本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

広報つばめ 2020年6月1日号 健康・福祉に関するもの

児童手当 支払のご案内6月期(2月~5月分)

■支払日 6月10日 水曜日

届出内容に変更があった場合、手続きが必要です。詳しくはお問い合わせください。
■児童手当の現況届を忘れずに

手続きを忘れると、6月分以降の手当が受けられなくなる場合があります。

また、例年市役所にて申請受付を行っていましたが、新型コロナウイルス感染症対策として、郵送での対応となります。

■郵送時期 6月中旬
申込 6月30 日曜日 火曜日 までに、同封の返信用封筒にて必要書類を返送ください。

問合せ 社会福祉課児童福祉係 電話0256・77・8186

「トリプルスリー」参加者募集

3カ月で3kg痩せて、3カ月維持にチャレンジ!

とき 令和3年3月31日 水曜日 まで

対象 おおむね74歳以下の市民で、痩せて健診データを改善したい人・もっと健康になりたい人

内用 特製ダイエット日誌による体重セルフチェック(朝食前と夕食後)

その他 期間中は保健師や栄養士のサポートあり

申込 9月30日 水曜日 まで

問合せ 保健センター 電話0256・93・5461

子育て世帯への臨時特別給付金を支給します

新型コロナウイルス感染症の影響を受けている子育て世帯の生活を支援するため、児童手当(特例給付除く)を受給する世帯(0 歳~中学生のいる世帯)に対し、臨時特別給付金を給付します。

※対象者へ案内郵送済み

■対象児童 児童手当令和2年4月分の対象であり、令和2年3月 31 日までに生まれた児童(3月分の対象であり、4月からの新高校 1 年生含む)

■対象者 令和2年4月分(3月分を含む)児童手当受給者

■金額 児童1人につき 1 万円

■支給市町村 令和2年3月 31 日時点での居住市町村(新高校1年生は2月 29 日時点)

■支給日 6月 10 日 水曜日  ※公務員を除く

■申請方法 申請する必要はありませんが、受給を希望しない、または口座の変更などがある場合は届け出が必要です。

※公務員の人は、各所属庁から配付される申請書を担当窓口へ提出してください。

問合せ 社会福祉課 児童福祉係 電話 0256・77・8186

「燕市子育てアプリ はぐはぐ」(「母子手帳アプリ 母子モ」の燕市版)の配信を6月1日からスタートします

妊娠中の健康記録や子どもの成長記録・予防接種のスケジュール管理、市からのお知らせやイベント情報の取得などができるアプリです。地域や家族とのつながりの中で、誰もが安心して妊娠・出産・子育てできるよう支援します。登録は無料です。ぜひご活用ください。

アプリストアからダウンロードして簡単登録!(アプリ版)


■利用手順

(1)「母子手帳アプリ 母子モ(ボシモ)」をダウンロード


「母子モ」で検索または二次元コードからダウンロード


(2)プロフィール登録でお住まいの地域の郵便番号を入力


ホームページにアクセスして簡単登録!(Web 版)


■利用手順

(1) URL(https://www.mchh.jp)を入力してホームページにアクセス
(2)会員登録・ログインはこちらから登録



7月 31 日 金曜日 をもって「子育てつばめ~ル」の配信を終了します。
ぜひ、「母子手帳アプリ 母子モ」にご登録ください。
「防災つばめ~ル」は引き続き変更なくご利用いただけます。

問合せ 子育て支援課 総務企画係 電話 0256・77・8225

「完全予約制時間割」での健(検)診の予約は終了しました

広報つばめ5月1日号 12 ページでご案内した『「完全予約制時間割」での健(検)診』は、好評につき定員に達しましたので、予約を終了しました。

次の健(検)診については、現在検討中です。体制が整い次第、広報つばめや市ホームページなどでお知らせします。

問合せ 健康づくり課 健康推進係 電話 0256・77・8182

新型コロナウイルス感染症の相談・受診の目安が変わりました~

「37.5 度以上の発熱が4日以上」がなくなりました ~


■帰国者・接触者相談センターに相談する目安

○次のいずれかに該当する場合は、すぐに相談してください(これらに該当しない場合の相談も可能です)

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある場合

・重症化しやすい高齢者や、糖尿病・心不全・呼吸器疾患等の基礎疾患がある人、透析を受けている人などは、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

・上記以外の人で、発熱や咳など比較的軽い風邪 の症状が続く場合

※症状が4日以上続く場合は必ず相談してください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合には、すぐに相談してください。

■医療機関にかかるときのお願い

複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例があります。複数の医療機関を受診することは控えてください。

■帰国者・接触者相談センター 三条保健所 電話 0256・36・2362

(平日:午前 8 時 30 分~午後5時 15 分、土・日曜日・祝日:午前9時~午後5時)

※夜間緊急の場合:三条保健所 電話 0256・36・2330
このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る