本文へジャンプする

現在のページ

燕市について

web版カメラびゅう平成28年8月分

三条人権擁護委員協議会 人権啓発活動

8月29日(月曜日)  天候:晴れ

人権擁護委員は、人権擁護委員法に基づいて、人権相談を受けたり人権の考えを広める活動をしている民間ボランティアです。(法務省HPより)

この日は、三条人権擁護委員協議会(新潟地方法務局三条支局の戸籍及び公証に関する管轄区域が組織の区域)の皆さんが、燕こども園で人権啓発活動をしてくださいました。
人権擁護1

子ども達に人権啓発活動?と思う方もいるかもしれませんが、紙芝居などを使った分かりやすい説明とやさしい語り口調で、子ども達のハートをキャッチ!
人権擁護2

人権擁護3

紙芝居のあとは、人KENあゆみちゃんに質問をしたり、握手をしたりしてふれあいました。
人権擁護4

人権擁護5

燕こども園の子ども達は、委員の皆さんの「優しい心や思いやりを持ってほしい」という気持ちをしっかりと受け取ったようです。

第5回クリーンアップ選手権

8月27日(土曜日) 午前7時~午前9時15分 ビジョンよしだ

深夜に降った雨もやみ、今回で5回目となりました「クリーンアップ選手権」は、24チーム(96名)の皆さんにご参加いただきました。
選手権をとおして顔なじみとなった人たちは、笑顔であいさつをかわされていました。
第5回クリーンアップ選手権画像

 
開会式での選手宣誓は、前回第4回の優勝者「元気磨きたいイケメンズ」の鈴木浩一さんです。
宣誓文は元気磨きたいのメンバーで考えたそうです。
第5回クリーンアップ選手権画像
宣誓!
われわれ参加者一同は「アイラブつばめクリーンアップインつばめ」精神にのっとり、日本一きれいで輝く街を目指して、今回この吉田地区につどいました。燕市と言えば磨きで有名です。ビジョン吉田周辺をピッカピカにキレイに磨きあげるつもりで、小さなゴミからこつこつと、中くらいのゴミまで拾い、つばめ元気かがやきポイント事業に参加している人は、かがやきポイントの5ポイントまでもゲットすることを誓います。
平成28年8月27日
燕市健康増進計画実践プロジェクト元気磨きたい
イケメンズチーム 鈴木浩一


ゴミで多いのは、タバコの吸い殻や、ペットボトル、空き缶などでした。草むらなどにポイ捨てされていることが多いので、参加者の皆さんはトングなどを使ってゴミを拾います。
第5回クリーンアップ選手権画像

終了の合図を待たずに、ベテランチームの中には早めに集合し、分別作業をするチームもありました。
第5回クリーンアップ選手権画像

チームごとに、計量を行います。
第5回クリーンアップ選手権画像

すべてのチームを量り終わると、集計をして、表彰式の準備が行われますが、その間は救護班の保健師が「つばめ元気かがやきポイント事業」のPRを行います。(クリーンアップ選手権は、つばめ元気かがやきポイント事業の5ポイント事業です)
第5回クリーンアップ選手権画像

表彰式が済むと、全員で集合写真です。毎回、集めたごみの前に並んでの集合写真です。
第5回クリーンアップ選手権画像

「来年また参加しようね」という声が、あちこちから聞こえてきました。

関連リンク:
第5回クリーンアップ選手権大会(生活環境課)
つばめ元気かがやきポイント事業

 

平成28年度広島平和記念式典派遣


8月5日(金曜日)~8月7日(日曜日)

市では平成20年度より、非核平和宣言推進事業及び平和学習活動実施の一環として、広島平和記念式典派遣事業を行っています。
今年度も市内5中学校の代表生徒各1名を、広島平和記念式典等に派遣しました。



【お知らせ】平成28年度「広島平和記念式典」派遣事業報告会を開催
派遣生が学んだことを多くの方へ伝えていくため、現地で見て聞いて感じてきたことを発表します。
どなたでも参加できますので、ぜひご来場ください。
●期日:8月27日(土曜日)  午前10時から11時
●場所:市役所1階 会議室101~103 

 

8月5日 7:00 市役所にて出発式
派遣にあたっての決意表明を行いました。
広島1
 

被爆体験者から原爆の恐ろしさ、悲惨さを直接聞き、衝撃を受けました。
派遣生全員が被爆体験者へ質問をし、理解を深めました。
広島2


間近で見る原爆ドームに圧倒され……
広島3
 

中学校5校で作成した千羽鶴を、原爆の子の像に奉納。
広島4
 

平和記念資料館では被爆した実物を見ました。皆、思わず絶句……。
広島5


8月6日 8:00 平和記念式典開式
平和記念式典に参列し、全員で黙祷した後、原爆死没者慰霊碑に献花しました。
広島6
 

その後、公園ボランティアガイドとともに平和記念公園を回り、被爆した墓石を見たり、平和への願いを込めて、とうろう流しを行いました。
広島7
 

現地でのさまざまな活動を通じて、命の尊さや平和とは何かについて学びました。
 

ナイトステージ「マリンバの夕べ」


8月1日(月曜日) 天候:晴れ

燕市産業史料館の開館記念日であるこの日の夕方、「マリンバの夕べ」が開かれ、大勢の観客が来場しました。

マリンバの夕べ1

マリンバとは、木製の鍵盤を「マレット」と呼ばれるばちで叩いて演奏する楽器です。
起源はアフリカにあるとされ、その後グァテマラにて現在の形となり、世界中で親しまれる楽器になりました。

マリンバを演奏するのは三条市出身の本間美恵子さん。ピアノは若杉百合恵さんです。


一曲目は「道化師のギャロップ」。軽快な演奏で会場は盛り上がります。
その後も「熊蜂の飛行」、「花は咲く」、「夏の歌メドレー」、「チャルダッシュ」など、アップテンポな曲からしっとりした曲まで、バラエティ豊かな演奏が続きます。
マリンバ2

マリンバ3


各演奏の合間には、本間さんによるマリンバの説明が入ります。
明るいトークに、会場は笑いが絶えませんでした。
マリンバ4


また、マリンバの他にもビブラフォンで演奏したり…
マリンバ5

タンバリン、カホン、ハーモニックパイプ、ビブラスラップなど様々な楽器も登場し、観客を楽しませました。
マリンバ6

最後の曲は「見上げてごらん夜の星を」。ゆったりとした優しい演奏で、ナイトステージは幕を閉じました。
このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る