本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

web版カメラびゅう(平成26年3月)

 Web版カメラびゅうは、広報つばめでは紙面の都合上お伝え出来ないことや市内で行われているイベントの模様などをお伝えします。

福島県南相馬燕会 桜苗木植樹式

平成26年3月29日(土曜日) 燕市役所  天候:晴れ

南相馬桜植樹式(1)

少し前の話題になりますが、「南相馬燕会 桜苗木植樹式」の様子をご紹介します。

「南相馬燕会」とは、東日本大震災によって燕市に避難されていた皆さんが、地元に帰郷され有志で結成されました。会員数は約140名にも及びます。

今回は「南相馬燕会」から桜の苗木を燕市との絆の象徴として寄贈していただくこととなり、植樹式が行われました。

南相馬桜植樹式(2)

南相馬桜植樹式(3)

当日は、南相馬市からたくさんの会員の皆さんが来燕されました。
燕市で避難所の運営に携わったボランティアの皆さんも参加し、久しぶりの再会を喜ぶ声があちらこちらで聞こえました。

南相馬桜植樹式(4)

南相馬市の桜井市長も一緒に来燕され、植樹を行っていただきました。

南相馬桜植樹式(5)

南相馬桜植樹式(6)

南相馬市植樹式(7)

寄贈された桜は、「福光(ふっこう)桜」と名づけられました。
この名前には、「福が永遠に光輝きますように」という意味が込められているそうです。

南相馬桜植樹式(8)

南相馬市では、震災から3年が経過し、津波で636人が亡くなったのに加え、原発事故で447人が震災関連死したとのことでありました。
また、燕市にも多くの皆さんが震災の影響により、現在も避難生活を余儀なくされています。

東日本大震災によって始まった南相馬市との絆。今後も交流を大切にしていく必要があると感じた取材でありました。

※南相馬市との交流について詳しくはこちらをクリック→南相馬市と「災害時における相互援助協定」を締結

 

吉田神田保育園・吉田中央保育園閉園式

平成26年3月28日(金曜日) 吉田神田保育園・吉田中央保育園  天候:晴れ

閉園式(1)

閉園式(2)

今回は、吉田神田保育園と吉田中央保育園の閉園式の様子をご紹介します。
この日は、市内の各保育園で、卒園式がおこなわれましたが、この2つの保育園では
最後の卒園児を送り出した後に、閉園式が行われました。

吉田神田保育園は築後37年、吉田中央保育園は築後43年を経過し、施設の老朽化や保育室の不足などから2園を統合し、乳児保育の実施や子育て支援センターを併設するなどの定員230人の「よしだ保育園」として生まれ変わることとなりました。

これまで多くの園児を見守ってきた両保育園。
吉田神田保育園は、2,611人の園児を
また、吉田中央保育園は、1,812人の園児を送り出しました。

閉園式(3)←吉田中央保育園

閉園式(4)←吉田神田保育園

長い間お世話になった保育園、最後は園児の皆さんで歌を歌いました。
これまで、地域に親しまれ歩んできた歴史に幕を閉じます。

閉園式(5)

4月からは「よしだ保育園」として新しい歴史が始まります。
元気いっぱいの子どもたちの笑顔でいっぱいになることでしょう。

吉田神田保育園・吉田中央保育園、これまでたくさんの思い出をありがとう!
 

おりがみ教室

平成26年3月25日(火曜日) 小中川児童館 天候:晴れ

おりがみ教室(1)

今回は、小中川児童館で行われた「おりがみ教室」の様子をご紹介します。

おりがみ教室(2)

講師は、新潟青陵大学短期大学部 幼児教育科助教の梨本竜子先生です。
さっそく、おりがみ教室が始まりました。

おりがみ教室(3)

ブルー系のおりがみで何かを作っています。
何を作っているのでしょうか?

おりがみ教室(4)

こちらは、オレンジや黄色の明るめのおりがみを使っています。
同じような形のものがいくつかできました。

おりがみ教室(5)

それぞれが作ったものを一つの大きな紙にまとめています。
一体どんなものができるのでしょうか???

おりがみ教室(6)

だんだんと形になってきました。

おりがみ教室(8)

「おひさま」と「海」の大きな絵が完成しました。

ブルー系のおりがみは、「魚」をイメージして折っていたようです。
また、オレンジ系のおりがみは、「おひさま」をイメージして折っていました。

おりがみ教室(7)

みんなで力を合わせて、素敵な絵をつくりました。
最後には絵の前で記念写真を撮って、とてもたのしい「おりがみ教室」となりました。
 

Jack&Bettyプロジェクト「燕市海外派遣事業親善大使 帰国報告会」

平成26年3月21日(金曜日・祝) 市役所 つばめホール  天候:雨のちくもり

帰国報告会(1)

今回は、Jack&Bettyプロジェクト「燕市海外派遣事業親善大使 帰国報告会」の様子をご紹介します。
2月22日~3月5日の約2週間、燕市の親善大使として、アメリカ合衆国のサンフランシスコに、市内の中学生12名を派遣しました。

帰国報告会(2)

報告会は、来賓の皆さんや保護者の皆さんが見守るなか行われました。
親善大使の皆さんの緊張感が伝わってきます。

そして、いよいよ発表プレゼンが始まります・・・

帰国報告会(4)

帰国報告会(3)

現地のホストファミリーとの様子や・・・

帰国報告会(5)

サンフランシスコ市の視察の様子や・・・

帰国報告会(6)

現地では英語のレッスンもしっかりと受けてきたようです。

帰国報告会(7)

華道や茶道そして剣道などの日本文化の披露も行ってきたそうです。
このほかにも、燕市のPRや日本領事館を訪問したり、親善大使として様々な活動を行っていただきました。

親善大使のみなさん、堂々とした立派なプレゼンテーションでありました。

帰国報告会(8)

そして今回の海外派遣事業ですが、「燕子ども応援おひさまプロジェクト(※)」  によって太陽光発電から生まれる収益を市に寄付していただき、派遣費用の一部として活用しました。

再生可能エネルギーの利用拡大をはかるとともに、子どもたちの健やかな育成を同時に進める好循環の取り組みでありました。

なお、来年度のJack&Betty教室については、広報つばめ4月1日号に募集要項を掲載する予定です。

(※)燕子ども応援おひさまプロジェクトとは・・・燕子ども応援☀おひさまプロジェクト
 

燕市成人式

平成26年3月16日(日曜日) 燕三条地場産業振興センター  天候:雨のちくもり

成人式(1)

今回は、先日行われた「燕市成人式」の様子をご紹介します。
当日はあいにくの雨模様でしたが、たくさんの新成人が出席しました。

成人式(2)

今年も、燕三条地場業振興センターで行われ、
式典開会の1時間以上前から、受付ロビーは混雑していました。

成人式(3)

成人式(4)

受付ロビーでは、「久しぶり~ 〇〇くんじゃん!」「元気にしてた~」などあちらこちらで再会を喜ぶ声が聞こえたり、記念撮影をしたり・・・
晴れ晴れとした新成人の笑顔がたくさんありました。

成人式(6)

成人式(5)

午後2時、いよいよ開会時刻となると、和やかな雰囲気から一転、厳粛な雰囲気で式典がはじまりました。
式典の冒頭では、三年前の東日本大震災の犠牲者に黙とうをささげました。

新成人の皆さん、大人になったという喜びとこれからの未来に夢を膨らませて、決意を新たにした一日となったようでした。

成人式(7)

式典の終了後、「つばめ若者会議」のメンバーが、新成人を対象にアンケート調査を行いました。
つばめ若者会議では、20年後の燕の未来を考え、 実現するため、様々なアクションを起こしていきます。
今回は、新成人の皆さんが、「どのような意識を持っているのか」「ふるさと燕に対してどのようなイメージを持っているのか」などの調査をしました。
この結果を、若者会議のこれからのアクションに活かす予定としています。

燕市成人式はこちらをクリック・・・燕市成人式
つばめ若者会議はこちらをクリック・・・つばめ若者会議

 

ファミリー・サポート・センター研修会

平成26年3月8日(土曜日) 燕市役所  天候:くもり

ファミサポ研修会(1)

今回は、通年シリーズで行われていた「ファミリー・サポート・センター 研修会」の様子をご紹介します。
ファミリー・サポート・センター(※)とは、人と人とが支えあう相互援助活動であり、子育てのお手伝いをしたい人(提供会員)と手助けをしてほしい人(依頼会員)からなる会員組織です。

今回は、第9回目。
テーマは「その思い、通じあっていますか!?」ということで、コミュニケーションに関する内容でした。

ファミサポ研修会(2)

ファミサポ研修会(3)

講師は、コミュニケーションインストラクターの瀬川文子さんです。

ファミサポ研修会(4)

毎回、たくさんの皆さんから参加いただいています。

ファミサポ研修会(5)

ファミサポ研修会(6)

コミュニケーションは挨拶から。
子育てにおいても、挨拶はとても重要です。
自分の思いがうまく伝わらない・・・ 困ったときの具体的な方法など講師自身の体験談を交えて、楽しく発見の多い研修となりました。
参加者の皆さんはとても有意義な研修会となったようです。

ファミリー・サポート・センターについて詳しくはこちらをクリック→ファミリー・サポート・センター

 

こどもの森・プチコンサート

平成26年3月2日(日曜日) こどもの森  天候:雨

こどもの森プチコンサート(1)

今回も、少し前の話題になりますが、3月2日(日)に、こどもの森にて行われた、「プチコンサート」の様子をご紹介します。

企画したのは、こどもの森の利用者さんです。

「小さい子ども達が参加できるコンサートが少ない、じゃあ自分たちでやろう!」というのがきっかけです。
大人気アニメの歌や、世代を超えて愛される名曲、保育園や幼稚園で歌っている曲など、バランスのよい選曲で、あっという間の30分。

こどもの森(2)

こどもの森(4)

みんなで歌を歌ったり、おどったり、外は雨交じりの天気でしたが、子ども達は歌のプレゼントをもらって、心は「いいてんき♪」になりました(「にじ」の歌詞より)。

こどもの森(3)


上の写真はご夫婦で見事な連弾を披露していただきました。歌は「天国と地獄」。運動会を思い出します。

子ども達にとって、こういった活動が音楽に興味を持つきっかけになったらステキですね!
こどもの森を含めた、市内各子育て支援施設のイベント情報は、広報つばめの毎月15日号(お知らせ版)もしくは子育てつばめ~ルで情報を得ることができます。

子育てつばめ~ルの登録方法についてはこちらをクリック→子育てつばめ~ル

 

市民教養講座フェスティバル

平成26年3月1日(土曜日)・2日(日曜日) 中央公民館  天候:くもり

市民教養フェスティバル(1)

今回は、少し前になりますが、3月1日(土)、2日(日)に、中央公民館にて行われた、「市民教養講座フェスティバル」の様子をご紹介します。
これは、市主催の市民教養講座を受講する皆さんの1年間の成果を披露する作品展示と、来場者が体験できるコーナーがあり、2日間ともたくさんの市民で盛り上がりました。

市民教養講座フェスティバル(2)

市民教養講座フェスティバル(3)

市民教養講座フェスティバル(4)

体験コーナーは、彫金、書道、ピラティス、英会話、ピアノ、陶芸、ペン習字、フラワーアレンジメント、パッチワーク、絵手紙など。体験中の皆さんは真剣に、そして楽しそうに自分の作品を作っていました。

市民教養講座フェスティバル(5)

市民教養講座フェスティバル(6)

作品展示は、どれも「本格的」という出来栄えです。
また、体験者の皆さんも、とても楽しく充実した一日になったようでした。
 

認知症サポーター養成講座

平成26年3月4日(火曜日) 燕南小学校  天候:くもり

認知症サポーター養成講座(1)

今回は、燕南小学校で行われた「認知症サポーター(※1)養成講座」の様子をご紹介します。

認知症サポーター養成講座(2)

この講座では、認知症をテーマにした寸劇や、体や感覚の不便さを実感する疑似体験を通じて、認知症について理解を深めます。

認知症サポーター養成講座(3)

児童の皆さん、とても真剣な表情で受講しています。

認知症サポーター養成講座(4)

認知症サポーター養成講座(5)

認知症サポーター養成講座(6)

講座の後の介護教室では、お年寄りの体の機能を体験しました。
薄い色が見えにくいゴーグルを着けて印刷物を読んだり、車いすの使い方を学びました。

日本では高齢化の進展とともに、認知症を発症する方の人数も増加しています。
65歳以上の高齢者では平成22年度の時点で、7人に1人程度とされています。

身近な問題として、社会全体で取り組んでいく必要があります。
皆さんでしっかりと考えていきましょう。

(※1) 「認知症サポーター」についてはこちらをクリック・・・認知症サポーター
 

元気まつり 2014

平成26年3月1日(土曜日) 吉田産業会館  天候:くもり

元気まつり(1)

今回は、「元気磨きたい(※1)」の皆さんによる、一年間の集大成!
 「元気まつり(※2)」の模様をご紹介します。

元気まつり(2)

毎年恒例となったこの「元気まつり」、今回も多くの皆さんから参加いただきました。

元気まつり(3)

佐渡市からも応援に駆け付けていただきました。
このほかに、胎内市からも参加いただき、市を超えて活動が広がりつつあります。

元気まつり(4)

元気まつり(5)

元気まつり(6)

会場には、様々なブースが設置され、皆さん楽しい時間を過ごしました。

毎日を健康に過ごしていくことが何よりも大切です。
この「元気まつり」で、みなさん心身ともに元気になったようでした。

※1 「元気磨きたい」についてはこちらをクリック・・・元気磨きたい
※2 「元気まつり」についてはこちらをクリック・・・元気まつり

 

ひなまつり お楽しみ会

平成26年3月3日(月曜日) 吉田西太田保育園  天候:くもり

ひなまつり(1)

今日は「ひなまつり」です。市内の各保育園では「おひなさま お楽しみ会」が行われました。
今回は、吉田西太田保育園におじゃましました。
とても立派なひな壇が飾られていました。

ひなまつり(2)

ひなまつりの定番の歌、「うれしいひなまつり」です♪
あかりをつけましょ・・・♪♪♪

ひなまつり(3)

園児の皆さんで、元気よく歌いました。

ひなまつり(4)

歌の後には、楽しいゲームをしました。
最後には、皆さんで「ひなあられ」も食べて、とても楽しい「ひなまつり」となりました。
 

長善館学習塾 閉講式

平成26年3月1日(土曜日) 燕市役所  天候:くもり

長善館_閉講式(1)

今日は、「長善館学習塾 閉講式」の取材に行ってきました。

長善館学習塾(※1)とは小学校6年生を対象として、2泊3日の南魚沼市宿泊体験やボランティア体験、ビデオ制作、市内施設訪問など様々な活動を行ってきました。
子どもたちの自主性や積極性を育てる、次世代のリーダーを養成する特別講座です。

今回の閉講式では、長善館学習塾の集大成となる「ビデオ制作」の成果発表が行われました。

長善館_閉講式(2).gif

テーマは、燕の「鎚起銅器」についてです。

長善館_閉講式(3)

実際に鎚起銅器にかかわる人をインタビューをしたり・・・

長善館_閉講式(4)

しっかりと取材をして、「鎚起銅器」について詳しくまとめられていました。
ナレーションや字幕も入っており、プロ顔負けの編集技術でありました。

長善館_閉講式(5)

5分間のビデオの中に、この制作にかかる苦労などが凝縮したビデオでありました。

長善館_閉講式(6)

長善館学習塾では、貴重な経験をたくさんしていただきました。

学習塾に参加したみなさんからは、「友達と協力していくことの大切を実感した」「参加する前は消極的であったが、塾に参加することで自分から行動を起こすことができるようになった」などの感想を話していただき、この一年間で大きく成長したようでした。

長善館_閉講式(7)

会場には、一年間の思い出の写真も掲示されており、とても充実した一年間の学習塾なったようでした。

(※1)長善館学習塾について詳しくはこちらをクリック→長善館学習塾(次世代リーダー育成塾)
このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る