文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

食育だより平成28年6月19日号 料理がもっとおいしくなる だしを取ろう!

 ♪毎月19日は食育の日です♪
和食に欠かせない「だし」。 天然だしは“うま味”が凝縮された自然の恵みそのもので、料理をひと味も、ふた味も引き立ててくれます。 だしのうま味は、塩分などの調味料を控えても食材の味を引き立て、味をしっかり感じることができるため、減塩の効果が得られます。  燕市の学校給食、保育園等では天然だしを使用しています。ご家庭でも、素材からとった「だしの味」をぜひ、味わってみてください。

料理のおいしさが引き立つ ~だしの取り方~

かつおだし
材料:水1リットル・かつお節20~40g
沸騰したお湯にかつお節を入れ、すぐに火を止める。かつお節が沈んだら、こす。

お吸い物、茶わん蒸しなどにおすすめ
煮干しだし
材料:水1リットル・煮干し30g
煮干しは頭を取ったら、背中から割って内臓を除き、30分以上水に浸してから火にかける。煮立ってから3~4分煮出す。

みそ汁、煮物などにおすすめ
昆布だし
材料:水1リットル・昆布10~20g
ぬれ布巾などで、表面の汚れをふき取り、切れ込みを入れる。30分以上水に浸してから中火にかけ、沸騰直前で切り出す。

湯豆腐、精進料理などにおすすめ
しいたけだし
材料:水1リットル・干ししいたけ3枚
しいたけはさっと洗って汚れを落とし、やわらかくなるまで水につける。

煮物などにおすすめ

昆布だしで おいしさが倍増


枝豆ごはん
材料:米2合・昆布だし2カップ・酒大さじ1・塩小さじ 1/2・枝豆さやから出したもの150g
(1)米をとぎ、ざるにあげて水気を切る。 枝豆はゆでてさやから出しておく。
(2)ごはん釜に(1)の米と昆布だし、酒、塩を加えて炊く。 炊きあがりに枝豆を加え、混ぜ合わせる。◎せん切りしょうがを少量加えるとさっぱりとした味わいになります。

捨てないで!だしをとった後の昆布とかつお節


昆布とかつお節の佃煮 おにぎりにもおススメ
材料:だしをとった後の昆布とかつお節…上記1回分ずつくらい 水100cc・しょうゆ、砂糖、酒、みりん各大さじ2・白ごま適量
(1)だしを取った後の昆布は細切り、かつお節はざく切りにする。
(2)なべに水と調味料を入れ、(1)を入れて汁気がなくなるまで 弱火で煮る。ごまを加えてあえる。
6月号食育だより 電子版(PDF/560KB)
これまでの食育だよりのページ
 ⇐食育推進計画のページへ戻る
 

このページの最初へ戻る

このページに関するお問い合わせ
健康福祉部健康づくり課
燕市保健センター
電話番号:0256-93-5461
健康推進係
電話番号:0256-77-8182
 
 

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く