本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

web版カメラびゅう平成30年2月分

 Web版カメラびゅうは、広報つばめでは紙面の都合上お伝え出来ないことや市内で行われているイベントの模様などをお伝えします。
(最終更新日:平成30年3月14日)
  • つばめ音声訳事業|七色の会3月定例会 地域振興課・社会福祉課事業(3月14日 水曜日)
  • 燕市視覚障がい者3月定例会 (3月11日 日曜日)
  • 元気まつり2018|つばめ元気かがやきポイント事業第2回抽選会 健康づくり課イベント(3月10日 土曜日)

お米とおいらんで春の燕市をPR!

平成30年2月28日(水曜日) JR燕三条駅  天候:晴れ

暖かさも日に日に増してきた2月の最終日、「春の燕市」をPRするイベントが行われました。
きららんのぬいぐるみとおいらん道中のチラシ

活動してくれたのは、分水北小学校5年生児童26人と、今年のおいらん役に決定した市内出身の金原美希さん(写真右側)です。
分水北小の5年生児童とおいらん役の集合写真

「つばめキッズファーム事業」の一環として子どもたちは昨年、学校の田んぼでお米を育てる農業体験を行いました。収穫したお米、名付けて「分北米(ぶんきたまい)」と、手作りの観光PRパンフレットを配ります。今日のために全員でアイデアを出し合い、一生懸命に作成しました。
お米と燕市の観光パンフレットを持つ笑顔の男の子2人
袋に入ったお米と手書きの説明書き

ターゲットは、東京方面から来た新幹線のお客さん。午前10時すぎの到着便から計3便、燕三条駅で降りたお客さんを狙います。
「私たちが作ったおいしいお米です!ぜひ食べてください!」
お米と観光パンフレットを配る児童たち

改札を出てすぐの、子どもたちからの突然のプレゼントに、お客さんもビックリ!外国の方にもしっかりPR。
お米と観光パンフレットを配る児童たち

事情がわかると皆さん喜んで受け取ってくれました。
「これあなたたちが育てたの?すごいねー!ありがとう!」という感謝の言葉も。


おいらん役の金原さんも「分水おいらん道中」のパンフレットと笑顔を振りまきます。
おいらん道中のチラシを配る今年のおいらん役の金原さん

50袋のお米を配り、活動は終了。
 
 
数日後…
お米を手にした県外のお客さんから、なんとお礼の手紙が学校に届きました!
お礼の手紙
神奈川県川崎市の女性からで、仕事で燕三条駅に初めて来たそうです。
「お米をみると疲れもふっとびました。あれから毎日、会社や集まりで燕の良さを宣伝しています」といった嬉しい文面と、分水北小学校の全校児童数である123本の鉛筆が贈られてきたそうです。

子どもたちの笑顔とお米のおいしさ、燕市の良さはしっかりお客さんに伝わりました!

おいらん道中のポスター
「分水おいらん道中」まであと一ヶ月。春が待ち遠しいですね。
 
「第76回 分水おいらん道中」の情報はこちら(外部リンク)
 

認知症サポーター ステップアップ講座 認知症の人との接し方について

平成30年2月27日 火曜日:午後 吉田公民館 天候:晴れ|くもり (長寿福祉課イベント)

 認知症サポーター養成講座で学んだことを深める・活動にいかすための講習会が吉田公民館で開催されました。
認知症ステップアップ講座
講師には社会福祉法人つばめ福祉会、グループホーム仲町の池田兼一さんをお迎えし、サポーター養成講座で学んだことのふりかえり、そして一歩進んだ「認知症の人との接し方」についてわかりやすい説明がありました。
認知症ステップアップ認知症ステップアップ
認知症の症状は、「中核症状」に加えて、性格素質と環境・心理状態等によってさまざまで、人によって異なるものだとのふりかえりが行わわれました。
また、認知症の人と接するときのきまり、「三つのない」を確認しました。

  1. おどろかせない
  2. いそがせない
  3. プライドを傷つけない

後ろから声をかけたりせず、相手の目線に合わせて(見下ろさないで)、おだやかに、はっきりと話す、などなどです。認知症ステップアップ
そして、今回の中・上級編では、中核症状をとりまく環境に着目し、原因をさぐり、それに沿った対処を考えるへと続きます。
また、非言語コミュニケーションの大切さと、ただ話すだけでは相手に通じない、意味は相手が決めることなので、相手にどう伝わるかが大切だということがわかってきます。
認知症ステップアップ
質疑応答コーナーでは、実際の経験をもとにした相談の質問などもあり、意義のある講習会となりました。
今回の参加者のみなさんは、グループホームでの入居者のみなさんと実際に交流会にも参加されることになっています。
次回のオレンジリンクカフェには、どなたでも参加できます。
3月17日土曜日 午後2時から午後4時 燕市役所4階スカイラウンジで開催されます。、


リンク:オレンジリングカフェ(長寿福祉課)

元気まつり2018 まつり実行委員会(元気まつりの準備会)

平成30年2月23日 金曜日:午後 燕市保健センター 天候:晴れ (健康づくり課イベント)

今年3月で満10歳を迎える「元気磨きたい」と、「保健推進委員」「食生活改善推進委員」の三つの市民団体が繰り広げる「元気の祭典」を成功させようと、4回目の実行委員会が燕市保健センターで開かれました。その時の様子をご紹介します。
まつり実行委員会第4回
(元気磨きたいのシャーベットオレンジ色のTシャツを着て会をすすめる職員)
まつり実行委員会第4回
テーマ別プロジェクトは、ほとんどが体験用ブースか部屋を使って来場者に元気磨きたい活動の体験をしてもらいます。その際に「何をするか」「ウリ、意気込み」をプロジェクトごとに確認し合います。
まつり実行委員会第4回
二年目のプロジェクト「HIP-HOPダンス」は、EXILEの銀河鉄道999を、軽やかなステップで踊るそうです。
まつり実行委員会第4回
男性メンバーをもっともっと呼び込もうと誕生した、その名も「男性も女性ももっと輝く会」は毎回童心にかえって遊ぶゲーム、主に公園めぐりをしながら子どもたちの触れ合う「ぽかパー」は、毎回本格的な道具を用意したゲームを考えますが、今回は「占いダーツ」だそうです。
テーマ別プロジェクトだけで18、登録プロジェクトを合わせると33あるプロジェクトの活動内容はさまざまです。
まつり当日に何をやるのか、みんなで共有します。
まつり実行委員会第4回
まつり実行委員会第4回
地域に元気の種まきをしている「保健推進委員協議会」のみなさんが取り組むこと、ウリはこちらです。健康すごろく、仮装de記念撮影です。写真にはありませんが、「すごろく」も手作りなのが、さすがです。
まつり実行委員会第4回
食生活改善推進委員のみなさんがすること、ウリはこちらです。燕市のテーマと言ってもいい、「減塩」アンケートや、糖分や塩分が食品に含まれている量を分かりやすく展示します。
まつり実行委員会第4回
各プロジェクトの発表・体験内容が分かったところで、みんなで当日まで産業会館に飾る大看板作りが始まりました。
まずは、折り紙に各自の手形を書き、切り抜き、それを大看板のに飾ります。
まつり実行委員会第4回
それを好きな場所に貼れば、ほら完成!
まつり実行委員会第4回まつり実行委員会第4回
まつり実行委員会第4回
今年の大看板、ちょっと黒いベースで、ちょっと大人のイメージでしょうか。
最後は、気合を入れ、「にこっち体操」を全員で踊ってのお開きとなりました。
まつり実行委員会第4回
リンク:元気まつり2018
リンク:つばめ元気かがやきポイント事業(同日開催)

地域の居場所つくり方講座 ~地域でこんな居場所やってます~

平成30年2月8日 木曜日:午後 燕市役所 天候:雪 (長寿福祉課イベント)

燕市では、住民主体による地域の居場所づくりの立ち上げや運営につながる実践的な講座を、平成28年11月から開催してきました。今回はそのフォローアップ講座ということで、実際に開設された二か所の活動発表が行われました。
地域の居場所づくり

  • 吉田東栄町「活き生きふれあい館」燕市シルバー人材センター 須田 由美さん

地域の居場所づくり
参加費:必要
活動内容:健康体操、小物つくり、健康麻雀、ゲーム、楽器演奏、などなど
良かったこと:自分の居場所ができた、仲間が増えた、話を聴いてもらえる、などなど
現在の課題:駐車場の確保、ご近所さんや男性の参加者が少ない、などなど
今後の抱負:広報活動、季節の行事、などなど

  • 学校町「みんなの茶の間」自治会長 西村 博さん

地域の居場所づくり
参加費:なし
活動内容:レインボー健康体操、カラオケ、茶話会、などなど
良かったこと:生きがいの実感、健康意識の見える化、などなど
現在の課題:男性の参加者が少ない、マンネリ化の防止、などなど
今後の抱負:体制の確立、地域の課題の把握と取り組み、などなど

活動報告のあとは、志賀誠治先生によるグループワークが予定されていましたが、この日も前日に引き続き大雪。すでに来燕はされていた志賀先生ですが、市内での移動ができずにご参加いただけませんでした。
地域の居場所づくり
活動報告を聞いて、印象に残ったこと、感じたことを話し合い、発表してもらいました。
地域の居場所づくり
大雪にもかかわらず、約30名の方々にご参加いただきました。ありがとうございました。

リンク:福祉

保健推進委員・食生活改善推進委員・元気磨きたい 合同研修会

平成30年2月7日 水曜日:午後 吉田産業会館 天候:雪

燕市の健康づくり活動を支えている三つの市民団体が一堂に会した合同研修会が、広島から講師として志賀誠治先生をお招きして開かれました。
合同研修会20180207合同研修会20180207
140名ちかくの事前参加申し込みがあったものの、この日の天候はあいにくの大雪。道路状況も悪く、参加者は予定の約半数となりました。
合同研修会20180207
それでもこの大雪の中、約70名が参加となりました。会場内は外の世界とは真逆の、熱気であふれていていました。三団体の健康づくりへの意欲、熱意、愛が感じられます。
合同研修会20180207
前日には来燕されていた志賀先生ですが、大雪のため道路が大渋滞で、市内を移動するのに2時間以上もかかったうえ、産業会館の駐車場で、雪のため車が動けなくなったそうです。
合同研修会20180207
そんな影の心労をみじんも感じさせない先生の講義は、いつもどおりに始まります。
今回のテーマは、「無理なく、ふだんの生活の中に健康を保持増進する秘訣」です。
燕市健康増進計画が目指している健康づくりや、クリアしなければならない健康課題をひとりひとりに気づいてもらうこと、そのためにおススメしたいことが発表され、三団体で確認し合いました。
合同研修会20180207
グループごとに分かれ、「はじめまして」のご挨拶から。そして、グループごとに意見や感想を出し合います。
合同研修会20180207
燕市の健康課題が見えてきます。
(1)男女ともにメタボの割合が国・県の平均より高いこと
(2)脳梗塞・脳出血・心筋梗塞での死亡割合が国・県の平均より高いこと
(3)地域や人とのつながりが希薄になっていること
などなどです。そして、それらを解消するために、個人個人でできることはないのか、さらに話は続いていきます。
合同研修会20180207
そして、完成間近なのが「つばめ健康○○○」です。第3次健康増進計画(策定中)と一緒に、4月にはお披露目となる予定ですので、しばらくお待ちください。
むずかしい会議の最後は、元気磨きたいの「にこっち体操」プロジェクトが考えた健康体操、その名も「にこっち体操」を参加者で踊ってのお開きとなりました。大雪の中集まってくださったみなさん、ほんとうにありがとうございました。
保推食推元気磨きたい合同研修会
元気まつり2018で、にこっち体操ほか、「元気磨きたい」「保健推進委員協議会」「食生活改善推進委員協議会」による元気の祭典を体験することができます。

リンク:元気磨きたい
リンク:つばめ元気かがやきポイント事業
リンク:第2次燕市健康増進計画
リンク:広報つばめ平成29年8月1日号(PDF版|メタボ特集)

第5回つばめっ子かるた大会

平成30年2月4日 日曜日 燕市体育センター柔道場 天候:雪

すっかり恒例となりました「つばめっ子かるた大会」。5回目を迎えた今回は、過去最多の105組315人の参加がありました。
第5回つばめっ子かるた大会
午前は、幼児・小学生低学年(1年生~2年生)の部。堂々とした選手宣誓がありました。
第5回つばめっ子かるた大会
こちらも恒例の市長・教育長・担当課長組の参加です。
子どもたちの忖度(そんたく)なのか、実力なのか、恒例の惨敗です。
第5回つばめっ子かるた大会
市長チーム以外の各所では熱戦が繰り広げられました。
第5回つばめっ子かるた大会
第5回つばめっ子かるた大会
第1位~3位の皆さん。おめでとうございます。
第5回つばめっ子かるた大会

午後は、小学校中・高学年(3年生~6年生)の部。こちらも堂々とした選手宣誓。
第5回つばめっ子かるた大会
さすがは中高学年。札へと伸びる手のスピードがすごいです。
第5回つばめっ子かるた大会
第5回つばめっ子かるた大会
第1位~3位の皆さん。おめでとうございます。
第5回つばめっ子かるた大会
まだ文字を読めない園児も参加できる「つばめっ子かるた大会」。会場には熱気はもちろん、郷土愛もたくさんあふれているようでした。

このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る