文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

児童福祉

児童手当と児童扶養手当についてご案内します。

児童手当

児童手当を受給するには、出生届および転入届の際に手続きが必要です。(出生日、転出予定日の翌日から15日以内に手続きしてください) 
趣旨
次代の社会を担う児童の健やかな育ちに寄与するために0歳~中学3年生の児童を養育している人に手当を支給するものです。

支給対象者
中学3年生までの児童を養育している人で燕市に住民登録のある人

手当の月額
0歳~3歳未満(一律) 1万5千円
3歳~小学校修了前 (第1子・第2子) 1万円 (第3子以降) 1万5千円
中学生(一律) 1万円
所得制限者(一律) 5千円

支給を受けるための手続き等
手当の支給を受けるためには、児童を養育している保護者の人が、住所地の市区町村に申請(認定請求)を行う必要があります。
<添付書類>
・健康被保険者証の写し等(請求者が被用者(会社員等)の場合)
・預金通帳の写し
この他、必要に応じて提出する書類があります。
申請内容を審査のうえ、受給資格に適合する人には、認定通知書を送付します。

手当の支払期月
6月・10月・2月に、前月分までの手当をお支払いします。
※児童手当の受給資格者は、児童を監護し、かつ、生計を同一にする父又は母等のどちらか生計の中心者です。父母に養育されていない児童については、児童を監護し、かつ、生計を維持する人となります。
児童手当制度について詳しくはこちらをクリックしてください(PDF/112KB)

このページの最初に戻る
トップページに戻る

児童扶養手当

支給対象者
燕市に住民登録があり、次のいずれかに該当する児童を養育している父又は母や、父又は母に代わって養育している人
・父母が離婚した児童
・父又は母が死亡した児童
・父又は母が一定の障がいの状態にある児童
・父又は母の生死が明らかでない児童
・父又は母が引き続き1年以上遺棄している児童
・父又は母が法令により引き続き1年以上拘禁されている児童
・母が婚姻によらないで出産した児童
・遺棄などで出生の事情が明らかでない児童
※児童とは、18歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある児童(一定の障がいの状態にある児童については20歳未満)をいいます。

支給額
・児童1人のとき
全部支給される人 月額41,020円

 一部支給される人 月額41,010円~9,680円までの間で細かく設定されています。
・児童2人のとき
5,000円加算

・児童3人以上のとき
第3子以降1人につき 3,000円加算


児童扶養手当について詳しくはこちらをクリックしてください(PDF/119KB)  

このページの最初に戻る
トップページに戻る  

このページに関するお問い合わせ
健康福祉部社会福祉課
電話番号:0256-77-8186

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く