文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

8月2日から8月4日掲載分|架空請求メールに注意|つばめ・やひこ医療・福祉・介護フォーラム(伊勢みずほさん講演会)

有料動画料金の架空請求メールに注意!

◯「有料動画の閲覧履歴があり、その日のうちに連絡がないと法的措置を取ります」との電子メールを受けたとの相談が寄せられています。

◯このようなメールに驚いて、文面の連絡先に電話すると高額の支払い料金を請求され、その支払いとしてコンビニで電子マネーのギフト券を購入し、番号を伝えるよう要求されます。

◯最近は、実在する動画配信事業者やインターネット通販事業者、インターネット関連事業者などの名前を使用した電子メールを受けたとの相談が増加しているので注意が必要です。
 
アドバイス

☆架空請求メールは無作為に作成した番号宛に送信されており、個人情報を把握されているわけではないので、無視して構いません。連絡してしまうと個人情報を知られてしまうことがあるので、冷静に対処しましょう。

☆法的措置を取るというのは単なる脅しです。また、実在する事業者を名乗っていても事業者とは何の関係もないので、いずれも心配する必要はありません。

☆コンビニで電子マネーのギフト券を購入し番号を教えろ、という要求は身元を明らかにしないで金銭を受け取る詐欺の手口です。ギフト券の番号を相手に教えてしまうと相手にギフト券を自由に使われてしまいます。このような要求には応じないようにしましょう。

☆心配な時は、民間の窓口でなく、下記の消費生活相談窓口などに相談してください。
 
相談・問合せ

■市民課消費生活相談窓口 :電話0256-77-8302(直通)
■消費者ホットライン :188(いやや泣き寝入り)

このページに関するお問い合わせ

市民生活部市民課 市民生活係 消費生活相談窓口 電話番号:0256-77-8302

話題が変わります

つばめ・やひこ医療・福祉・介護フォーラム(伊勢みずほさん講演会)を開催します

「考えてみませんか?在宅療養」をテーマに、乳がんであることを公表した、フリーアナウンサーの伊勢みずほさんによる講演会を開催いたします。

フォーラムの概要
とき     平成29年8月20日 日曜日
午後1時30分から(午後1時開場)
ところ     燕市文化会館
定員 500名(申し込み先着順)
対象 燕市・弥彦村に在住・在勤の人、医療・福祉・介護の専門職・行政職の人 等
申し込み方法
(1) かんたん申請で申し込み
(2) 燕・弥彦医療介護センターに電話でお申し込みください。

その他     手話・要約筆記があります
 
フォーラムの内容
 
開場から開演(午後1時から午後1時30分)まで
【展示・体験コーナー】
燕歯科医師会・燕薬剤師会・地域包括支援センターの紹介
血管年齢・骨量・肌年齢測定などの体験
【物品販売】
就労支援センターつばめキャンドル
障害福祉サービス事業所 すきっぷ

講演会プログラム
(1) フラスタジオ ラウレア(吉田チーム)によるフラダンス
(2) 講演 「病を授かって見えたもの~キャンサーギフトという生き方~」フリーアナウンサー 伊勢 みずほ
(3)トークショー 「退院後も安心して家で暮らしたい~相談にいってみずほ~」

【進行役】
伊勢 みずほ
【パネラー】
佐藤 直明 (佐藤内科小児科医院 院長、燕・弥彦医療介護センター長)
星 由美子 (吉田訪問看護ステーション 看護師・管理者)
笠原 大輔 (燕市地域包括支援センターおおまがり 社会福祉士)
前田 美紗子 (岩室リハビリテーション病院 医療相談員)

問い合わせ・申し込み先
燕・弥彦医療介護センター 電話 0256-77-8856

8月2日から4日までの掲載分

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く