文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

平成28年7月26日 定例記者会見

■市長報道発表事項

No.1 介護人材の確保・定着・キャリアアップを支援
市内の介護事業所において、介護人材の確保と定着が喫緊の課題となっています。そのため、市内介護事業所に勤める職員の、資格取得にかかる費用を介護事業所を通じて補助することで、介護人材の確保・定着および職員のキャリアアップを支援します。原則として県の支援事業に上乗せを行うものですが、県の補助が受けられなかった場合でも、市が助成を行います。
§ 市内介護事業所の職員を対象に資格取得費用を助成します§

No.2 高齢者向け交通安全教室を強化
交通事故件数は減少傾向にあるものの、高齢者が関係する事故の割合が依然として高いため、高齢者が事故の被害者にも、加害者にもならないまちを目指し、重点施策として「つばめ高齢者事故ゼロ作戦」を展開しています。今年は交通安全教室のさらなる充実を図るため、講師と近い距離でやりとりができ、より認識が深められる座談会形式で、交通安全教室を開催します。
§ じっくりと意見交換ができる座談会形式の教室を行います §

No.3 実践向けの創業支援講座を開催
創業を目指す方のサポートとして、創業を目指す人のニーズに合わせた様々な創業支援事業を展開しています。今年度は、創業を支援する講座を「セミナー・基礎講座・フォローアップ」の3 部構成で実施しており、今回は基礎講座として『キラリ☆創業講座』を行います。この講座は、知識習得やビジネスプラン作成、会計実務など、より実践向けの連続講座です。
§ 今年も金融機関・地域支援団体と連携して行います §
別紙:キラリ☆創業講座(チラシ)

No.4 大人気「燕市ダーツの旅」第4 弾を本日公開
市外の方から燕市に興味をもってもらったり、移住定住の参考にしていただくことを目的として制作・公開している燕市PR 動画「燕市ダーツの旅」第4 弾を、本日公開します。今回の訪問先は「吉田大保町」。ダーツは燕市PR 隊鳥(長)のつば九郎が放ち、今年5 月に燕市PR 大使に任命されたばかりの声優・田中秀幸さんがナレーションを担当している特別版です。また、TeNY アナウンサー岡田康さんも動画内に登場します。
§ ナレーションをPR 大使 田中秀幸氏が担当しています §

No.5 県内初 子ども向け健康ポイント制度を実施
 6 月末現在で、6,608 人が参加している「つばめ元気かがやきポイント事業」。今年は子どもたちが夏休み期間に楽しく取り組める、「こども手帳」(こども用の健康ポイント手帳)を作成しました。大人だけでなく、子どもたちの基本的生活習慣を確立するとともに、親世代の参加者増加を図ります。
§ 家族で楽しく取り組むことで健康意識の向上を目指します §

No.6 産業史料館が子どもたちの夏休みを応援
 燕市産業史料館では夏休みの自由研究に最適な各種イベントを開催し、子どもたちの夏休みを応援します。8 月中は22 日(月)を除き、休館日の月曜日にも開館します。同時期に企画展「水燕鎚工会作品展」や演奏会なども行いますので、親子で楽しめる期間となっています。
§ ガイドツアーや制作体験、企画展などを行います §

No.7 横田切れ120 年記念シンポジウムを開催
 横田切れから120 年の節目の都市を記念し、8 月28 日(日)にシンポジウムが開催されます。それに合わせた記念イベントとして8 月27 日(土)「信濃川のつばめぐみ」と題し、水辺での体験イベントを開催します。また、これらの催しに合わせて、横田切れを契機に建設された大河津分水路の旧可動堰を設計した技術者、宮本武之輔の故郷 愛媛県松山市から小学生を招いて交流を行います。
§ あわせて記念イベントや愛媛県松山市との交流を行います§
別紙:横田切れ関連行事
別紙:信濃川のつばめぐみ~水遊び体験~(チラシ)

No.8 燕ジョイ活動部での活動プロジェクトを企画するワークショップを開催
つばめ若者会議では、次世代メンバーの育成を目的としたプロジェクトとして、「燕えんジョイ活動部」を実施していします。第2回の活動では、福井県鯖江市JK課のプロデューサーなどを務められている、若新 雄純 氏を講師に「ゆるい」「楽しむ」「若者」をキーワードとした講演会と、「燕ジョイ活動部」が活動していくプロジェクトを企画するワークショップを開催します。
§ JK 課プロデューサーの若新雄純氏を講師にお招きします §

No.9 落語公演「林家木久扇・三遊亭小遊三 二人会」を開催
 多くの方々から芸術文化に気軽に親しんでいただくことを目的に、今年は落語公演を企画しました。今年50 周年を迎えた日本テレビの人気落語番組「笑点」でもおなじみの噺家、林家木久扇師匠、三遊亭小遊三師匠のお二人をお迎えして開催します。名人二人の絶妙な落語の世界をお楽しみいただけます。
§ テレビでもお馴染の人気落語家二人による楽しい高座です §
別紙:落語公演|三遊亭小遊三・林家木久扇二人会(チラシ)

No.10 今年もゆるキャラ®GPに“きららん”がエントリー
 2010 年から開催されている「ゆるキャラ®グランプリ」。燕市観光PR キャラクターの「きららん」は昨年、初めてエントリーし、ご当地キャラ部門で全国266位、県内ランキングでは3位と健闘しました。今年も「ゆるキャラ®グランプリ」にエントリーし、燕市をさらにPR していきます。
§ “きららん”を通して燕市を全国にPR します §

No.11 第2回JCYレディースサッカーフェスティバルを開催
 日本クラブユースサッカー連盟(JCY)が開催する、「JCY レディースサッカーフェスティバル2016」が今年も燕市を会場に開催されます。この大会は、女子中・高校生年代選手の活性化を目指し、女子選手の加入、女子チームの保有、新規立ち上げ、増加ならびに選手のレベルアップや、選手間・指導者間の交流促進などを目的として行われます。
§ 未来の「なでしこジャパン」が燕市に集結します §

No.12 モンゴル国リオパラ五輪選手団の壮行会を開催
 7月 25 日(月)から合同練習で来燕しているモンゴル国パラアーチェリ選手 団のうち、3名がリオデジャネイロパランピックに参加されるため、出場選手の壮行会を行います。
§ パラアーチェリ競技出場選手3名にエールを送ります §
 
No.13 2 つの人材バンク制度を「燕市生涯学習人材バンク」としてリニューアル
 新たな学習活動の輪を広げ、活動人口の増加を図ることを目的に、既存の人材バンク事業である「わがまちの達人」と「まちの先生」を統合・再構築し、「燕市生涯学習人材バンク」としてリニューアルします。この度、市民の皆さんから人材バンクに登録する講師を募集します。
§ 講師として広く市民の方々から登録者を募集します §
 
■行事予定表
行事予定表(8月)はこちら

●記者会見資料(全て)はこちらをクリックしてください→配布資料はこちら(PDF/1.86MB)
 

このページの最初へ戻る

このページに関するお問い合わせ
企画財政部企画財政課
電話番号:0256-77-8352
 
 

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く