文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

越後つばめの天神講菓子で合格祈願 今年は早めに販売開始

越後つばめの天神講 春を呼び込む天神講
「天神講」は、学問の神様・菅原道真公を、命日である2月25日にお偲びし、学業成就や合格祈願、子供たちの健やかな成長を願う風習です。
全国各地で様々な天神講にまつわる風習が残っており、燕市の中でも地区や家庭によって違いはありますが、燕の天神講は、お供えする色鮮やかなお菓子が特徴で、「天神講のお菓子を食べると勉強ができるようになる」と言い伝えられてきました。
鯛や梅、海老に招き猫、だるまに大黒天など、お店ごとにいろいろな種類があり、主役である天神様の表情もそれぞれのお店で違います。
皆さんのご家庭でも、色とりどりの天神講菓子をお供えして、春を呼び込みましょう。

天神講菓子のご紹介
燕の天神講菓子は色鮮やかです。お店によって種類も様々です。ぜひそれぞれのお菓子を手にとって比べてみてください。

粉菓子 中に餡が入った粉菓子です。

金花糖 主に分水地区、吉田地区で製造されており、砂糖を型に流し込み、冷やし固めて彩色した砂糖菓子です。

生菓子 日持ちしないため長期間のお供えは難しいですが、人気のある和菓子です。

越後つばめ天神講菓子展やイベントのお知らせ
今年は天神講のお菓子で合格祈願!
例年2月に天神講菓子展を実施していますが、今年は「天神講のお菓子を食べると勉強ができるようになる」という言い伝えにあやかり、受験生応援のため、一足早く道の駅国上で天神講菓子を販売します。

◇販売期間 1月6日(土)~1月21日(日)※1月9日(火)、1月15日(月)は休館日
◇販売場所 ふれあいパーク久賀美(燕市国上5866-1、営業時間午前10時~午後5時30分)
◇販売内容 天神講菓子(金花糖、粉菓子、生菓子)

天神講菓子展
毎年、市内のお菓子屋さんにご協力いただき、市内外の会場で、色鮮やかな天神講のお菓子を展示・販売しています。
何店ものお菓子の中から、お気に入りの天神様を見つけてください。
ご家族おそろいで、ぜひ会場へお越しください。
※平成30年の菓子展の予定につきましては、決まり次第、順次公開します。
  
各施設でのイベント
各施設で行うワークショップや体験会についての情報を紹介します。

※平成30年のイベントの予定につきましては、決まり次第、順次公開します。

関連イベント
※平成30年のイベントの予定につきましては、決まり次第、順次公開します。

天神講を楽しむグッズのご紹介
天神講キャンドル
結婚式場で使ったキャンドルを原料にした「幸せのおすそ分けキャンドル」を作成しているつばめキャンドルさんに、菅原道真公をモチーフにした天神講キャンドルを制作していただきました。天神講菓子展の期間に数量限定で販売しております。

かんたん手づくり「道真くん」キット
「天神様の掛け軸や像なんて持ってないよ?」という皆さん、ご安心ください。誰でも簡単に作ることができる「道真くん」キットをご用意しました!色を塗って組み立て、お菓子をお供えすれば、立派な「天神講」ができちゃいます。

このページに関するお問い合わせ 産業振興部商工振興課 電話番号:0256-77-8231

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く