文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

2020東京オリンピック・パラリンピックホストタウン燕市推進委員会

東京オリンピック・パラリンピックのホストタウン構想

ホストタウン構想とは

「ホストタウン」は内閣官房が推進している構想で、自治体と東京オリンピックパラリンピック参加国・地域との人材・経済的・文化的な相互交流を図るとともに地域活性化等を推進することを目的とするものです。

ホストタウン構想への登録

  燕市は、新潟県、新潟市、長岡市、五泉市、弥彦村とともにモンゴル国を相手国とし、国が進める「ホストタウン構想」に2016年1月26日に登録されました。
今後、この構想に基づきまして様々な交流事業などを推進していく予定としています。

新潟県での登録団体は下記のとおりです。
 
●新潟県内の登録団体
登録団体 事業名等
新潟県、新潟市、長岡市、五泉市、燕市、弥彦村 モンゴル・新潟交流促進プロジェクト
上越市 上越市ホストタウン事業(ドイツ連邦共和国)
柏崎市 柏崎市国際スポーツ交流事業(モンテネグロ/セルビア共和国)
十日町市 2020東京オリンピック・パラリンピックを契機とした
「十日町市とクロアチア共和国との友好交流推進事業」

●東京オリンピックパラリンピックホストタウン構想について詳しくはこちら
⇒http://www.pref.niigata.lg.jp/kenminsports/1356832920830.html
(外部リンク・新潟県ホームページへ)

2020東京オリンピック・パラリンピックホストタウン燕市推進委員会


平成32年に東京で開催される、「2020東京オリンピック・パラリンピック競技大会」の開催に係る施策を総合的に推進し、本市の更なる活性化につなげるため、2020東京オリンピック・パラリンピックホストタウン燕市推進委員会を平成28年4月8日(金)に設置しました。
「ホストタウン構想」を推進し、アーチェリー競技を通じて交流を深めることでスポーツが活発になり、また、地域の活性化に繋がるものと考えています。

詳細についてはこちら ↓
2020東京オリンピック・パラリンピックホストタウン燕市推進委員会設置要綱(PDF/143KB)
2020東京オリンピック・パラリンピックホストタウン燕市推進基本方針(PDF/252KB)

委員会の開催状況等はこちら


平成28年4月8日(金)の第1回総会の様子

モンゴル国パラアーチェリー協会と覚書を締結


2016年4月19日に燕市とモンゴル国パラアーチェリー協会は合同練習と東京2020パラリンピック競技大会の事前キャンプ地について覚書を締結しました。

この覚書に基づき、2016年度よりモンゴル国パラアーチェリー協会が、事前キャンプを、燕市吉田アーチェリー場において行います。
今後、モンゴル国とスポーツ交流に加え、文化・産業交流を図る予定です。


調印後の記念撮影
(左、D.バータルジャブモンゴル国パラアーチェーリー協会会長・右、鈴木市長)

覚書
日本語(PDF/67KB)
モンゴル語(PDF/71KB)
 

モンゴル国のパラアーチェリー選手がリオパラリンピックの事前キャンプを行います。


合同練習と2020東京パラリンピック競技大会における事前キャンプに関する覚書をモンゴル国パラアーチェリー協会と4月19日に締結いたしました。それに伴い7月25日(月) ~ 8月15日(月) にかけて9月に開催されるリオデジャネイロパラリンピックに出場する選手3名を含めた6名の選手と2名のコーチ 計8名が燕市で事前キャンプを実施し、市民のみなさんとスポーツ交流・文化交流を行います。

モンゴル国パラアーチェリー選手団が燕市長へ表敬訪問されました

7月26日(火)燕市役所にて、燕市長へモンゴル国パラアーチェリー選手団8名の方々が表敬訪問されました。
当日は、選手団の代表として、バータルジャブ会長からリオパラリンピックへの意気込みと、燕市長から労いと励ましのあいさつがありました。

選手団の方々との記念撮影
 

スポーツ交流会

吉田高校・県内高校アーチェリー部・新潟県障害者スポーツ協会のアーチェリークラブ員、県内アーチェリー競技選手と合同練習や練習試合を行い交流を図ります。市民のみなさんは会場に足を運んでいただき交流の様子をぜひご覧ください。
■と き:平成28年7月26日(火)~8月14日(日)
    9時~12時・13時~16時を予定
■会 場:吉田アーチェリー場(ビジョンよしだ裏)
    ※天候やその他の都合で中止となる場合があります。
■その他:見学の事前申込・参加費は不要です。
    危険防止ため小学生以下は保護者同伴でお願いします。
■新潟県障害者スポーツ協会との交流は8月7日(日)9時~17時に行います。
 (時間は前後することがあります)

アーチェリー体験会

モンゴル国パラアーチェリー協会と燕市アーチェリー協会で市内の
小学校・中学校の児童・生徒を対象にアーチェリー体験会を開催します。
■対 象:燕市内の小学4年生以上中学3年生まで
     小学生が参加する場合は保護者同伴でお願いします。
■と き:第1回 平成28年7月30日(土) 午前10時~1時間程度
     第2回 平成28年8月 6 日(土) 午前10時~1時間程度
■会 場:吉田アーチェリー場(ビジョンよしだ裏)
     雨天の場合:吉田屋内ゲートボール場(吉田水道町3-15)
■定 員:各回20人程度
■参加費:無料
■その他:アーチェリー用具はこちらで用意します。
      参加の際は運動ができる服装でお願いします。
      参加者は熱中症対策のため水分補給の飲み物を各自で用意願います。
■申し込み:第1回7月28日(木)まで、第2回8月4日(木)まで申込場所の窓口へお申し込みください。
       (電話での申し込みも可)
■申込場所:(1)社会教育課スポーツ推進室(市役所3階15番窓口) 電話0256・77・8368(直通)
       (2)燕市体育センター 電話0256・64・3091
       (3)吉田総合体育館 電話0256・92・5100/(4)分水総合体育館 電話0256・97・1411


吉田アーチェリー場での大会風景(現在は整備工事中)

モンゴル国パラアーチェリー選手団壮行会を行いました

9月に開催されるリオデジャネイロパラリンピックに向け激励の意味を込め、壮行会を開催しました。燕市長・燕市体育協会会長から激励のことばがあり、激励品も贈呈されました。
 

文化交流会

モンゴル国の文化、歴史、風習などをモンゴル語通訳から紹介していただく文化交流会を開催いたします。モンゴル国パラアーチェリー選手も参加します。
モンゴルを知るよい機会です、市民のみなさんの参加をお待ちしています。
■と き:平成28年8月10日(水)
       午後7時~9時
■会 場:燕市中央公民館3階 中ホール
■定 員:50人程度
■参加費:無料
■申し込み:8月8日(月) までに申込場所の窓口へお申し込みください(電話での申し込みも可)。
■申込場所:(1)社会教育課スポーツ推進室(市役所3階15番窓口) 電話0256・77・8368(直通)
       (2)燕市体育センター 電話0256・64・3091/(3)吉田総合体育館 電話0256・92・5100
       (4)分水総合体育館 電話0256・97・1411

■問い合わせ:燕市役所 社会教育課 スポーツ推進室 電話0256・77・8368(直通)

吉田アーチェリー場がご覧いただけます(ライブカメラ)


ライブカメラ(別ウィンドウで開きます)
 
 

このページの最初へ戻る

このページに関するお問い合わせ
教育委員会社会教育課 スポーツ推進室
電話番号:0256-77-8368
 

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く