本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

web版カメラびゅう (平成27年12月)

夢ちいき県央塾「住みたくなるまちへ」

平成27年12月22日(火曜日) 市役所・つばめホール 

今回は、夢ちいき県央塾実行委員会(燕市・三条市・弥彦村・田上町・新潟経営大学・新潟日報社・新潟三条地域振興局)の主催で行われた、夢ちいき県央塾「住みたくなるまちへ」の様子をご紹介します。

このイベントは、県央地区で活躍している「地域おこし協力隊(※)」のお二人から出演いただき、開催されました。

※地域おこし協力隊とは・・・都市地域から過疎地域等の条件不利地域に住民票を移動し、生活の拠点を移した者を、地方公共団体が「地域おこし協力隊員」として委嘱。隊員は、一定期間、地域に居住して、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこし支援や、農林水産業への従事、住民の生活支援など「地域協力活動」を行いながら、その地域への定住・定着を図る取り組み。

夢ちいき県央塾(1)

夢ちいき県央塾(2)


コーディネーターは、新潟経営大学の中島純教授(神奈川県出身・埼玉県より移住)と
パネリストは、三条市地域おこし協力隊の会津泰成さん(長野県出身・神奈川県より移住)・燕市地域おこし協力隊の伊藤正嗣さん(神奈川県出身・同県より移住)で行われました。

テーマは、「住んでみて感じる県央の魅力」ということで、県央地区の魅力や地域外から県央地区にやってきて、どのように感じたかなど、お話をいただきました。

夢ちいき県央塾(3)

夢ちいき県央塾(4)

当日は、会場は満席状態で、多くの方が来られました。

夢ちいき県央塾(5)

地元の魅力を改めて発見できた、有意義な時間となったようでした。

男性の料理教室~男子厨房に入りま専科~

平成27年12月18日(金曜日) 吉田保健センター

今回は、吉田保健センターで行われた「男性の料理教室~男子厨房に入りま専科~」の様子をご紹介します。

今回作る料理は、きりあえ、のっぺ、チキンロール、酢レンコン、豆腐だんごの黒蜜かけです。

とってもおいしそうなメニューですね。
さっそく調理開始です。

男性の料理教室(1)

男性の料理教室(2)

皆さん真剣な表情です。
慣れた手つきでテキパキと調理が進んでいきます。

男性の料理教室(3)

男性の料理教室(4)

皆さん笑顔で調理を進めていきました。

男性の料理教室(5)

日々の健康は、やっぱり毎日の食事が大切ですね。
バランスの良い食生活を心がけましょう。

今宵サミット

平成27年12月5日(土曜日)~6日(日曜日) 燕三条地場産業振興センターほか

今回は、つばめ若者会議主催で行われた「今宵サミット」についてお伝えします。

今宵サミットとは、全国各地から地域づくりに取り組むみなさんが新潟県燕市に集まって、各地域の事例を共有したり意見交換などをとおして交流を深め、地域間の連携を図る目的で開催されました。

参加者のみなさんは、ここで出会った「ヒト・モノ・コト」を今後の取り組みに役立つヒントとして持ち帰り、これからも皆さんの取り組みが「しあわせな人を増やすアクション」となっていくことを願って開催されました。

今宵サミットには、全国から(※9都市・3団体)多くの皆さんが参加しました。
※群馬県富岡市、愛知県長久手市、広島県福山市、香川県観音寺市、愛媛県宇和島市、宮崎県延岡市、新潟県長岡市、新潟県十日町市、新潟県佐渡市、studio-L、東北芸術工科大学、山形県青年の家

【一日目】
オリエンテーションの後、参加各地域の事例発表や分科会、懇親会などが行われました。

今宵サミット(1)

今宵サミット(2)

今宵サミット(3)

今宵サミット(4)

【二日目】
二日目は、テレビなどの各メディアなどで活躍している「山崎亮さん(studio-L)」と「つばめ若者会議メンバー」とのパネルディスカッションも行われました。
とても活発な意見が交わされました。

今宵サミット(5)

二日間、全国の仲間ととても有意義な時間を過ごすことができました。

今宵サミット(6)
 
※つばめ若者会議についてはこちらをクリック(外部リンクで開きます)
http://tsubame-wakamono.com/

過去のWeb版かめらびゅう(平成26年2月~)

過去のWeb版カメラびゅうのデータはこちらからご覧いただけます。
 を
このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る