選会
かがやきポイント事業第1回抽選会
元気磨きたいの人気コーナー、射的です。すべての玉を当てたママさんもいらっしゃいました。
かがやきポイント事業第1回抽選会かがやきポイント事業第1回抽選会
秋にふさわしい曲を増やしました。(にこっち楽団)
かがやきポイント事業第1回抽選会
顔ハメパネル、ちょっと目立たなかったようです。
かがやきポイント事業第1回抽選会
保健推進委員のみなさんのコーナーでは、減塩のPRや糖分摂取量の確認コーナーです。燕市のひとは塩分摂取量が多いと言われています。ラーメンのスープは飲み干さないようにしましょう。
かがやきポイント事業第1回抽選会
清涼飲料水にはたくさんの糖分が含まれています。飲みすぎには気を付けましょう。
つばめ元気かがやきポイント事業第1回抽選会
歯っぴーフェアは午前中にて終了しましたが、抽選会が午後からも続きます。客足には波がありましたが、午後に抽選に来られる方もいらっしゃり、1等賞はすべて当たりました。
つばめ元気かがやきポイント事業第1回抽選会
かがやきポイント事業第1回抽選会
車いすでお越しの方も、楽しそうに抽選に参加されていらっしゃいました。
つばめ元気かがやきポイント事業第1回抽選会
雨からみぞれにかわる天候の、足元の悪い中でも、みなさんほんとうにいい笑顔で、ハッピーになって帰られたようです。
なお、第2回抽選会は、平成30年3月10日 土曜日、元気まつり2018と同日開催の予定です。

リンク:かがやきポイント事業

つばめ歯っぴーフェア つばめ元気かがやきポイント事業・子ども手帳表彰式

平成29年11月19日(日曜日) 燕庁舎 天候:雨ときどきみぞれ

 にいがた健口文化推進月間(11月)にあわせて行われる「つばめ歯っぴーフェア」(主催:燕歯科医師会|共催:燕市、三条地域振興局健康福祉環境部、燕薬剤師会、新潟県歯科衛生士会県央ブロック、燕・弥彦医療介護推進センター)が、燕庁舎にて開催されました。
つばめ歯っぴーフェア2017
つばめ歯っぴーフェア2017つばめ歯っぴーフェア2017
冬囲い作業も済んで、冬を迎える準備の整っている様子を写真におさめると、そのとたんに雨から雪まじりの雨とかわっていきました。しかし、ひとたび会場の中に入ると、来場者のみなさんの熱気のせいかコートも上着も不要なほどでした。
つばめ歯っぴーフェア2017
歯の図画ポスター展示(燕庁舎4階)園児・小学生・中学生の作品です。
燕歯科医師会長のご挨拶、燕市長の挨拶のあと、「歯の健康川柳表彰式」が行われました。
つばめ歯っぴーフェア2017つばめ歯っぴーフェア2017
燕歯科医師会長から表彰状と景品が受賞者に授与されました。
つばめ歯っぴーフェア2017
つばめ歯っぴーフェア2017
【歯の健康川柳】
燕市長賞:「8020を めざせ歯磨き 朝、昼、晩」 大川津 本間 三恵 さん
燕歯科医師会長賞:「歯を守る 進んで受けよう 歯科検診」 吉田法花堂 金子 とき子 さん
入選:「健康の 基本はやはり 丈夫な歯」 吉田西太田 田村 千代子 さん
入選:「歯磨きで 歯っぴー人生 いつまでも」 秋葉町 布施 百合子 さん
入選:「いただきます ばくばくもぐもぐ 歯のおかげ」 大曲 小柳 紀子 さん
【いきいき人生良い歯のコンクール】
奨励賞:齋子 シゲ さん

つづいて、つばめ元気かがやきポイント事業の「子ども手帳」表彰式があわせて行われました。今年度は47名が表彰されました。元気磨きたいのマスコットとして登場した「にこっち」ですが、最近では健康づくり活動にときどき顔を見せます。左手には「こども手帳」をしっかり手にしています。
つばめ歯っぴーフェア2017
「子ども手帳」は夏休み限定ですが、それをまた続けてみたいですか、と市長から問われると、周囲を見渡しながらも手がたくさんあがりました。みんな、おとなですね。
つばめ歯っぴーフェア2017
職員の誘導に従いながらも、ちょっとはずかしそうな様子を見せるところは、やっぱり子どもらしいです。みな、姿勢をよくして表彰にのぞみました。
つばめ歯っぴーフェア2017
今回の表彰は、市長から賞状をもらったときのようすを個々に記念の写真におさめさせていただきました。
受賞されたみなさん、おめでとうございました。
つばめ歯っぴーフェア2017
このあとは、パパやママのシャッターチャンスが続きました。
つばめ歯っぴーフェア2017
受賞を終えた子供たちですが、景品は自分で受け取りにいきます。箱の中のカプセルを選び、中のくじを取り出して景品をあてます。ゲーム性があって楽しそうでした。
つばめ歯っぴーフェア2017
そのほか、無料のフッ化物歯面塗布・歯科検診・歯科相談・口腔がん検診なども行われました。
つばめ歯っぴーフェア2017
つばめ歯っぴーフェア2017
つばめ歯っぴーフェア2017
つばめ歯っぴーフェア2017つばめ歯っぴーフェア2017
また、1階の燕薬剤師会や新潟県歯科衛生士会県央ブロックのみなさんによる健康コーナーも大勢の来場者でにぎわっていました。
つばめ歯っぴーフェア2017つばめ歯っぴーフェア2017
スポンサーコーナー
つばめ歯っぴーフェア2017

さて、今回の歯っぴーフェアでは、4階で特別講演会もあわせて開催されました。(11時~12時)
つばめ歯っぴーフェア2017
「お口の中のがんについて」
日本歯科大学新潟病院 口腔外科講師 医学博士の 小根山 隆浩 先生
つばめ歯っぴーフェア2017
「地域における口腔がんの状況について」
県立吉田病院歯科口腔外科 歯科部長 堀野 一人 先生
つばめ歯っぴーフェア2017
燕歯科医師会のみなさん、たいへんおつかれさまでした。
つばめ歯っぴーフェア2017


リンク:燕歯科医師会
リンク:つばめ歯っぴーフェア2017
おすすめリンク:新潟県歯科医師会

デイジー図書プレーヤー(再生機)「プレクストーク」の勉強会

平成29年11月12日(日曜日) 燕市身体障がい者福祉協会事務所 天候:くもり

デイジー図書とは視覚障害などで活字情報の取得が困難な人が利用するデジタル図書のことです。専用のプレーヤーで利用することができますが、 なかなか使いこなすことがむずかしいとも聞きます。今年の春に一機種が発売となり、そろそろ買い替えが近い人もいらして、みんなで集まって勉強会をやりましょうということになりました。その時の様子をご紹介します。
デイジー勉強会@燕市身体障がい者福祉協会
今回会場となったのは、燕市身体障がい者福祉協会事務所です。旧燕警察署跡地からほど近い建物の一角にあります。
まずは視覚障がい者の会長さんのごあいさつから始まりました。
デイジー勉強会@燕市身体障がい者福祉協会
家で使っているデイジー再生機を持ち寄ってもらい、それぞれの使い方の違いを肌で感じたり、お互いに教え合ったりするのが狙いです。新旧モデルがそろいました。
デイジー勉強会@燕市身体障がい者福祉協会
手前が初代のPTR1、向こうの右(白いモデル|市役所にもあります)のがPTN2、その左がPTR2というモデルです。
ボタンの形状や厚み、音の大きさ(聞き取りやすさ)や速度の違いなど、少しずつ改良されてきているようです。
とにもかくにも、使ったことのない機種を思いっきり触りまくります。
デイジー勉強会@燕市身体障がい者福祉協会
じっさいに操作をしながら、おしゃべりしながら疑問点を解決していきます。
デイジー勉強会@燕市身体障がい者福祉協会
「ここにボタンがあるよ」「そうなんだ~」「これはなんだ?」「それはちがうよ~」などといろんなやりとりが続きます。
障がい者のみなさんは、それぞれに障がいの程度が異なりますからお互いに協力しあいます。
デイジー勉強会@燕市身体障がい者福祉協会
ほんの少しは見える人が、ほとんど見えない人に教えてあげたるのはあたりまえ。そういったやりとりが自然に行われているのが、この会に限りませんが、いいところですよね。
初期のモデルと次のモデルではボタンの形状が異なるのがお分かりでしょうか。初期モデル(向こう側)はボタンがどれもまるっこくて同じですが、その次のモデル(手前)では数字ボタンの角のボタンが、角にあるボタンだと分かるように角が丸く面取りされています。また、カバー(左のグレーの、穴のあいたプラスチック)をかけると日常よく使うボタンだけを露出させて使用することができるようになっています。
デイジー勉強会@燕市身体障がい者福祉協会
手に触れて操作方法を確認したり、音の確認ですね。改良の度に音の大きさが増し、音質もよくなっているようです。
デイジー勉強会@燕市身体障がい者福祉協会
古い機種だと、大勢の中で聞き取るにはちょっと聞き取りづらい音量しか出ないこともあります。イヤホンが苦手な方にとっては、スピーカーから出る音がクリアで聞き取りやすいのが条件となりますよね。
デイジー勉強会@燕市身体障がい者福祉協会
PTR2という機種です。この後継機がPRT3という機種で、すこしだけ薄くなって取っ手が本体と一体化した機種ですが、サピエ図書館とかんたんに接続ができて、テキストデータの読み上げにも対応していますが、発売が予定より大幅に遅れています。(11月現在未定とのこと|PTN3という機種は発売中です)
デイジー勉強会@燕市身体障がい者福祉協会
ひとりだとなかなか勉強が続かないけど、みんなでやると続くものですよね。
最後に、盲導犬と一緒に360度写真に写ってもらいました。
 

DAISY勉強会 - Spherical Image - RICOH THETA


リンク:声の広報つばめ(地域振興課)
リンク:障がい者の支援(社会福祉課)
リンク:プレクストーク(シナノケンシ)
 

 

第2回 長善館かるた会

平成29年11月9日(木曜日) 老人いこいの家「長善館」 天候:晴れ
 
粟生津保育園児と老人会が競う「長善館かるた会」が行われました。
長善館かるた会の看板
5チームに分かれて座る園児とお年寄り
園児は年長児の16人、老人会は粟生津地区の5つの会の代表メンバー約20人が集結しました。
笑顔の2人の男の子
 
競技は3種目。
競技の説明をする今井さん

まずは「つばめっ子かるた」。5チームに分かれ、読み手が読んだ絵札を各チームで一斉に取り合います。
読み札を読む今井さん
元気よくかるたを取る園児の女の子
園児たちの「はいっ!」という元気なかけ声が会場に響き渡り、1枚取るごとに、あちらこちらから笑いや歓声があふれていました。

和になってかるたを取り合う園児とお年寄り
笑うおとしよりたち

1種目め、終了。結果は、5チーム中すべてのチームで園児チームが勝利!!
よろこぶえんじたち2
喜ぶ園児たち1

2種目めは、「ジャンボかるた」。畳の上に並べられた大きなつばめっ子かるたを取り合います。畳の上に並べられた大きなかるたを取り合う園児とお年寄り
読み手が読んだら、各チーム3人ずつスタート!前半は園児チームが優勢でしたが、老人会チームも負けていません。かるたが少なくなるにつれて、競技は激しさを増してきます。

かるたをとりあうえんじとおとしより1
もらったぁぁぁぁぁぁぁぁーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!かるたをとりあうえんじとおとしより2
かるたをとりあうえんじとおとしより3
 
2種目め、終了。取った札の数を数えます。
とったかるたをかぞえるかく ちーむのだいひょう
 
結果は…またしても園児チームの勝利!!
ジャンプして喜ぶ園児たち
 
この後、3種目めの「ぼうずめくり」が行われ、結果は老人会チームの勝ち。

総合成績は2対1で、最終結果は園児チームの勝利でした。大熱戦の1時間半。園児の皆さん、2月に行われる「つばめっ子かるた大会」にもぜひご参加ください!

「つばめっ子かるた」についてはこちらから

ミズノビクトリークリニック「井上康生氏による柔道クリニック」

 平成29年11月4日 土曜日 会場:燕市民武道館柔道場(燕市民体育館内) 天候:雨

オリンピック、世界柔道選手権の金メダリストの井上康生さんの柔道クリニックが開催され、市内外の中学生28人が参加しました。
井上康生柔道・クリニック

井上さんを一目見ようと多くの見学者や取材陣が来ていました。
井上康生柔道・クリニック

「一流選手ほどウォーミングアップを大切にしている」と語る井上さん。
井上康生柔道・クリニック
井上康生柔道・クリニック

このあと、世界を制した「内股」を披露します。
井上康生柔道・クリニック井上康生柔道・クリニック井上康生柔道・クリニック
井上康生柔道・クリニック
井上康生柔道・クリニック井上康生柔道・クリニック

参加した市内外の中学生28人は一流柔道家の指導を真剣なまなざしで聞いていました。
井上康生柔道・クリニック
井上康生柔道クリニック

井上康生柔道クリニック

中学生たちにとってはたいへん貴重な体験となったようです。
井上康生柔道クリニック
井上康生柔道クリニック
厳しさの中にも、ときおり見せる笑顔が素敵な井上康生さんでした。

リンク:スポーツ大会・スポーツ教室

このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る