文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

環境監視等

詳しくは次のリンクを参照してください。
大気関係
土壌・水質関係

大気関係

PM2.5に関する注意喚起情報について

本日は、PM2.5に関する注意喚起情報は発表されていません。

PM2.5とは
大気中に浮遊する直径2.5マイクロメートル(μm)以下の微小粒子状物質のことで、人の髪の毛の太さの30分の1程度の大きさです。非常に小さいため、肺の奥深くまで入りやすく、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が心配されています。
発生源としては、ボイラーや焼却炉などのばい煙を発生する施設、コークス炉や鉱物の堆積場などの粉じんを発生する施設、自動車、船舶、航空機などの人為起源のもの、さらには、土壌、海洋、火山などの自然起源のものもあります。
※ 1マイクロメートル(μm)=0.001ミリメートル(mm)

環境基準
1年平均値が15マイクログラム毎立方メートル(μg/㎥)以下であり、かつ、1日平均値が35μg/㎥以下であること
※ 環境基準とは、環境基本法において「人の健康を保護し、及び生活環境を保全する上で維持されることが望ましい基準」として定められているものであり、基準を一時的に超過した場合でも直ちに人の健康に影響を及ぼすものではありません。

注意喚起情報が発令されたら

注意喚起情報が発令されたら次の点について、ご注意ください。
屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ減らしてください。外出する場合、マスクの着用は一定の効果が期待できます。
屋内においても換気や窓の開閉を必要最小限にしてください。
呼吸器疾患、循環器疾患のある方、小さな子どもや高齢者は影響を受けやすいとされているので、より慎重に行動することが望まれます。

注意喚起情報のお知らせ

新潟県より注意喚起情報が出された場合、市のホームページに注意喚起情報を掲載するとともに、防災無線、防災つばめ~ル、BSNデータ放送、FMラジオは~とを活用して情報を発信します。
「防災つばめ~ル」の登録については、こちら

注意喚起の判断基準

新潟県内のPM2.5測定局において、次のいずれかに該当する場合、1日の平均値が70μg/㎥(国が定めた注意喚起のための暫定的な指針)を超えると判断され、新潟県より注意喚起情報が発令されます。なお、注意喚起は1日単位として行われるため、同日中にPM2.5濃度が低下した場合でも、解除の周知は行われません。
午前中の早めの時間帯での判断
午前5時から7時の3時間平均値で、1局でも85μg/㎥を超えた場合
(午前8時までに新潟県より注意喚起が行われます)
午後からの活動に備えた判断
午前5時から正午の8時間平均値で、1局でも80μg/㎥を超えた場合
(午後1時までに新潟県より注意喚起が行われます)

最新のPM2.5の情報

新潟県における最新のPM2.5の情報(1時間ごとに更新)は、新潟県のホームページ「新潟県の現在の大気環境(速報)」から入手できます。
( PC )http://www.niigata-taiki.com/ (携帯)http://www.niigata-taiki.com/m/
また、PM2.5の注意喚起の実施の有無等を音声によりご案内する「新潟県大気汚染情報テレフォンサービス」も併せてご活用ください。
大気汚染情報テレフォンサービス電話番号  025-280-5104

土壌・水質関係

新栄町地内の土壌調査結果について

平成25年12月4日、新栄町地内の廃止された事業場敷地において、土壌汚染対策法に基づき土地所有者が実施した土壌ガス調査で、トリクロロエチレン等が検出されたことが、新潟県より発表されました。
燕市内では現在、井戸水の飲用実態がありませんので、健康被害の心配はございません。
土壌ガス調査
1.調査日時 平成25年10月3日
2.調査結果 トリクロロエチレン、シス-1,2-ジクロロエチレン及び1,1-ジクロロエチレンを検出
3.今後の対応 土壌ガス調査は、土壌汚染の有無を把握するための調査で、基準等はありません。今後、県が周辺の地下水調査を行い、汚染の有無や汚染の広がりを把握します。また、土壌汚染対策法に基づき、県が土壌汚染区域として指定し、公示します。
 

新栄町地内の土壌調査結果について(追跡調査結果)

新栄町地内の廃止された事業場敷地において、トリクロロエチレン等による土壌汚染が明らかになったことから、事業場敷地の周辺、半径100~1,000メートルの3地点で地下水調査をした結果、すべての地点でトリクロロエチレン等は検出されなかったことが、新潟県より発表されました。

調査結果の概要
1. 調査地点
 事業場跡地周辺の井戸(3地点)
2. 調査実施機関 新潟県
3. 試料採取日 平成25年12月9日
4. 調査結果
調査項目 調査結果(地点数) 検出下限値 地下水
環境基準値
トリクロロエチレン すべて検出されず(3地点) 0.002 mg/L 0.03 mg/L
1,2-ジクロロエチレン すべて検出されず(3地点) 0.004 mg/L 0.04 mg/L
1,1-ジクロロエチレン すべて検出されず(3地点) 0.01 mg/L 0.1 mg/L
塩化ビニルモノマー すべて検出されず(3地点) 0.0002 mg/L 0.002 mg/L
(参考)
分解生成物(1,2-ジクロロエチレン、1,1-ジクロロエチレン、塩化ビニルモノマー)
トリクロロエチレン等が土壌・地下水中で微生物等により分解されて生成するもので、人の健康への影響を及ぼすおそれがあるもの。

 燕地内の地下水の水質測定結果について

平成25年12月10日、燕地内の事業所における地下水汚染の継続調査の結果、有害物質である塩化ビニルモノマーが地下水の環境基準を超えて検出されたことが、新潟県より発表されました。
この事業所では、塩化ビニルモノマーの使用実態はなく、これまでの調査で汚染が確認されているトリクロロエチレン等が分解して生成したものと考えられます。
燕市内では現在、井戸水の飲用実態がありませんので、健康被害の心配はございません。

地下水の水質測定結果
1.調査日時
 平成25年9月~11月
2.調査結果 0.0087 ~ 0.078mg/L (地下水環境基準:0.002mg/L)

地下水継続監視調査の結果について

新潟県が実施した地下水継続監視調査において、燕地内と水道町地内の2地点で塩化ビニルモノマー等が環境基準を超えて検出されたことが、新潟県より発表されました。
現在、この地点ではこれらの物質の使用実態がないことから、これまでの調査で汚染が確認されているトリクロロエチレン等が分解して生成したものと考えられます。
燕市内では現在、井戸水の飲用実態がありませんので、健康被害の心配はございません。

調査結果の概要
1. 調査地点
 燕地内及び水道町地内
2. 調査実施機関 新潟県
3. 試料採取日 平成25年12月10日
4. 調査結果
 
調査項目 燕地内 水道町地内 地下水
環境基準値
塩化ビニルモノマー 0.32   mg/L 0.28 mg/L 0.002 mg/L
1,2-ジクロロエチレン 0.032 mg/L 1.1   mg/L 0.04   mg/L
(参考)
分解生成物(1,2-ジクロロエチレン、1,1-ジクロロエチレン、塩化ビニルモノマー)
トリクロロエチレン等が土壌・地下水中で微生物等により分解されて生成するもので、人の健康への影響を及ぼすおそれがあるもの。
トリクロロエチレン
金属加工部品の脱脂等に使用されている。中枢神経系への障害、肝臓・腎臓への障害、呼吸機能低下を及ぼすといわれている。また、発ガン性の可能性は低い物質であるといわれている。

地下水継続監視
地下水汚染が判明した地点について、汚染の推移を継続的に監視するため、新潟県が行っている調査で、平成25年度は、県内85地点で実施している。

このページの最初に戻る
トップページに戻る

このページに関するお問い合わせ
市民生活部生活環境課
電話番号:0256-77-8167
 
 

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く