文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

「つばめいく」は中高生がクリエイターとつくるプロジェクトです。

つばめいくメンバー募集(中高生向け)

「つばめいく」は中高生がクリエイターとつくるプロジェクトです。
「つばめいく」では、燕市に住む、燕市に通う、燕市に興味のある中高生を対象に、クリエイターと一緒につくる地域プロジェクトです。
自ら学び、考え、実践する。本やインターネットだけでは得ることのできない経験値を積むことのできるプロジェクトです。

PDFファイルのリンク東京つばめいくチラシPDF(888KB)

実施内容について

つばめいくメンバーには燕市出身のクリエイターの方からカメラ・キャッチコピー・文章のまとめ方など様々な技術や手法・発信について学びながら主に、燕市の魅力を発掘してもらいます。具体的には「座学」・「取材」・「媒体」・「結果」の4つのスキームで実施します。
  1. 座学 - クリエイターの方から「座学」を通して学び、自らのポテンシャルを引き出します。
  2. 取材 - 「座学」の実践として燕市の魅力を「取材」にて発掘し、ルーツをインプットします。
  3. 媒体 - 「取材」内容をWebやtwitter等の「媒体」を通してアウトプットし続けていきます。
  4. 結果 - 「座学」で学び、「取材」し、「媒体」でアウトプットした内容を「結果」とし、功績としてアーカイブします。

講師について

  • プロジェクト監修・コーディネーター  (株)MGNET 武田修美 氏
新潟大学・青山学院大学と文科省連携事業、長岡造形大学と県の産学官連携プロジェクト、NSGグループ専門学校とのプロジェクト等多数のコーディネートやディレクションを担う。昨年よりプロデュースした製品ブランドが経産省主催「The Wonder 500」に2年連続で選定される。また、自ら親会社の広報を手がけ、近年ではフジテレビ「とくダネ」や日本テレビ「嵐にしやがれ」など
  • デザイン・クリエイティブ講師  ツムジグラフィカ 高橋トオル 氏
燕市生まれ。新潟市在住。デザインとアートを基盤に、国内外のものづくりや地域に関わる業務支援を行う。大地の芸術祭2015 にアーティストとして参加。モロッコの織物復興プロジェクトでグッドデザイン賞2015 を受賞。主な仕事に「水と土の芸術祭 WEB サイト制作( 新潟市)」「秋葉小夏・ディレクション/デザイン(秋葉区)」「越前浜 地域ブランディング(越前浜)」「つばめ若者会議WEB サイト制作( 燕市)」など。

応募について

応募資格
  • 中学生・高校生・中等教育学校生 5~10名程度(3名以内のチームでの応募可)
  • 2016年12月~2017年3月までの4~6回程度のカリキュラムに参加可能な方(土曜もしくは平日の夕方に開催予定)
応募方法
  • 11月7日(月)~11月29日(火)を応募期間とします。
  • 専用の応募フォーム→  http://www.task-asp.net/cu/eg/lar152137.task?app=201600025
  • 応募者には12月8日(木)の夕方に課題「燕市について」応募理由を絡めながら5分程度プレゼンテーションを実施します。

  ※プレゼン当日にご用のある方は別の日程を用意いたします。また、チームでのプレゼンも可能です。

このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く