本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

下町ロケット(撮影情報)

撮影情報

​平成30年11月16日(金曜日)
11月23日(祝・金)~25日(日曜)実施の燕市ロケにあわせて、豪華俳優陣によるファンイベントの開催が決定!まだまだエキストラ募集中です。みんなで参加して”下町ロケット”を楽しみましょう!
エキストラの申し込みはTBSホームページのフォームから直接お願いします。
リンク:TBS-ボランティア・エキストラ募集のページ(外部ページ)


平成30年11月6日(火曜日)
燕市役所では、関係部署の職員が「下町ロケットジャンパー」を着てPRしています。
公用車にも「下町ロケットステッカー」を貼って走ってます。
ジャンパーは帝国重工を意識したわけではありませんよ。




平成30年11月5日(月曜日)
下町ロケット第4話。
佃社長と殿さんの関係はステキですね。
殿さんの田んぼはこんなところです。
また、燕市ロケの際は、地元のかあちゃんやお店の皆さんが地元食材や燕製品をつかって、愛をこめて賄いをつくっています。
演者さんやスタッフさんの活力になれば嬉しいです。




平成30年10月31日(水曜日)

燕市内の企業がダンボールでトラクターをつくっちゃいました。
下町ロケットに登場するトラクターと同じ形で、なんと総重量170kg!
もちろん乗れます! 道の駅国上で展示してますので、遊びに来てください。
燕三条地場産センターでも、11月中旬から展示予定です。
これは映えます!

関連リンク:道の駅国上(外部リンク)
関連リンク:燕三条地場産業振興センター(外部リンク)





平成30年10月30日(火曜日)
第3話の田植えのシーン。皆さん、実際に素足で田んぼに入りました! この後、阿部さんと尾上さんは・・・
スタッフの皆さんもおつかれさまでした。
ちなみに、新潟県人でも素足で田んぼに入ったことがある人は少数派です。






平成30年10月29日(月曜日)

第3話ご覧になりましたか?
燕市にすごいメンバーが来てましたね。
燕の玄関口「燕三条駅」でもロケが行われました。エキストラの皆さんもありがとうございました。



平成30年10月22日(月曜日)
第2話も熱かったですね~
燕市はあんまり映りませんでしたが、殿さんと稲本さんのシーンは燕市内の居酒屋さんで撮影されました。
エキストラの皆さんもありがとうございました。
そして、第3話の予告には、燕市の様子が・・・
そうです!豪華キャストが燕市で撮影した様子がたくさん映ります!
ギアゴーストの伊丹社長と島津副社長もついに燕に登場です。
立花さんと加納さんと一緒にBSNの取材を受けました。
皆さんの後ろに国上山が写ってるなんて、感慨深いです。





平成30年10月15日(月曜日)
ついに放送が始まりました!第1話ご覧になりましたか?
燕市がいっぱい映りましたね!殿さんの実家のシーン、背景で広報つばめ10月号もチラッと出てました。気づきましたか?
ドラマ内で佃社長さんたちに振る舞われ、絶賛された燕市産コシヒカリのおにぎり。
燕市のブランド米「飛燕舞(ひえんまい)」を使用したおにぎりは「道の駅国上」で食べられますよ。
リンク:道の駅国上(外部ページ)





平成30年10月12日(金曜日)
道の駅国上と燕三条地場産センターに大型パネルを設置しました。
ぜひ写真を撮りにお出かけください。
いよいよ放送開始まであと2日です!



平成30年9月29日(土曜日)~
燕市でのロケが始まりました。
主演の阿部寛さんらが参加し、燕市長も差し入れを持って、激励に伺いました。
2日目のロケのお弁当は、地元の農村地域生活アドバイザーの皆さんが調理。
演者さんやスタッフの皆さんに振る舞われ、大好評でした!





平成30年9月28日(金曜日)
いよいよ明日から、燕市での撮影がスタートします!
本日は、TBSの峠田プロデューサーが市役所を訪れ、市長と面会されました。
総勢70名のスタッフが燕市に入り撮影する予定です。
天気が心配ですが、燕の美しい風景が全国に伝わりますように。



平成30年9月11日(火曜日)
9月6日に続いて、BSN(新潟放送)の撮影チームが「下町ロケット」の番組宣伝のCM撮影を行いました。
今日は燕市内の農家さん達が出演し、晴天のもと、稲刈り直前の田んぼの前で元気よく収録しました。
9月末からの放送が楽しみです。



平成30年9月6日(木曜日)
BSN(新潟放送)の撮影チームが「下町ロケット」の番組宣伝CMの撮影を行いました。
本日は、燕市内の6つの事業所・工場で従業員が出演。
来週も収録があるそうです。
番組宣伝CMは、BSNで9月末から放送予定です。



平成30年9月4日(火曜日)
助監督の松木さんと制作管理の須田さんが燕市を訪れました。
この日は燕市・燕三条フィルムコミッションの担当者と今後について打ち合わせ。
ロケ地の関係者にあいさつ回りも行いました。
燕市には約60人のスタッフが訪れる予定。そして、燕市に来る俳優陣は7人程度だそうです。公表はもう少し待ってください。



平成30年8月23日(木曜日)
燕市での撮影がいよいよ始まりました。
早朝から、演出担当の田中さん、制作担当の石渡さん、そしてカメラマンさんが燕市の美しい田園風景と朝焼けの様子を撮影。
この映像は何話で登場するのか?
そして、燕に来る演者さんは果たして誰なのか!?
 
このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る