文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

再生可能エネルギー

大規模太陽光発電施設(メガソーラー発電所)
燕子ども応援☀おひさまプロジェクト(屋根貸し事業)

大規模太陽光発電施設(メガソーラー発電所)

市では、再生可能エネルギーの普及拡大と一般廃棄物最終処分場跡地の有効活用を進めるため、平成24年2月に同跡地においてメガソーラー発電所の建設及び運営を行う発電事業者を公募し、窪倉電設株式会社(横浜市)を選定しました。
同社は、同年5月に燕市内に100%出資の子会社である PVP JAPAN 株式会社を設立し、7月から建設工事に着手。8月22日に竣工を迎え、メガソーラー発電所が稼働しました。

施設の概要

施設の名称 メガソーラーTSUBAME  site
発電事業者 PVP JAPAN 株式会社(燕市井土巻3丁目192-1-501)
場所  燕市上河原396番地1   ほか
敷地面積 40,301 m2
最大出力 1メガワット(太陽電池モジュール 150W×7,200枚)(パワーコンディショナー250kW×4台)
想定発電量 96.1万 kWh
送電電圧 三相 6.6kV 東北電力(株)系統連系
売電先 東北電力(株)

雪国仕様として、夏(18°)と冬(48°)でパネルの角度を調整し、冬でも太陽光をより多く受けると同時に、雪が滑り落ちやすくなるように工夫されています。

メガソーラー発電所建設の趣旨

1.再生可能エネルギーの普及拡大
エネルギー政策の見直しが検討されている中、枯渇することのない、安全なエネルギーである再生可能エネルギーの普及拡大を推進します。
2.遊休地(最終処分場跡地)の利活用
特殊な杭工法を活用し、全国的にも跡地利用が進んでいない最終処分場跡地の利活用のモデルケースとして全国に発信します。
3.新産業の企業誘致
(1)市内に発電事業を目的とした会社を設立したことで、新産業の企業誘致につながりました。
(2)地元企業を活用した施設整備と、市民の雇用が確保されました。
4.環境学習への貢献
施設内には、発電量や施設概要などを展示する展示室、発電施設を一望できる展望台を設けるなど、環境学習に活用いただけます。また、定期的に施設見学を受け入れますので、見学ご希望の方は、下記まで連絡をお願いします。
施設見学申し込み先 PVP JAPAN 株式会社 電話 0256-46-0543

燕子ども応援☀おひさまプロジェクト(屋根貸し事業)

燕子ども応援☀おひさまプロジェクト~太陽光発電「屋根貸し」事業~

市では、再生可能エネルギーの利用拡大を図るため、平成24年7月からスタートした固定価格買取制度を活用し、一般廃棄物処理場跡地でのメガソーラー発電所建設事業を進め、同年8月に「メガソーラーTSUBAME site」が稼働しました。
同年11月からは、太陽光発電の更なる普及を図るため、市有施設の屋根を発電事業者に有料で貸し出し、そこで発電事業を実施してもらう「屋根貸し」事業を実施しています。また、市有施設にとどまらず民間施設での屋根貸しを希望する事業者を募集し、全市的に太陽光発電の普及を図っています。
この取り組みは、「燕子ども応援☀おひさまプロジェクト」の一環であり、本事業により得られる賃料収入の一部は、「燕市子ども夢基金」に寄付し、子どもたちの健やかな育成を応援します。

≪協力事業者≫
屋根貸し事業者 三宝産業株式会社、新潟ステンレス加工株式会社、森井紙器工業株式会社、吉田金属工業株式会社、和平フレイズ株式会社
発電事業者 あいせき株式会社、株式会社廣瀨、株式会社藤井商店、株式会社エヌエスアイ、株式会社トラッドシステム

燕子ども応援☀おひさまプロジェクトとは

「屋根貸し事業」の実施により太陽光発電の普及を図ると同時に、太陽光(おひさま)から生まれる収益を「燕市子ども夢基金」に寄付していただき、子どもたちの健やかな育成に役立てる取り組みです。
平成25年度より、「Jack & Betty プロジェクト」の一環で行われた英語スピーチコンテストで優秀な成績を収めた子どもたちを親善大使として海外へ派遣するための費用の一部に活用しています。

このページの最初に戻る
トップページに戻る

このページに関するお問い合わせ
市民生活部生活環境課
電話番号:0256-77-8167
 

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く