本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

広報つばめ 平成30年7月1日号 健康・福祉に関するもの

子宮がん検診(燕・吉田地区)

■とき・ところ ◎7月17日 火曜日 ・18日 水曜日 …燕市保健センター/◎7月26日 木曜日 ・27日 金曜日 …中央公民館
■受付時間 午前9時~10時、午後1時~2時
■対象 20歳以上の女性
■持ち物 受診票・個人記録票 
■負担金 700円(65歳以上の人は無料) 
※次の世帯の人は事前申請で個人負担金免除 
(1)生活保護世帯 (2)4月1日現在で平成29年度市民税非課税世帯
■その他 「つばめ元気かがやきポイント事業」5ポイントメニュー  
■申込・問合せ 健康づくり課 健康推進係 電話0256・77・8182

燕市国民健康保険節薬バッグ配布

■残薬対策に「節薬バッグ」!
 燕市国民健康保険では燕市医師会、燕薬剤師会と連携し、医療費の節約・削減、残薬の誤飲や不適切服薬による副作用の防止につなげるため、残薬対策事業を開始し対象者に「節薬バッグ」を配布します。
 なお、県内自治体では初めての取り組みであり、県薬剤師会および県央薬剤師会の協力も得ています。
■対象 50歳以上で、1カ月に4剤以上処方(内服薬として長期処方)している燕市国保加入者
■利用方法 飲み残しや使いきれなかった薬(残薬)がある場合に、お薬手帳とともに「節薬バッグ」に入れて調剤薬局などに持参します。薬局では、残薬の量や使用期限を確認し、再利用できる場合は医師に連絡し、今後の処方量の調整を進めます。 
■配布時期 7月上旬(対象者へ郵送)
■問合せ 保険年金課 国保係 電話0256・77・8132

はじめよう! 自分らしい健康づくり 誰でもできる健康づくりを提案します

『つばめ健康3つのススメ』
◎ススメその1 夕食後2時間ダイエット
夕食は就寝2時間前までに、ゆっくりかんで、ゆっくり食べる。消化・吸収よし! これぞダイエットの近道!
どうしても夕食が遅くなるときは…
・野菜やきのこなどを使って低カロリーメニューに工夫
・夕方におにぎりなどを食べて夕食は軽めに
◎ススメその2 まめ・ちょこ生活
こまめに動く、ちょこちょこ動く。いつでも、どこでも、だれでもできる。気付けば足腰丈夫でマメになる。「まめ・ちょこ」積もれば大変身!
私のまめ・ちょこはこれ!
・レジの待ち時間は足踏みや片足立ち
・カートより買い物かごを使って筋力アップ
◎ススメその3 みんなでつける「ポイント手帳」
つながるきっかけ、ひろがるきっかけ、「ポイント手帳」。毎日つけて景品もらおう!みんなでつけて笑顔になろう!
・日記代わりにつけてます。
・「健康メモ」は健康づくりに役立つ内容がいっぱい!
燕市では「いつまでも元気でいたい!」の願いをもとに、第3次燕市健康増進計画を作成し、健康づくり活動を推進しています。
■問合せ 燕市保健センター 電話0256・93・5461
このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る