本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

「初めての冬に備える講習会」を開催しました

 雪道を運転するための知識を学ぶことや移住者の受入後のフォローを行うことを目的として、雪道運転のアドバイスやタイヤ交換の体験等を行う講習会を開催しました。

開催概要


◆日時 11月14日 土曜 午後1時~午後3時        
◆会場 燕市役所つばめホールおよび思いやり駐車場
◆対象 県外から燕市に移住した人
◆協力 元燕市地域おこし協力隊   
◆内容
 (1)座学:雪道運転の事前準備とアドバイス、用品の使い方
 (2)実技:タイヤ交換の体験、エンジンルームの点検など
 (3)交流会:参加者同士の悩みの共有や情報交換
◆定員 15人
◆参加費 無料

開催の様子

当日は、13名の方からご参加いただきました。

(1)座学:雪道運転の事前準備とアドバイス、用品の使い方
市内事業者の方から、冬を迎えるにあたり必要となる道具の説明や注意すべきの雪道の状況、運転方法などを学びました。参加者からは、予想していたよりも必要な準備が多いことや、事故が起こりやすい場所の解説を聞いて安心したといった感想がありました。





元燕市地域おこし協力隊のお二人からも協力いただき、移住者の先輩として、冬に備えての準備や気を付けていることなど、2018年の大雪の経験を踏まえて語っていただきました。


(2)実技:タイヤ交換の体験、エンジンルームの点検など
車のジャッキアップの方法やホイールナットの緩め方などの説明の後、タイヤ交換の体験を行いました。学科の少し緊張した時間とはうってかわって、和やかな雰囲気の中で体験が行われました。参加者からは、タイヤ交換やエンジンルームの説明を受けながら、実際に雪道を運転することを想像することができたのか、いくつかの質問が出ていました。




(3)交流会:参加者同士の悩みの共有や情報交換
全体で3つの班に分かれて、自己紹介や講習会の感想、お互いの出身地の冬の状況を紹介しあうなどしました。移住者ならではの時間を共有することができ、満足度も高かったようです。




◎参加者の声
・これまで冬の運転をしたことがなかったので分からなかったが、雪が降る前に必要な準備がこんなにたくさんあることに驚いた。
・備えに自信が持てずにいたので、必要な道具を紹介いただき安心することができました。
・タイヤの付け替えはほとんど気にせず自己流でやっていたのですが、正しい方法を学ぶことができてよかったです。
・事前の準備や運転方法などは分かっていたようで知らないことが多かったので、助かりました。
このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課交流推進係

電話番号:0256-77-8364

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る