本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

web版カメラびゅう(平成26年7月)

Web版カメラびゅうは、広報つばめでは紙面の都合上お伝え出来ないことや市内で行われているイベントの模様などをお伝えします。

成三先生の理科実験

平成26年7月31日(木曜日) 吉田児童センター 天候:晴れ     

今回は、7月31日(木曜日)に「吉田児童センター」行われた「成三先生の理科実験」の様子をご紹介します。

成三先生の理科実験(1)

今回は「翼が動く飛行機」を先生指導ものと作りました。

成三先生の理科実験(2)

みなさん一つ一つ部品を組み合わせて、一生懸命作っています。

成三先生の理科実験(3)

飛行機の形になってきました。
よく飛ぶように先生から調整をしてもらっています。
  
成三先生の理科実験(4)

飛行機が完成し、みんなで飛ばしました。

成三先生の理科実験(5)

とても有意義な理科教室になったようです。
夏休みも中盤にさしかかってきました。
楽しい 夏休みを過ごしてくださいね!
 

すいかわり

平成26年7月30日(水曜日) 燕北幼稚園 天候:晴れ     

今回は、7月30日(水曜日)に「燕北幼稚園」行われた「すいかわり」の様子をご紹介します。

すいかわり(1)

当日は、猛暑日で日差しも強く、最高の「すいかわり」日和となりました。

すいかわり(2)

先生から「すいかわり」のルールを教えてもらっています。
みなさん真剣そのものです。

すいかわり(3)

いよいよ「すいかわり」の開始です!

「そっちじゃないよ~」「もう少し前~」「右だよ!右~!!」
などの元気な声があちこちから聞こえました。
  
すいかわり(4)

みんなで順番に目隠しをして、すいかわりに挑戦!

すいかわり(5)

見事にヒット!

すいかわり(6)

ヒビが入ってきました。
もう少しで割れそうです。

すいかわり(7)

最後はみんなで割ったすいかを食べました。
皆さんとても楽しい「すいかわり」となったようです。

暑い夏はまだまだ続きます。
少しでも涼しく過ごしたいものですね。
 

燕大花火大会

平成26年7月27日(日曜日) 燕市役所庁舎南側 天候:晴れ     

今回は、7月27日(日曜日)に開催された「燕大花火大会」の様子をご紹介します。
今年の花火大会は、これまでの大河津分水路から市役所庁舎南側に場所を移して行われました。

燕大花火大会(1)

燕大花火大会(2)

打ち上げの数時間前から場所取りが始まっていました。

燕大花火大会(3)

ミニコンサートが行われたり・・・

燕大花火大会(4)

模擬店も出店するなどして、打ち上げ前から会場は盛り上がっていました。

そして・・・、いよいよ午後8時。
打ち上げ開始です。

市役所庁舎から打ち上げ場所までは、目立った障害物も無く、迫力ある花火を見ることができました。
  
燕大花火大会(5)

燕大花火大会(6)

燕大花火大会(7)

燕大花火大会(9)

燕大花火大会(10)

燕大花火大会(11)

燕大花火大会(12)

花火の打ち上げは、午後9時まで行われました。
あっという間の1時間でした。

スターマインが打ち上がると、観客の皆さんからは歓声や拍手が聞こえ、夜空を彩る花火を楽しんでいました。

燕大花火大会は、多数のご協賛のもと開催されました。感謝申し上げます。

 

姉妹都市交流(アメリカ合衆国ミシガン州ダンディー村)

平成26年7月22日(火曜日) 燕市役所 天候:晴れ     

今回は、姉妹都市交流(アメリカ合衆国ミシガン州ダンディー村)の表敬訪問の様子をご紹介します。

7月14日~29日まで燕市の姉妹都市であるダンディー村の使節団が燕市を訪れています。

ダンディー村は、アメリカ合衆国の東北部、五大湖の一つエリー湖の西側にある人口4,000人、面積9平方キロメートルの村です。
自動車工業で有名なデトロイト市までは50キロメートルのところにあります。

ダンディー村と燕市は、毎年、使節団が行き来しており、今年はダンディー村の使節団が燕市に来ています。

姉妹都市交流(2)

表敬訪問では、練習した日本語で挨拶をしていただきました。

姉妹都市交流(3)

姉妹都市交流(4)

吉田まつりにも参加する予定とのことで、ハッピを試着しました。
とても似合っています。
  
姉妹都市交流(5)

滞在期間は、7月29日までとなっています。
燕市の企業や学校などの訪問や、茶道体験もしたそうです。

日本滞在もあと少しとなりました、有意義な時間を過ごしてください。

姉妹都市ダンディー村についてはこちら→姉妹都市ダンディー村
国際交流事業についてはこちら→燕市の国際交流事業

 

小学校プール教室

吉田小学校・ほか市内各小学校   

7月上旬から市内の各小学校で行われている「プール教室」の様子をご紹介します。

今回取材におじゃましたのは、吉田小学校です。
元気いっぱいの一年生の教室を取材してきました。

プール教室(1)

入水前にシャワーを浴びるところから、子どもたちの元気な声が聞こえてきます。

プール教室(2)

取材当日は、少し雲がかかっていましたが、気温も上がり、絶好のプール教室びよりとなりました。

そして今回は広報係での初めての試み、水中カメラを使って、取材をしました。

プール教室(3)

プール教室(4)

水中では、普段と違った写真が撮れました。
まもなく発行される広報つばめ8月1日号の表紙にも水中で撮影した写真を使っていますので、お楽しみに!
  
プール教室(5)

皆さん、とても楽しいプール教室となったようでした。
 

防災リーダー養成講座 ステップ4(最終回)

平成26年7月12日(土曜日) 分水公民館 天候:くもり  

今回は「防災リーダー養成講座」のステップ4の様子をご紹介します。

5月31日から始まりました平成26年度の「防災リーダー養成講座」もいよいよ最終回。今年度は「地域の防災マップづくりの手法」をメインに学んできました。

防災リーダー養成講座 シリーズ4(1)

災害には、日頃からの備えが重要です。その一環として「自分の地域を知る」ことが災害対策の第一歩。

前回の現場検証でわかった「自分の地域の強いところ・弱いところ」等を図面に書き込んでいきます。

防災リーダー養成講座 シリーズ4(2)

色塗りなどして、危険箇所がどこか一目でわかるようになりました。手書きとは思えないほどの出来映えです。

防災リーダー養成講座 シリーズ4(3)

最後は、各班でまとめた結果を発表していただきました。同じ検証現場でも各班でそれぞれの意見があり、さまざまな発見があったようです。

防災リーダー養成講座 シリーズ4(4)

この講座では、防災マップづくりの手法を学びました。実際にはこれから自分の地域の防災マップを作成しなければ意味はありません。

また、防災マップは作成したら終わりではなく、実行性のあるマップ・計画にするためには、地域住民への周知や、地域との信頼関係がとても大切なことを教えていただきました。
  
防災リーダー養成講座 シリーズ4(5)

防災リーダ養成講座受講生のみなさん長い間大変おつかれさました。これで、今年度の講座は終了になりますが、各地域での防災リーダーとしてご活躍されることを期待しています。

防災リーダー養成講座 シリーズ4(6)

 

燕弥彦地域在宅医療連携協議会 第1回研修会

平成26年7月5日(土曜日) 吉田産業会館 天候:晴れ  

今回は7月5日に吉田産業会館で行われた「燕弥彦地域在宅医療連携協議会 第1回研修会」の様子をご紹介します。
 
「燕弥彦地域在宅医療連携協議会」は、昨年の11月に、市町村、医師会、歯科医師会、薬剤師会、栄養士会、地域包括支援センター、介護事業者、病院などを構成メンバーとして新潟県により設立されました。

市町村をはじめとする関係機関が「顔の見える関係」を構築し、在宅医療の充実について協議・検討することを目的としています。

今回の研修会は、燕弥彦地域で在宅医療や在宅ケアに従事している医師、歯科医師、薬剤師、看護師、介護支援専門員などの皆さんから参加いただきました。

在宅介護研修会(1)

当日は、各分野から100名を超える皆さんが参加しました。

在宅介護研修会(2)

シンポジストは5人の皆さんです。
在宅医療や在宅ケアにかかわる医師、歯科医師、看護師、介護支援専門員、それぞれの分野から、現在の課題やこれからの展望などのお話がありました。

在宅介護研修会(3)

在宅介護研修会(4)
  
在宅介護研修会(5)

シンポジスト皆さんのお話の中で、高齢化社会の進展に伴い、在宅介護については避けては通れない問題で、各分野で協力・連携していくことが大切であるとのことでありました。

●在宅福祉サービス事業のお知らせ
市では、高齢者の皆さんが住み慣れた地域の中で、健やかに快適な暮らしができるよう、いろいろな介護や支援を受ける人にあった「在宅福祉サービス事業」を行っています。詳しくはこちらをクリック→高齢者福祉
 

燕市消防演習

平成26年7月6日(日曜日) 燕市役所 天候:晴れ  

今回は7月6日に燕市役所で行われた「燕市消防演習」の様子をご紹介します。
 
この消防演習ですが、これまで燕・弥彦総合事務組合の消防本部(吉田浜首)で行われていましたが、今回は、燕市役所の駐車場を利用して開催されました。

朝早くから、市内の消防団の皆さんが集まり、日々の練習や訓練の成果を披露しました。

消防演習(1)

消防演習(2)

びしっと隊列が整っています。
何とも言えない緊張感が感じられます。

消防演習(3)

ポンプ操法の様子です。
テキパキと確実に作業を行い、放水を行います。

消防演習(4)

恒例となったちびっこ消防隊です。

これまでは、市内で一校のみでありましたが
今回は、燕・吉田・分水地区からそれぞれ一校ずつ参加いただき
計12名のちびっこ消防隊を任命しました。
  
消防演習(5)

自動車事故を想定した救助訓練や・・・

消防演習(7)

新潟県の防災ヘリも訪れ、救助訓練が行われました。

消防演習(8)

最後は、消防団の各分団による一斉放水で締めくくりました。

「災害は忘れたころにやってくる」と言われますが、近年は災害が各地で頻発しており、「忘れる前にやってくる」といったほうが良いのかもしれません。災害への備えは万全にしておきましょう。

また、消防団の皆さんの努力のおかげで私たちの生活が守られています。
日々の地道な訓練や活動に感謝申し上げます。

 

過去のWeb版かめらびゅう(平成26年2月~)

過去のWeb版カメラびゅうのデータはこちらからご覧いただけます。
 を
このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る