文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

イクボス研修会7月版開催報告

管理職員、人事担当職員向けセミナー【開催報告】

今、なぜイクボスが必要なのか? ~中小企業がワーク・ライフ・バランスを取り組み業績を上げている!それは何故なのか?~

 平成29年7月25日、講師に安藤哲也さん(NPO法人ファザーリング・ジャパン代表理事)を招き、上記のテーマでイクボス研修会を行いました。
 全国の事例紹介や講師自身の経験談を交えながら、イクボスとは何か、イクボスの重要性をテンポ良く分かりやすく講演していただきました。その後のグループワークでは、「イクボスがするべきこと」を話し合い、「これから自分は何をするか」を参加者一人ひとりに考えていただきました。

イクボスの「イク=“育”」は、「部下を育てる」「企業組織を育てる」「社会を育てる」という意味があります。参加された方々が、講座で得たことをイクボスとして、それぞれの職場で活かしてもらいたいと思います。

イクボスとは…職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の調和)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績・結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のことをさします。

【参加者】 43名(市内事業所12名、市のイクボス宣言を行った管理職員31名)

【参加者の声】
  • イクボスの意味がよく分かった。
  • 趣味や休日を充実させることで仕事にも部下にも良い影響を与えることができる。
  • 働き方の考え方について参考になった。
  • 自分の古い考え方が身にしみた。考え方を切り替えたい。
  • これまでの生活リズムを見直す契機となった。
  • まずは意識改革。自身が変わらねばと思った。   など。
担当課:地域振興課

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く