本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

TBS系日曜劇場「グランメゾン東京」

燕市のカトラリーも三ツ星!
TBS系日曜劇場「グランメゾン東京」で燕市のカトラリーが使われています

 10月20日から放送スタートしたTBS系日曜劇場「グランメゾン東京」。主人公のシェフが“三ツ星レストラン”を目指す物語です。
 燕市産カトラリーのデザイン・品質が評価され、4話(11月10日放送)から、主人公のレストランの小道具として使用されています。5話以降も映るかもしれません。

レストランの様子カトラリーの写真
【お店のテーブルにセットされたカトラリー】

 今回使用されているカトラリーは、高級レストランでの使用を考えた伝統的な形状で風格を感じさせるデザインとなっています。また、少しあらたまった家庭での使用も考え、カトラリーの首に立体的な変化をつけモダンな部分を付け加えています。これにより、全体として“古さと新しさ” を感じさせるデザインになっています。
 そして何より、一流カトラリーの材料の代名詞「洋白銀器(銅、ニッケルおよび亜鉛の合金の上から銀メッキを施した金属)」から作られています。一般的なカトラリーの材料「ステンレス(鉄およびクロムの合金)」と比べて鉄臭さ(金属臭)が少ないため、料理そのものの味、香りを楽しむことができます。また、カトラリーに光を当てると、美しい白い輝き(反射)を放ちます。シンプルなデザインながら美しい輝きを放つカトラリーは、今回のドラマ内で主役の料理の雰囲気を邪魔せず、しっかりとした存在感がある、まさに名脇役です。

第4話で使用されたカトラリー
【第4話で使用されたカトラリー】

 市では、この番組での放送を契機にホームページやTwitterなどで市のカトラリー情報を発信し、「ものづくりのまち」のブランド力向上に努めます。
 

燕市産カトラリーは「ふるさと納税」をチェック!

 「グランメゾン東京」に認められたカトラリーと同様に、優れたデザイン・品質を有する燕市産カトラリーは、燕市ふるさと納税をチェック!!
 また「燕のおもてなしプロジェクト」として、燕市産カトラリーの魅力を世界へ発信するために誕生した限定カトラリーはこちらから
 燕市を応援いただいた方に「職人の技」でお返しします。
 

リンク

日曜劇場『グランメゾン東京』|TBSテレビ(外部ページ)
 
このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る