文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

水道のトラブル

敷地内の漏水

敷地内で漏水を発見したときは、すぐに燕市指定給水装置工事事業者に修繕を依頼してください。
漏れた水は無駄になるだけでなく、水道料金に加算されます。

簡単な漏水確認方法

こんなことが起きたら!!
生活に変わりがないのに、前の月よりも、著しく使用量が多くなった。
水道を使っていないのに、蛇口付近や壁から水の流れるような音がする。
建物の基礎付近や土の表面がいつも濡れている。
地面や排水パイプからきれいな水が、たえず流れている。
 
こんなときは、水道の蛇口をすべて閉めて、使っていないことを確認してから、 水道メーターのパイロットが回転していないか確認してください。
パイロットが回転してしていると漏水していると考えられます。
漏水すると、水道料金がかさむだけでなく、建物等に思わぬ被害を与える場合があります。
すぐに、燕市が指定している「燕市指定給水装置工事事業者」に見てもらいましょう。

お客様の敷地内の水道管は、お客様の財産で、維持管理もお客様のご負担になります。
水道メーターで計量した水道水は漏水していても、すべて、使用料金として請求されますので
ご注意ください!!

漏水の状況によって、水道料金を減免する制度を設けました。

お客様の敷地内の給水装置は、お客様の財産であり、お客様の責任で管理していただくもので、漏水があったときの水道料金は漏水した分も含め、原則としてお客様の負担となりますが、平成24年12月1日から、お客様が注意をはらっていても発見することが困難な、地下や積雪下などの給水装置(直結する給水用具を除く。)からの漏水の場合、漏水した水量の一部について、水道料金を減免する制度を設けました。減免は、漏水を検針した月1ヶ月分の水道料金について適用されます。

 なお、次のような場合は減免の対象とはなりません。
(1)お客様が故意又は過失により給水装置を破損させたとき。
(2)給水装置の破損が第三者の行為によるとき。
(3)給水装置の破損が容易に認められるにもかかわらず、修繕を怠ったとき。
(4)給水装置の修繕を通知したにもかかわらず、お客様の都合により修繕を延期したとき。
(5)漏水頻度の多い老朽管等で、布設替等を勧告したにもかかわらず、それがなされなかったとき。
(6)燕市指定給水装置工事事業者以外が施工した給水装置から漏水したとき。
(7)破損した給水装置を燕市指定給水装置工事事業者以外が修繕したとき。
(8)その他、お客様が善良な管理義務を怠ったと認められるとき。

道路からの漏水

道路上などで漏水を発見したときは、水道局までご連絡をお願いします。

このページの最初に戻る
トップページに戻る

このページに関するお問い合わせ
水道局施設課
電話番号:0256-64-7400
 

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く