文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

パソコンで年賀状作成講座|燕市妊活応援セミナー|ふるさと納税返礼品の提案募集開始|親子防災バスツアーを開催

12月7日開催パソコン講座「デジカメde年賀状作成講座」受講生募集

 中央公民館では、パソコン講座「デジカメde年賀状作成講座」を開催します。お気に入りの写真で、オリジナル年賀状用を作成してみませんか?

とき 12月7日(木)、8日(金) いずれも午後7時から9時、2回通しの講座となります。

ところ 燕市中央公民館 2階 第2研修室(燕市総合文化センター内)

対象 市内在住・在勤で文字入力ができる人(2回とも出席できる人)

講習内容 写真データの取り込み、編集加工、年賀状への貼りつけ

講師 燕ITボランティアの会

募集人数 20人

受講料 1,000円(初日に徴収します。)なお、PC機器は当方で用意します。(OS:Windous8.1)

持ち物 写真データかデジタルカメラ(接続ケーブル等を含む)

申込方法
※お電話の場合 0256-63-7001  燕市中央公民館

申込期間
11月15日(水) 午前8時30分 から 11月28日(火)午後5時まで
※定員を超えた場合は抽選とさせていただきます。

このページに関するお問い合わせ
教育委員会社会教育課(燕市総合文化センター内)
電話番号:0256-63-7001

燕市妊活応援セミナーを開催します!

子どもが欲しいと思っているあなたも、不妊治療を始めようと思っているあなたも、次のステップへ踏み出すために一緒に学びませんか? 男性の参加もお待ちしています。

とき 平成29年12月17日(日) 午後2時~午後3時30分(受付:午後1時30分~)
ところ 燕市保健センター 燕市吉田大保町25番15号
対象 燕市在住または在勤の妊娠を希望する人、不妊に悩んでいる人、不妊治療を始めようと思っている人
内容 「知ってほしい!不妊治療の話」
内容:不妊治療に関する知識、妊娠に備えた身体づくり
講師:
有森直子さん(新潟大学大学院保健学研究科教授)
長谷川久美子さん(新潟大学医歯学総合病院不妊症看護認定看護師)
定員 30名
参加費 無料
申込方法 電話の場合(平日の午前8時30分~午後5時15分)
健康づくり課健康推進係 0256-77-8182 FAXの場合(24時間申込可)
健康づくり課健康推進係 0256-92-2119

※FAXの場合は土曜日、日曜日もお申し込みできます。
※氏名、性別、年齢、住所、電話番号、個別相談の希望の有無をお知らせください。
申込期限 平成29年12月14日(木)
その他 終了後、個別相談があります。希望する人は、お申し込み時に予約が必要です(先着6組、主治医がいない人を優先させていただきます)。

お問い合わせ お気軽にお問い合わせください:
健康福祉部健康づくり課
電話番号:0256-77-8182

「ふるさと燕応援寄附金」(ふるさと納税)に係るお礼の品の提案募集

燕市では、ふるさと納税制度に基づき、燕市の魅力をPRしてイメージアップを図り、応援人口と交流人口の拡大を図るため、地場産品を寄附者に贈呈する事業を平成26年5月から行っています。この事業は、寄附をいただいたお礼として、燕市を感じていただける地場色を分かりやすく表した品々を贈呈することにより、燕市を広く知っていただくきっかけ作りを担っている事業です。そこで、より燕市のふるさと納税を推進し、当市の高い技術や優れた製品などを全国の方々に知っていただくために、平成30年度前期分のお礼の品に関する提案事業者及び提案品の募集を開始します。

「ふるさと燕応援寄附金」に係るお礼の品の募集内容
提案できる事業者の要件、提案できる商品の要件及び申込み・相談窓口などを次の要領に定めてありますのでご確認ください。
※前回の要領から内容が修正されていますので、必ずご確認ください。

「ふるさと燕応援寄附金」に係るお礼の品の募集期間 毎年度、前期・後期の2回に分けて募集を行います。

期別取扱期間 提案募集期間 (市役所受付日)
前期分 平成30年4月1日~平成31年3月31日
平成29年11月15日(水曜日)~平成29年12月15日(金曜日)募集を開始しました

後期分 平成30年10月1日~平成31年3月31日
平成30年7月2日(月曜日)~平成30年7月31日(火曜日)に募集を予定しています

【注意】 「ふるさと燕応援寄附金」に係るお礼の品の提案に関するその他の連絡事項
1.「お礼の品」はご寄附に対する燕市からのお礼としてお贈りするものです。「ふるさと燕応援寄附金事業」の趣旨・目的を十分ご理解いただいた上でご提案ください。
2.「ふるさと燕応援寄附金事業」は通販サイトではありません。燕市のPRと知名度アップなどが目的であり、その中で事業者及び商品を紹介するものです。また、お礼の品として取扱いを開始した後の受注を約束するものではありません。
3.上の要領の1ページに定められている各種組合等の加入の有無については、燕市の同業種の活性化と商工業の発展等を目的として組織された団体であり、これからも燕市のPRに必要不可欠な団体であることから、こちらに属していることを条件としています。
4.ふるさと納税制度は、税制に基づく制度です。そのため、税法の改正などにより「ふるさと燕応援寄附金事業」の継続を約束するものではありません。
5.ふるさと納税制度は、総務省からの通知により、お礼の品の取扱いに制限等があります。「ふるさと燕応援寄附金事業」はその通知に基づいてお礼の品を取り扱っていますので、提案品については協議又は辞退していただく場合があります。

【総務省等からの通知(要旨)】
○返礼品の「価格」や「返礼割合(寄附額の何%相当など)」の表示を行わないようにする。
○次に掲げる返礼品は、例外なく、送付しないようにすること。
・金銭類似性の高いもの(プリペイドカード、商品券、電子マネー・ポイント・マイル、通信料金など)
・資産性が高いもの(電気・電子機器、家具、貴金属、宝飾品、時計、カメラ、ゴルフ用品、楽器、自転車など)
・価格が高額のもの・寄付額に対する返礼割合の高いもの
※返礼品として3割を超える返礼割合のものを送付している地方団体は、速やかに3割以下とすること。
○各地方団体は、地元住民に対し返礼品を送付しないようにすること。
○各地方団体は、返礼品(特産品)の送付等、ふるさと納税に係る周知、募集その他の事務について、寄附金控除の趣旨を踏まえた良識ある対応を行うこと。
○各地方団体は、返礼品(特産品)を受け取った場合の当該経済的利益については一時所得に該当するものであることから、良識ある対応を行うこと。(当該経済的利益=受け取った返礼品の価値が50万円を超えた場合は一時所得として課税対象になることを意味しています。)

このページに関するお問い合わせ
総務部 総務課 総務係
電話番号:(専用ダイヤル)0256-77-8301
ファクス:0256-92-2112


「防災親子バスツアー」の参加者を募集します。

近年、全国各地で大きな災害が頻発しています。災害時は、家族内で助けあう「自助」だけではなく、自治会など地域単位でも助けあう「共助」も大切です。今回、親子で防災について学ぶことができる「親子バスツアー」を実施します。
「災害が発生したときに家族で何ができるか?」
もしものときの備えとして、ぜひこの機会に親子で防災を考えてみませんか?みなさまのご参加をお待ちしております。

内容の詳細
●日時 平成29年12月10日(日曜日)
●行程・時間
(1) 燕市役所北側駐車場出発 9時00分

(2) 長岡震災アーカイブセンター「きおくみらい」 10時00分

(3) 妙見メモリアルパーク 11時30分

(4) おぢや震災ミュージアム「そなえ館」 12時30分(昼食・休憩含む)

(5) 燕市役所着 16時30分

●対象 市内の小学校と保護者
●定員 20組(40名)
●参加費 無料
●申込期限 平成29年12月6日(水曜日)まで
※ 定員に達し次第、申込を終了しますので、ご希望の方はお早目の申込をお願いします。
●その他
(1) 昼食は各自でお持ちください。昼食が必要な方はご用意しますので申込時にお伝えください(有料)。
(2) お子さんが複数人の参加になる場合はご相談ください。
●申込・問い合わせについて 防災課防災対策係 電話番号 0256-77-8381

このページに関するお問い合わせ
防災課
電話番号:0256-77-8381
 

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く