文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

平成29年10月22日実施 衆議院議員総選挙特集ページ

衆議院議員総選挙特集ページ

公示日 :平成29年10月10日(水曜日)
投票日 :平成29年10月22日(日曜日)
投票時間 :午前7時から午後8時まで

投票所

燕市では、市内39箇所に選挙期日(投票日当日)の投票所を設けております。
選挙の投票日当日に投票される方は、区域に記載されている投票所で投票してください。
(区域外の投票所では投票できません。)

投票できる方

衆議院議員総選挙の選挙権がある方は、日本国籍を有し、次の2つの要件をともに満たす方です。
(1)平成11年10月23日までに生まれた方
(2)平成29年7月9日までに燕市に転入の届出をし、10月9日まで引き続き市内に住所を有する方で、投票する日に選挙人名簿に登録されている方。
※平成29年7月10日以降に届出をされた方は、転入前の市町村に登録されている可能性があり、燕市で投票できない場合があります。はっきりと分からない方は、選挙管理委員会事務局にお訊ねください。
燕市内で住所を移動した方
10月3日以降に市内で転居した方は、以前の住所で選挙人名簿に登録されています。その際は、前住所地の投票所で投票してください。投票所は入場券をご確認ください。
燕市から転出された方
(1)燕市から他の市区町村に転出し、その転出先で平成29年7月9日までに転入の届出をした方は、転出先の市区町村で投票をすることになります。
(2)燕市の選挙人名簿に登録されていた方で、平成29年6月22日以降に燕市から他の市区町村へ転出し、その転出先で平成29年7月10日以降に転入の届出をした方は、燕市の選挙人名簿に登録されておりますので、投票は燕市で行うことになります。

投票の方法

投票所入場券が各世帯に届きます
投票できる方に、10月10日頃から投票所入場券を世帯ごとに郵送します。
入場券は、圧着式のハガキで世帯主名宛てに郵送し、1枚につき6人まで記載されています。投票においでの際は各自切り離してお持ちください。
入場券を紛失した場合でも、燕市の選挙人名簿に登録されていれば投票できます。その際は投票所で係員にお申し出ください。
また、投票日までに住所を変更された方は、その時期や転居先によって、投票できなかったり、前の住所地で投票をしていただくことがあります。
 
投票所での投票の仕方
1.投票所入場券をお持ちになり、指定の投票所へ行きます。投票所は入場券に記載されています。
2.受付で投票所入場券をお出しください。
3.受付(名簿対照係)で選挙人名簿に載っているか確認します。
4.確認後、投票用紙交付係で小選挙区選出議員選挙用の投票用紙をお渡しします。
5.投票所記載場所(記載台)で立候補者名の記入をし、投票箱に投函します。
6.投票用紙交付係で比例代表選出議員選挙と最高裁判所裁判官国民審査の投票用紙を交付します。
7.投票所記載場所(記載台)で比例代表用投票用紙に政党名などを記入し、最高裁判所裁判官国民審査用投票用紙に信任しない裁判官についてだけその氏名の上の欄内に×印を書きます。
8.投票箱に投函して終了です。

※投票日当日の投票所は、お住まいの地域によって異なります。「投票所一覧」をご確認ください。
※投票日当日に所用等で投票できない方は期日前投票ができます。詳しくは「期日前投票について」をご覧ください。

代理投票と点字投票

ご自分で文字が書けない方のための「代理投票」、視覚が不自由な方のための「点字投票」が利用できます。
選挙日当日の投票だけでなく、期日前投票でも利用できます。

代理投票
手や腕のけが等で、ご自分で投票用紙に書けない方のために、投票所(期日前投票所)の職員が代わって書く制度です。
代理投票をご希望の方は、その旨を投票所(期日前投票所)の職員にお申し出ください。投票所(期日前投票所)の職員2名が補助者としてお手伝いをいたします。このうち1人の補助者が、選挙人が指示する候補者の氏名等を記載し、他の1人がこれに立ち会うことになります。投票の秘密は守られますのでご安心ください。

点字投票
視覚が不自由な方は、点字で投票をすることができます。
点字投票をご希望の方は、その旨を投票所(期日前投票所)の職員にお申し出ください。点字投票用の投票用紙と点字器をお渡ししますので、点字器により点字を打ち、投票してください。

期日前投票とは

投票日当日に仕事や旅行など、次の理由がある場合に、選挙期日前に投票を行うことができる制度です。

仕事や学校等の用務がある
ショッピング、旅行、趣味等のレジャー活動のため投票区の区域外に出かける
病気やけが、妊娠、身体障がい等により外出が困難
住所移転のため他の市区町村に居住
台風の接近が予想されなど、天災又は悪天候により投票所に到達が困難

※「用務が未確定だけれども可能性がある」などの場合でも理由として認められますので、棄権せず期日前投票をご利用ください。
期日前投票の期間
平成29年10月11日 (水曜日) ~10月21日 (土曜日)
期日前投票所・投票時間
燕市では期間中、次の期日前投票所を設置しています。
土・日曜日も開いていますので、ご都合の良い時においでください。

 期日前投票のほかに、選挙当日に投票へ行けない方のために不在者投票制度があります。

不在者投票

    入院入所中の病院・老人ホーム等で行う不在者投票
    仕事や旅行等で滞在している市区町村で行う不在者投票
    身体に重度の障がいがある方の郵便による不在者投票

いずれの不在者投票を行おうとする場合も、書類の提出など手続きに時間がかかりますので、なるべくお早め(選挙の公示の前でもかまいません)に燕市選挙管理委員会または病院・老人ホーム等施設へお問い合わせください。
入院入所中の病院・老人ホーム等で行う不在者投票

病院、老人ホーム等の施設に入院・入所されている場合、その施設が「不在者投票指定施設」として都道府県選挙管理委員会の指定を受けていれば、その施設の中で不在者投票ができます。

施設で投票する場合は、各種手続きが必要となりますので、お早めに施設の事務室へお申し出ください。
仕事や旅行等で滞在している市区町村で行う不在者投票

仕事や旅行で燕市外に長期滞在しており、選挙当日の投票や期日前投票へ行けない方は、滞在先の市区町村選挙管理委員会で不在者投票ができます。

この制度で投票する場合は、事前に投票用紙などを文書で請求する必要があります。お早めに燕市選挙管理委員会へお問い合わせください。

〇不在者投票請求書(兼宣誓書)請求・郵送先
〒959-0295
新潟県燕市吉田西太田1934番地
燕市役所内
燕市選挙管理委員会事務局

〇不在者投票までのながれ
1.選挙人が不在者投票請求書を燕市選挙管理委員会へ郵送する。
2.燕市選挙管理委員会が不在者投票用の書類を選挙人へ郵送する。
3.選挙人がその書類一式を持参のうえ、最寄りの選挙管理委員会で投票の手続きをする。
4.最寄りの選挙管理委員会から燕市選挙管理委員会へ郵送される。

身体に一定程度を超える重度の障がいのある人は、郵便を利用し自宅で不在者投票ができます。対象となる方は下のとおりです。
ご自身が自書して投票する場合
お持ちの手帳等     障がいの種類     障がい等の程度
身体障がい者手帳     両下肢・体幹・移動機能の障がい     1級・2級
心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸の障がい     1級・3級
免疫・肝臓の障がい     1級・2級・3級
戦傷病者手帳     両下肢・体幹の障がい     特別項症から第2項症まで
心臓・じん臓・呼吸器などの内臓機能障がい     特別項症から第3項症まで
介護保険の被保険者証     要介護5 (要介護状態区分)
 
代理投票する場合
ご本人が投票用紙に自書できない場合は、代理記載人が記載する投票 (代理投票) を行うことができます。代理投票の対象となる方は下のとおりです。
 
お持ちの手帳等     障がいの種類     障がい等の程度
身体障がい者手帳     上肢・視覚の障がい     1級
戦傷病者手帳     上肢・視覚の障がい     特別項症から第2項症まで

郵便による不在者投票をするには、燕市選挙管理委員会が交付する「郵便等投票証明書」が必要です。
「郵便等投票証明書」は、選挙期間でなくとも交付していますので、郵便による不在者投票を利用される方は、あらかじめ交付申請手続きをしておくことをおすすめします。

「郵便等投票証明書」の交付申請など届出については、燕市選挙管理委員会へお問い合わせください。

また、郵便等投票証明書をお持ちの方は不在者投票請求書を取り寄せ、選挙管理委員会から郵送された書類に必要事項を記入のうえ、郵便等投票証明書を添えて10月18日 (水曜日) までに選挙管理委員会へ返送してください (必着) 。
到着後、投票用紙を郵送します。

外国にいても日本の国政選挙(衆議院議員選挙、参議院議員選挙)の投票ができます。

投票するには、まず居住地の地域を管轄する在外公館(大使館・総領事館)で在外選挙人名簿への登録を申請する必要があります。
登録された方には、投票時に必要な「在外選挙人証」が、申請先の市区町村選挙管理委員会から大使館・総領事館を通じて交付されます。
登録資格

次のすべてに該当する方です。

    年齢が満18歳以上の方
    日本国籍をお持ちの方
    海外に3ケ月以上お住まいの方
    住所を管轄する大使館・総領事館の管轄区域内に引き続き3ケ月以上お住まいの方)

ただし、居住国への帰化などで日本国籍を失った方、公民権停止を受けている方は対象になりません。
申請方法

居住地を管轄する在外公館(大使館や総領事館)の領事窓口に申請してください。

    ※申請書は在外公館に置いてあります。
    ※受付時間は、在外公館の領事窓口の受付時間ですので申請の際は事前にお調べください。
    ※申請時において3ケ月以上住所を有している必要はありません。在留届の提出時に同時に申請できます。(この場合は、在外公館が3ケ月以上住んでいることを確認したのちに登録されます。)
    ※同居家族(在留届に記載されている同居家族等)を通じて、本人が署名した申請書等により申請することもできます。

在外選挙人名簿の登録市区町村
日本国内の最終住所地の市区町村の選挙管理委員会となります。

ただし、次のいずれかの場合は申請時の本籍地の市区町村選挙管理委員会となります。

    平成6年(1994年)4月30日までに出国された方
    国外で生まれ、日本で暮らしたことがない方

申請時の提出書類

旅券(提示できない場合は、旅券に代わる身分を証明する書類)
住所を定めた日から申請日まで、領事館の管轄区域内に居住していることを証明する書類

※同居家族等を通じた申請は、上記書類のほかに「同居家族等の旅券」及び「申出書」が必要です。
投票の方法

対象となる選挙は、衆議員議員及び参議院議員の選挙です。(補欠選挙、再選挙を含む)
選挙できる選挙区は、登録された市区町村の属する選挙区です。

投票の方法は次のいずれかになります。
在外公館投票

直接大使館・総領事館に出向き、「在外選挙人証」と「旅券」等を提示して投票する方法です。
郵便等投票

登録市区町村の選挙管理委員会に対して、投票用紙の交付申請を行い、入手後に記載のうえ、選挙管理委員会へ返送する方法です。
日本国内における投票

一時帰国等により、国内で投票する方法です。
期日前投票・不在者投票は国内と同じ手続きで、選挙日当日は指定された投票所で投票できます。

詳しい投票の方法については、居住地地域を管轄する在外公館、または登録市区町村の選挙管理委員会へお問い合わせください。(手続き等に時間がかかる場合がありますので、なるべくお早めにお問い合わせください。)

開票について

日時:平成29年10月22日 (日曜日)  午後9時00分開票開始
会場:燕市民体育館 (燕市大曲3015番地)  外部へ接続のリンク地図

※各候補の得票数などについては、開票結果の確定次第ホームページにて公開します。


このページに関するお問い合わせ
選挙管理委員会事務局
電話番号:0256-77-8313



 

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く