文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

食育だより7月号 砂糖のとり過ぎに注意しましょう

食育だより平成29年7月号 砂糖のとり過ぎにご注意を!

夏の暑い日には、水分補給が欠かせませんが、どんなものを選んでいますか?夏においしい清涼飲料水やアイスには、たくさんの砂糖が含まれているものがあります。砂糖をとり過ぎると、食欲が落ちてしまい、夏バテの原因にもつながります。砂糖をとり過ぎないよう注意しましょう。

どれくらいの砂糖が含まれている?
1日あたりの砂糖摂取量(上限)は25g程度とされていますが、
スティックシュガー(1本3g)なら、8.3本分に相当します。
砂糖には、体や脳のエネルギー源になったり、心をリラックスさせる効果がありますがとり過ぎには注意が必要です。
 

以下に、主な飲料・飲食物に含まれる砂糖の量を記載します。

コーラ炭酸飲料 約60g(スティックシュガー20本分)
ジュース100%オレンジジュース48g(スティックシュガー16本分)

スポーツドリンクスポーツ飲料36g(スティックシュガー12本)
乳酸菌飲料乳酸菌飲料9g(スティックシュガー3本)

飲むヨーグルトのむヨーグルト200ml入り39g(スティックシュガー13本)
シェイクMサイズシェイクMサイズ90g((スティックシュガー30本)
アイスアイスクリーム21g(スティックシュガー7本)
シャーベットアイスシャーベット系アイス9g(スティックシュガー3本)
ゼリーゼリー18g(スティックシュガー6本)
水ようかん水ようかん21g(スティックシュガー7本)


手軽に飲めるペットボトル飲料ですが、1本(500ml)飲んでしまうと、たくさんの砂糖をとることになります。また、冷たいものは甘さが感じにくかったり、炭酸飲料は喉ごしがよいため、たくさん飲んでしまう可能性もあるので、気をつけましょう。
暑い夏には、『麦茶』がおすすめです。ミネラルが含まれているため熱中症の予防にも効果があります。ノンカフェインですので、小さなお子さんも安心して飲むことができます。
 
砂糖をとり過ぎると、何がいけないのかを確認しましょう。

・むし歯になりやすい
・集中力が低下する
・疲れやすい
・イライラしやすい
・糖尿病などの生活習慣病を引き起こす原因になる
 
※砂糖を消化するために、カルシウムやビタミンB1が使われたり、砂糖を摂取することでインスリンが過剰に分泌され、血糖値が下がりすぎるために、このような症状がでることがあります。

作ってみよう!!イオン飲料。自分で作れば、砂糖の量が調整できますし、とり過ぎを防ぐこともできます。

【つくりやすい分量】
水 500ml
砂糖 9~18g
(大さじ1~2)
塩 小さじ1/4
レモン汁 大さじ1

【作り方】全ての材料をよく混ぜ合わせる。
簡単にでき、甘さが加減できるので、手作りはおすすめです。

このページに関するお問い合わせ

健康福祉部健康づくり課

電話番号:0256-77-8182

 

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く