文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

インフルエンザについて

インフルエンザの流行が警報基準に達しました

(平成28年4月20日 水曜日更新:県感染症情報より一部引用)
◆ インフルエンザの報告数が国の示す警報基準を超えています。(定点当たり10を下回るまで警報を継続します。)
県内での定点当たりの報告数は13.38と前週に比べ減少し、警報基準(定点当たり30)を下回っているものの、警報を継続する状況であり、引き続き注意が必要です。
(引用ここまで)
三条地域振興局管内(三条・燕・弥彦・加茂・田上)の定点あたりの報告数は8.70(前週は13.50で、前週より減少しました)です。

参考:
定点当たり報告数 1 流行開始の目安
定点当たり報告数 10 注意報の基準
定点当たり報告数 30 警報の基準

(県感染症情報より一部引用ここから)
全県に警報を発令している疾病: インフルエンザ
国の示す警報基準を超えた管内のある疾病:○インフルエンザ(警報基準30):魚沼、佐渡

その他:
◆ 感染性胃腸炎に注意しましょう。
定点当たりの報告数が8.29と前週に比べ増加しました。例年4月頃まで流行が続くため、引き続き十分な注意が必要です。
(引用ここまで)



燕市内の学級閉鎖状況はこちらをご覧ください(学校教育課ページ)

インフルエンザの流行が警報基準に達しました
その他の感染症情報はこちらをご覧ください

【新潟県】県内感染症情報(週報)はこちらから
【厚生労働省】国内インフルエンザ発生状況はこちらから

インフルエンザ予防について


 インフルエンザは普通のかぜと違い、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が突然現れます。
 高齢者や小児、免疫力の低下している人では、まれに肺炎や急性脳症など、重症化することがあります。
 自分自身のためにはもちろんですが、周りの人のためにも、インフルエンザにかからないよう予防に努めましょう。
【予防方法】
外出する場合は、できるだけ人混みをさけ、マスクを正しく着用する
外出後は手洗い、うがいを徹底する
症状がある人はマスクを着用し、せきエチケットを心がける
バランスのとれた食事と十分な睡眠を心がける
室内では、適度な湿度(50~60%)を保つ

詳しい情報はこちらから
 
【厚生労働省】インフルエンザQ&A 

予防接種


子どもを対象とした季節性インフルエンザ予防接種費用の助成について
 

このページの最初へ戻る

このページに関するお問い合わせ
健康福祉部健康づくり課
電話番号:0256-77-8182
 
 

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く