文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

平成29年1月31日市長定例記者会見

平成29年1月31日 市長定例記者会見
市長定例記者会見平成29年1月31日実施分
■市長報道発表事項

No.1 例年好評の天神講菓子展を各所で開催
「天神講」は、学問の神様・菅原道真公を命日である2月25日にお偲びし、学業成就や合格祈願、子どもの健やかな成長を願う、昔からの風習です。
その際にお供えする色鮮やかな「天神講菓子」を展示・即売する「天神講菓子展」を、今年も市内会場のほか新潟伊勢丹や新潟市岩室観光施設いわむろやでも開催します。新たに天神講キャンドルもお目見えし、天神講を色鮮やかに彩ります。

No.2 筑波大学の調査による長善館史料館所蔵資料の目録が完成
平成25年度から進めていた筑波大学との連携事業による長善館史料館所蔵資料の検証・整理が平成28年度で完了し、所蔵資料の目録を刊行します。延べ90名の学生、大学OB等が参加し、長善館史料館で所蔵している1,946点の文書(7割は書簡)や掛軸を網羅しました。今後は研究をはじめ、企画展などでも目録を活用し、長善館史料館の更なる活性化を図ります。

No.3 燕市中央公民館がグランドオープン
平成27年度に中央公民館の耐震改修工事を行い、更なる機能の充実を図るため、老朽化が進む隣接した勤労青少年ホームを解体し、その跡地に東棟を増築しました。
東棟の供用開始に先立ち、3月4日にオープニングセレモニーと内覧会、「市民教養講座フェスティバル2017」等を開催します。

No.4 子どもの心を育む!絵本読み聞かせ講座を開催
市では、読み聞かせ活動を市民に広げ読書活動を充実するため、市内の読み聞かせボランティアと連携して「BOOKサポーター育成事業」を実施しています。
その取り組みの一環として、JPIC※読書アドバイザーでもあるフリーアナウンサーの平井葉子さんを講師に迎え、読み聞かせに役立つ声の出し方等の技術や、聞くことの楽しさを伝える方法を学ぶための講座を開催します。

No.5 市民課窓口配布用封筒に広告を導入し経費削減
市民サービスを維持しながら経費の削減を図っていくため、広告主を自ら募集し、広告入り封筒を作成・無償提供していただける事業者を募集します。
提供いただいた封筒は、市役所市民課窓口のほか、燕・分水各サービスコーナーや各種証明書取扱郵便局で住民票の写しや戸籍謄・抄本など各種証明書類を交付する際に使用します。

No.6 アイデア創出イベントTSUBAME HACK!をTechShopTokyoとのコラボで開催
新しいアイデアやイノベーションを創出するための、魅力的なコミュニティーづくりを目的としたイベント「TSUBAME HACK!」。今回は都内にあるDIY工房「TechShopTokyo」※を会場に、都内クリエイターと燕の技術を繋げます。そのため、今回イベントに参加する、燕市のものづくり技術に関するアドバイザーも募集します。

No.7 首都圏の若者と市内企業との交流を促進
燕市では、燕市と首都圏の若者をつなぐ「東京つばめいと」事業を実施しており、UIJターンを促進するために、地方就職を検討している首都圏在住の学生向けに就職活動前の事前準備も兼ねた「地方就職セミナー」を開催します。また、首都圏学生等を対象としたインターンシップも行います。

No.8 デザインコンクール受賞製品が権威ある国際的デザイン賞を受賞
ジャパン・ツバメ・インダストリアルデザインコンクール2015で経済産業大臣賞を受賞した、(株)タケダの「MiLLi SECOND メタルメジャー」が、熟練の技による緻密さとデザインからなる美を追求した見た目、並外れた高品質感が評価され、ドイツデザイン賞のステーショナリー部門において「winner」を受賞しました。この製品は、ふるさと燕応援寄附金お礼の品にもなっています。

No.9 「スプーン展2017」を開催
燕市の産業を代表するものの1つにスプーンが挙げられます。そのスプーンをテーマに、燕市産業史料館にゆかりのある作り手たちが制作した作品を紹介します。また、会期中には作品解説会やスプーン制作体験など関連イベントを行います。

No.10 平成28年度Jack & Betty教室閉講式を開催
Jack & Betty教室では、年間25回のレッスンやイングリッシュ・サマー・キャンプなどで、英会話を中心に学習してきました。参加児童生徒が、その成果の一端を発表する閉講式を行います。 また、閉講式に先立ち、海外経験豊富な地元企業の経営者を講師にお招きし、今年度 第3回となるSpecial(講演会)を行います。

No.11 平成28年度 長善館学習塾閉講式を開催
長善館学習塾では、ビデオ制作、2泊3日のサバイバルキャンプ、防災キャンプ、テレビ局見学、映画館での職場体験など、様々な活動を行ってきました。1年間の成果を発表し、お世話になった方々への感謝の気持ちをお伝えするため、2月19日(日)に閉講式を開催します。

No.12 「羽ばたけつばくろ応援事業」活動報告会を開催
将来を担う人材育成を目的として、若者の主体的な活動を応援し、夢の実現や社会参画を支援する「羽ばたけつばくろ応援事業」を実施しています。今年度採択された4団体が、夢の実現を目指した活動や地域貢献活動の成果を発表する報告会を開催します。

No.13 住民による地域の居場所づくりを支援
平成29年度から介護予防・日常生活支援総合事業を開始するにあたり、住民主体による「地域の居場所」の立ち上げを支援するため、「地域の居場所のつくり方講座」を昨年11月から開催しています。この講座の第4回として、受講生が作成した企画を発表する会を実施します。今後は、介護の専門職を含む「燕市地域ケア推進チーム」や市役所内の部局を横断した「市役所庁内支援チーム」により、連携してサービスの立ち上げや、その後の支援を行っていきます。
このページに関するお問い合わせ

企画財政部企画財政課

電話番号:0256-77-8352

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く