文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

食育だより平成28年12月19日号

毎月19日は食育の日です。
食塩は体の水分量を調節したり、胃酸や消化液の分泌を促進するなど、私たちが生きていく のに必要なものです。しかし、とり過ぎると、血管を傷つけ、さまざまな生活習慣病を招きます。 塩分は調味料だけでなく、さまざまな食品に含まれているので、塩分を気にせず食事をして いると、あっという間にとり過ぎになってしまいます。まずは自分の食生活を振り返り、食事に含まれる塩分を気にすることから、減塩生活をスタートさせましょう。

どれくらい減塩したらよいの?
日本人の食事摂取基準(2015年版)では成人の1日当たりの食塩摂取量の目標量は男性8.0g未満、女性7.0g未満です。
食事摂取基準(2015年版)

全国、県民1日あたりの食塩摂取量はグラフの通り、年々減ってきてはいますが、まだ多い状況です。
目標値を基準に考え、県の平均食塩摂取量(男性11.3g、女性9.6g)と比較すると、今より更に 男性は3.3g、女性は2.6gの減塩が必要ということになります。

塩分のとり過ぎが招く病気と燕市の現状
塩分のとり過ぎは万病のもとです。高血圧から動脈硬化がすすみ、心筋梗塞や脳卒中を引きおこす危険が増すばかりか、胃がんなどの引き金にもなってしまいます。
燕市はメタボリックシンドローム該当者の割合、糖尿病(高血糖)の割合が高いことに加え、脳血管疾患、胃がんの死亡率が高い傾向です。燕市全体で減塩に取り組みましょう。
 
燕市の脳卒中
燕市は全国、県に比べ脳血管疾患による死亡比が高く、全国の平均を100とした場合、男性、女性と共に約1.4倍です。
 
燕市の胃がん
燕市は全国、県に比べ胃がんによる死亡比が高く、特に男性は全国と比較すると約1.7倍と高い割合です。
 
塩分1gの目安を覚えてとり過ぎを予防しよう。
濃口しょうゆ小さじ1杯(塩分0.9g)
食パン6枚切り1枚(塩分0.8g)
ウスターソース小さじ2杯(塩分1.0g)
ゆでうどん1玉250g(塩分0.8g)
かまぼこ2切れ30g(塩分0.9g)
ポテトチップス100g(塩分1.0g)
ロースハム3枚45g(塩分1.1g)
せんべい2枚40g(塩分0.8g)

もうすぐお正月ですね。おせち料理や加工食品には塩分を多く含むものがありますので、とり過ぎに注意しましょう。

無理なく減塩を始めよう。
舌はだいたい10日ほどで味に慣れていきます。少しずつ、段階的に塩分量をゆっくりと減らしていくと、気づかないうちに減塩することが出来ますよ。
 
味噌汁1杯分の味噌の量
10g(塩分1.2g)

 9g(塩分1.1g)

 8g(塩分0.9g)

インスタント味噌汁は1杯塩分2.0g程度です。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課
燕市保健センター
電話番号:0256-93-5461

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く