文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

食育だより平成28年11月号子どもの健康(食生活)

毎月19日は食育の日です。
 食べることは生きるための基本であり、毎日を元気に過ごすために欠かせないものです。しかし、朝食を抜いたり、食事代わりにお菓子を食べたりと食生活の乱れが問題にもなっています。
 食べることの大切さだけではなく、子どもも大人も一緒に、何を食べるか選択する力を身につけていく必要があるかもしれません。

子どもの健康(2)食生活

 世界保健機関(WHO)の小児肥満撲滅委員会によると、過体重または肥満の乳幼児(5歳未満)が世界的に増加傾向にあること、また18歳未満の子ども全体でも増加傾向がみられると2016年1月に発表がありました。
 燕市でも4歳児・5歳児の幼児肥満の割合は県平均より高くなっています。
(棒グラフ)
過体重または肥満の乳幼児(5歳未満)の数の比較グラフ
1990年は3100万人に対し、2014年には4100万人、1千万人の増加が見られる




平成27年の幼児肥満出現率の、新潟県平均と燕市との比較グラフ
3歳児の肥満率:新潟県4.3%に対し、燕市は3.8%
4歳児の肥満率:新潟県3.9%に対し、燕市は4.3%
5歳児の肥満率:新潟県5.6%に対し、燕市は7.9%
 
 

なぜ肥満の子どもが増えているのでしょうか?

☆好き嫌いが多い
☆ファストフードやインスタント食品が多い
☆スナック菓子などのおやつが多い
☆消費カロリーより摂取カロリーが多い など

 私たちの周りには様々な食品があふれ、「いつでも、どこでも、好きな時に好きなものを好きなように食べることができる」ようになりました。そのため、好き嫌いや偏食が起こりやすくなったり、空腹を感じないまま食事や間食をとるため、カロリー、塩分、糖分のとり過ぎなどが原因にあげられます。

見直してみよう、食生活!!

☆1日3食、楽しく味わって食べる
☆バランスのいい食事
☆家族や仲間と一緒に作り、一緒に食べる
☆間食(おやつ)に気をつける  など

 朝・昼・夕の3食をバランスよく、しっかり食べることが基本です。また、よく噛むことで栄養の吸収がよくなり、食べすぎも防いでくれます。そして、家族と一緒に食べることで絆を深め、食事の楽しさを学ぶこともできます。
 空腹は何よりのごちそうです。間食(おやつ)をとるときには、食事の前に食べない、お皿に取り分けるなど気をつけて食べるようにしましょう。
 
 生活習慣病を引き起こす原因にもなる肥満ですが、成長期の子どもに極端な食事制限をするよりも、食べ方を見直したり、元気に過ごすための生活習慣を身につけることが重要になってきます。


←食育だより一覧ページに戻る

←食育カテゴリーに戻る

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く