本文へジャンプする

現在のページ

  • 障がい者向けサイト
  • 市長定例記者会見2月27日実施分概要|広報が県知事賞を受賞|アスリート弁当|つばめデザインコンクール受賞作品|仮想通貨トラブルにご注意を|ワールドカップ応援フラッグ

市長定例記者会見2月27日実施分概要|広報が県知事賞を受賞|アスリート弁当|つばめデザインコンクール受賞作品|仮想通貨トラブルにご注意を|ワールドカップ応援フラッグ

平成30年2月27日 市長定例記者会見

No.1 つばめアスリート弁当の調理協力店等を募集
§ 市内のスポーツ大会等で提供されます §
地産地消を促進し、地域経済の活性化を図るとともに、スポーツ選手のパフォーマンス向上を図るため、オリンピアン初の管理栄養士である、高橋千恵美さん監修による4種類の「つばめアスリート弁当」を開発しました。この「つばめアスリート弁当」を市内で開催される各種スポーツ大会等で提供するため、調理などを行ってくださるお店等を募集します。それに伴い、3月8日に応募者向け説明会を開催します。
市長定例20180227
(本件についてのお問い合わせ先 本件についてのお問い合わせ先 教育委員会 社会教育課:宇佐美、村上 電話:0256-77-8368(直通))
No.2 住民票等の第三者交付に対する本人通知を開始
§ 通知を受けるには事前登録が必要です§
住民票の写し等の不正取得を抑制し、個人に対する権利侵害を防止するため、住民票の写しや戸籍謄本などを代理人など第三者※へ交付した場合に、その旨を通知する制度を新設します。通知を受けるためには、事前登録が必要となります。市役所1階の市民課窓口へお申し込みください。
※第三者とは;本人から依頼を受け、委任状を持参した人(代理人)や、弁護士、行政書士等、業務の遂行のために、証明書等が必要な人など
(本件についてのお問い合わせ先 市民生活部 市民課:竹野 電話:0256-77-8107(直通))
No.3 保育ニーズに柔軟に対応できる体制を構築
§ 新たに設置する人材バンクの登録者を募集します§
保育士等の臨時的な不足に柔軟に対応し、一時保育などのニーズに応えるため、保育士等の有資格者から事前登録をしていただく「保育士等人材バンク」を県内で初めて設置します。この「保育士等人材バンク」の運用に先立ち、登録していただける方を本日より募集します。
(本件についてのお問い合わせ先 教育委員会 子育て支援課:清水、坂本 電話:0256-77-8222(直通))
No.4 燕市東部学校給食センターが完成
§ 高い衛生基準を確保し、より安全安心な給食をお届けします§
吉田・分水地区の「燕市西部学校給食センター」に続き、燕地区に「燕市東部学校給食センター」が完成し、燕市の学校給食施設の全てが完成しました。子どもたちに安全安心な給食を届けるため、衛生管理、アレルギー対応などに配慮した最新の設備となっています。また、調理配送等は、燕地区の学校給食を当初から担ってきた(株)味彩燕に引き続き委託します。4月からの本格稼働を前に、竣工式および一般見学会を実施します。
(本件についてのお問い合わせ先 )
No.5 新潟県広報コンクール 2年連続で県知事賞を獲得
§ 地域おこし協力隊員が撮影した写真を含む作品が受賞しました§
平成29年度 新潟県広報コンクール(主催:新潟県広報協議会)において、「組み写真の部」で県知事賞を受賞しました。昨年度の広報映像部門での受賞に続き、2年連続受賞となります。県知事賞を受賞した作品は、平成30年全国広報コンクール(日本広報協会主催)に推薦されます。この受賞作でメインとなっている写真は、地域おこし協力隊員が撮影したものです。
広報コンクール2017
(本件についてのお問い合わせ先 企画財政部 地域振興課:浮蓮 電話:0256-77-8363(直通))
No.6 燕(エン)ジョイ活動部がデートマップを作成
§ 学生や若者向けのデートコースなどを掲載しました§
つばめ若者会議「燕ジョイ活動部」が、市内外の若者が燕市に愛着を持ってくれるようにとの願いを込めて、燕市デートマップ「つばめ恋てばマップ」を作成しました。お店やコースは実際にまちあるきをする中で選定。若者ならではの発想で、QRコードを活用し、MAPなのに地図がないのが特徴です。 3月より市内公共施設や高校、県内大学などで配布を開始します。また、つばめ若者会議公式Webサイトにおいてデータ版の配信も行います。
つばめ恋てばマップ
(本件についてのお問い合わせ先 企画財政部 地域振興課:外山  電話:0256-77-8361(直通))
No.7 カンカンBOOK・福服BOOK 感謝状および児童図書贈呈式を開催
§空き缶や古着が229冊の児童書になりました§
ごみの減量化と再資源化を促進するため、協力事業所・団体から飲料用の空き缶をご寄附いただく「カンカンBOOK」と、家庭で不要となった古着・カバン・靴などをご寄附いただく「福服BOOK」を実施しています。両事業ともに大変多くの方にご協力いただき、過去最高の実績をあげることができました。その感謝をお伝えするため、「カンカンBOOK」協力事業所の皆様への感謝状贈呈式と、両事業を合わせた児童図書贈呈式を開催します。
(本件についてのお問い合わせ先 市民生活部 生活環境課:丸谷 電話:0256-77-8167(直通))
No.8 「つばめ元気かがやきポイント事業」表彰・認定式および抽選会を開催
§ 登録者は1万人を突破、264人が表彰・認定されます§
4年目を迎えた「つばめ元気かがやきポイント事業」の今年度の取組期間が終了し、「健康ヒーロー」の表彰、各種マイスターの認定式と今年度2回目となるお楽しみ抽選会を開催します。今年も同会場で健康づくりをテーマにしたイベント「元気まつり2018」※と、簡単な体操の講座も同時開催します。
※元気磨きたい・保健推進委員・食生活改善推進委員の活動成果をPRし、健康づくり・元気づくりを広めるためのイベント。
(本件についてのお問い合わせ先 健康福祉部 健康づくり課:五十嵐 電話:0256-77-8182(直通))
No.9 “燕市産業史料館で企画展と根付制作体験会を開催
§近代産業と伝統工芸を両方楽しんでいただけます§
産業史料館3月の企画展は、全国一位の生産量を誇る燕の金属洋食器、その製造に不可欠な「プレス機」をテーマに、聞きなれない人が多いユニークなプレス音に着目し、機械本体を展示するのではなく、音や映像で紹介します。 また、日本有数のきせるコレクション「丸山コレクション」の展示を「根付※の造形美」をテーマに行っていることから、伊勢根付職人を招いた根付制作体験を行います。
(本件についてのお問い合わせ先 産業振興部 商工振興課:桑原 電話:0256-63-7666(直通))
リンク:外部へ接続のリンク燕市産業史料館(外部サイト)
No.10 2018FIFA ワールドカップの応援フラッグプロジェクトに燕市も参加
§日本代表チームへの応援フラッグにメッセージを書き込みます§
2018FIFA ワールドカップロシアに向けた「日本最大の応援フラッグプロジェクト」。このプロジェクトは、全国各地で日本代表チームへの応援メッセージをフラッグに書き込み、それを集めて縫製し、ピッチサイズ(横約96m×縦約56m)にもなる超巨大応援フラッグをつくるというものです。 スポーツ少年団 サッカーチームの練習日にあわせて、メッセージを書き込む機会を設けます。子どもたちだけでなく、一般の方も書き込んでいただけますので、是非この機会に応援メッセージを届けましょう。
(本件についてのお問い合わせ先 教育委員会 社会教育課:宇佐美、藤田 電話:0256-77-8368(直通))
このページに関するお問い合わせ
企画財政部企画財政課
電話番号:0256-77-8352

「広報つばめ」が新潟県広報コンクールで県知事賞を受賞!

「広報つばめ」が平成29年度新潟県広報コンクール「組み写真の部」で県知事賞を受賞しました。
受賞作は7月1日号 「国上山探訪」の2~3ページ目で、メインとなっている写真は、地域おこし協力隊員が撮影したものです。
今後も「広報つばめ」をよろしくお願いします。
このページに関するお問い合わせ
企画財政部地域振興課
電話番号:0256-77-8363

「仮想通貨」に関するトラブルにご注意ください!

 インターネットを通じて電子的に取引される、いわゆる「仮想通貨」の購入などにおけるトラブルが増加しています。また、仮想通貨の交換と関連付けた投資や詐欺的なトラブルも発生しています。
※仮想通貨とは・・・・
・インターネット上で自由にやり取りされ、通貨のような機能を持つ電子データのこと。
・円やドルのように国が価値を保証している法定通貨でなく、その価値を信頼する人たちの間でのみ通用するもの。
アドバイス
 (1)仮想通貨交換業の登録業者かどうか確認する。
 仮想通貨交換業者は金融庁・財務局の登録が必要です。相手が登録業者か金融庁・財務局のホームページで確認しましょう。
 (2)仮想通貨のリスクが理解できなければ契約しない。
 仮想通貨は国が価値を保証している「法定通貨」と異なり、価格が急落するなど損をする可能性があります。リスクなどを十分理解できなければ契約しないでください。
困ったときの相談窓口
■金融サービス利用者相談室 :電話0570-016811
■消費者ホットライン :電話188(いやや!泣き寝入り)
■警察相談専用電話:電話 ♯9110
このページに関するお問い合わせ
市民生活部市民課 市民生活係 消費生活相談窓口
電話番号:0256-77-8302

ジャパン・ツバメ・インダストリアルデザインコンクール2018の受賞製品をご紹介します。

※コンクールには「金属洋食器・金属ハウスウェア部門」と「関連商品・新分野開発製品部門」の2部門があります。
グランプリ 経済産業大臣賞(両部門を通じて最も優れた製品)
【製品名】新ヤスリ「初爪 HATSUME」
【企業名】有限会社柄沢ヤスリ
【所在地】燕市燕598-5
【デザイナー】石上大輔
開発のきっかけは、「片マヒの患者さんにも使える爪ヤスリを医療現場が探している」という大学病院の医師からの声でした。リハビリ現場の意見を集約しながらデザイナー・医師・ヤスリ屋がタッグを組んで完成したのがこの新爪ヤスリ「初爪HATSUME」です。極限まで目の細かさにこだわったカーブ付きのヤスリをシリコン製の台座にセットすることで、置いても持っても使える2WAYタイプの全く新しいヤスリが誕生しました。また今では稀少となった日本の伝統的なヤスリの技術を駆使することで、どの方向にも爪を削ることができるのも大きな特徴です。爪のケアを気遣う全ての方にお使いいただける画期的な爪ヤスリです。
【審査員コメント(抜粋)】
◎社会的背景をたくみに捕らえたやさしいデザイン。
◎医師のアドバイスのもとにつくっていることが高い評価。
◎ストーリー性がある。
◎社会課題へのソリューション提供。
◎関係者と共に開発した完成度の高い製品であると感心いたしました。
◎良いアイデアでデザインにも良い。革新的。
◎デザインもかわいい。
◎ユニバーサルデザインの好例。
◎時代のニーズに的確に応えた良品である。
◎実践の必要あり。
◎よく練られた商品開発コンセプト。

金属洋食器・金属ハウスウェア部門受賞製品

準グランプリ
中小企業庁長官賞
【製品名】メジャーカップ スマート・ワイン
カップ・カクテルカップ・シャンパンカップ・
カクテルシェーカー グランデ
【企業名】三宝産業株式会社
【所在地】 燕市小池3492番地2
無機質で固く冷たいというステンレスのイメージを払拭し、温かみを感じるような柔らかでふっくらとした印象をテーマに挑戦したシリーズです。全く継ぎ目のわからない二重構造に滑らかな流線形、一見シンプルで何の変哲も無いように見えて誰にでも作れるものではない。長年培ってきた成型、溶接、研磨の技術の粋を駆使して実現した商品です。継ぎ目や隙間の全くない構造は実際機能的で、堅牢且つ衛生的。一度手にすればいつまでもご愛用いただける特別なアイテムとなることでしょう。
【審査員コメント(抜粋)】
◎美しい。プロの世界への提案と高評価。
とにかく仕上げが美しい。それだけでも価値がある。
◎美しい仕上・フォルム。
◎グラスとして重いのが難。
◎バーカウンターでの姿が美しい。
◎キズのメンテナンスもするサービスを入れるべき。 
◎技術・美しい加工・仕上げだが、深さのある形状なので、内容物のお酒が見えない。残念。
◎バーテンダーへの「使用感」の調査はされたのでしょうか?
◎手がすべらないのか?

優秀賞

関東経済産業局長賞
【製品名】カレー賢人 サクー
【企業名】山崎金属工業株式会社
【所在地】燕市大曲2570
【デザイナー】山崎金属工業株式会社デザイン開発チーム
「カレーの具材を割く」ことから名付けられた「サクー」。左から右にかけてスプーンの縁が上がっている縁起の良い右肩上がりデザインは右手でもって使いやすい形状となっています。スプーン先端にはヘラがついており、ルゥの飛び跳ねを抑え、具材を切り分けることができます。また、皿の局面部分もカトラリー製造業界ではタブーとされている左右非対称の形状。ルゥを口に入れやすく、流し込みやすくする為で、まさに食べ手の願いを叶えたスプーンです。
【審査員コメント(抜粋)】
◎美しいフォルムである。
◎カレーは日本の代表的な家庭食。カレーの様々な具材を切りやすく食べやすい。
◎日常的な道具のいやみのない形を評価。
◎左右非対称のスプーンが市場で好評を得たとは興味深い結果です。成功を願います。
◎具材の切り分けができるスプーンという発想は良いと思いました。あとは、実際の使い勝手、口に触れた時の感じの良さにより、ヒットが見込まれると期待いたします。
◎食べやすそう。
◎ジャガイモ、人参などの切り分けに便利そう。
◎右手使用のみを考慮している点が残念。
◎審査対象外ですが、パッケージも良いです。

審査委員特別賞

【製品名】アイカタ 両口 ステンレス雪平鍋18cm
【企業名】株式会社ヨシカワ
【所在地】弥彦村大字大戸635番地3
通常の口出し工程では出しづらかった大きな注ぎ口をこの雪平鍋は絞り工程を見直し、後処理が大変な溶接や焼鈍をせずに実現。注ぎやすさは勿論、汁などの尻回りもしにくくなっています。ハンドルは持ちやすく、手によくなじむ木製を使用し、左右どちらからでもうまく注げる形状にもこだわりました。木製だけに弛んだら締め直しもできる仕様になっています。専用の蓋は調理時に少しズラせば蒸気を逃がしたり、茹で汁を捨てる時にも役立ちます。大きいツマミは掴みやすく、テーブル等に置いた時にも安定する形状になっています。
【審査員コメント(抜粋)】
◎新しい機能を加えることにより、更に道具としての機能美が生かされていると思う。
◎両口の加工が素晴らしい!
◎いやみのない素直な表現。
◎注ぎ口の努力がすばらしく、商品性もある。
◎絞りきれていない。
◎雪平鍋で蓋のある製品は魅力的だと思いました。
◎形状の美しさの面では、工夫の余地があるのではないかと思います。
◎口出し近辺がいびつ。
◎きれいで便利なユキヒラ。
◎注ぎ口の作りが素晴らしい。
◎家庭でも永く使用できそう。
◎丁寧な仕事の良い製品です。

審査委員特別賞

【製品名】まかない丸バット&まかない平ザル
【企業名】一菱金属株式会社
【所在地】燕市燕49-7
【デザイナー】小野里奈
丸型でボウルの蓋としても使えるバットと平ザルのセット。食の安全上のリスクを解消した誰もが安心して使える、隙間が全くない浅型の水切りキッチン道具です。
【審査員コメント(抜粋)】
◎バットと平皿のセット。面白い発想である。
◎ザルはもう少し深めのほうが使いやすいのではないか・・・。
◎新しいカテゴリーの製品であるが、もっと魅力的な名称でそれを表現されたい。
◎バットと平ザルのセットというアイデアは良いと思います。
◎一度セットされたものを外す際の取り扱いにくさを解消されることを期待いたします。
◎バットからザルを取り外すのが多少困難に感じる。
◎美しさはある。
◎イチゴ用、サクランボ用とか特化してもいい。写真の撮り方で売れます。
◎取り外しのために、皿に溝を入れるべき。 審査員特別賞 まかないバット&平ザル

関連商品・新分野開発製品部門受賞製品

準グランプリ
経済産業省 製造産業局長賞
【製品名】Primario ルーペ65 ステンレス
【企業名】株式会社タケダ
【所在地】燕市小関字江東1551番地1
【デザイナー】秋田道夫
自社の切削技術を生かしたステーショナリーを開発。新聞や雑誌を読むために使用するルーペに、軽く取り扱いが容易で、安定感のあるものがないことから企画しました。外観を崩すこと無く、安定感のある形状にしながら、手芸など針に糸を通すような細かい作業をレンズ下で行えるようなアイディアを盛り込みました。3本のアーチ状の脚はでこぼこの面でも安定し、光を最大限に取り込める工夫であり、フォルムも美しく仕上がっています。金属製ですが意外なほどに軽く、新聞や辞書など見たいものに乗せるだけなので大変便利です。
【審査員コメント(抜粋)】
◎生活に新しい機能を与えるという点で評価したい。
◎シンプルで使いやすそう。
◎高齢化の今後、益々必然性が増すことだろう。
◎ルーペから手を離して使用できるところ、ルーペの下で作業ができるところが良い。
◎便利そう。
◎作業性の高い美しいルーペである。
◎部屋の調度品になる。
◎美しいフォルムですが、少しとがりすぎかも。

準グランプリ ルーペ

優秀賞
新潟県知事賞
【製品名】プルタブオープナー
【企業名】抜や たむら
【所在地】新潟市西蒲区真木1338-1
伝統を受け継ぐ仲間と、今ある「わざ、もの」を活用してユニバーサルデザインを目指し、使い勝手の良さを上回る製品になりました。
【審査員コメント(抜粋)】
◎ほんのちょっとした配慮!
◎「いつも必要」な「良い商品」。
◎特に高齢になると、力が弱くなるので、常時持っていたい。
◎小さいながら、ニーズをよくふまえた製品だと思います。
◎小さく手ごろ。
◎プルタブを開けづらく感じる多くの人に心地よい使用感を与えてくれる。
◎小さいものなので、年配者が見つけやすい色にするのもよいのでは?
このページに関するお問い合わせ
産業振興部商工振興課
電話番号:0256-77-8231

燕市東部学校給食センター見学会を実施しました

 平成30年4月から稼働する燕市東部学校給食センターの一般見学会を行いました。
とき 3月10日(土) 午前9時~正午
ところ 燕市東部学校給食センター(大曲2440番地1/味彩燕の向かい) 
お問合せ先 学校教育課学校給食係 Tel:0256-77-8212

2018FIFA ワールドカップの応援フラッグプロジェクト

2018FIFAワールドカップロシアに向けた「日本最大の応援フラッグプロジェクト」に燕市も参加します!
このプロジェクトは、全国各地で日本代表チームへの応援メッセージをフラッグに書き込み、それを集めて縫製し、ピッチサイズ(横約96m×縦約56m)にもなる超巨大応援フラッグを作るというものです。
スポーツ少年団サッカーチームの練習日に合わせてメッセージを書き込む機会を設けます。
子どもたちだけでなく、一般の方も書き込んでいただけますので、是非この機会に応援メッセージを届けましょう。
日本史上最大の応援フラッグプロジェクト応援フラッグ概要
1.内容 横約96m×縦約56mのピッチサイズの超巨大フラッグを792分割し、その内の一枚(横約4m×縦約1.7m)に応援メッセージを書き込みます。
2.会場および日時 
分水北小学校体育館 3月3日(土) 9:00~10:00
燕西小学校体育館  3月3日(土)13:00~14:00
粟生津小学校体育館 3月4日(日)13:00~14:00
3.対象 どなたでも
4.主催 公益財団法人日本サッカー協会
5.その他 ペンは市で用意します。

つばめアスリート弁当

燕市では、地産地消を促進し、地域経済の活性化を図るとともに、スポーツ選手のパフォーマンスの
向上を図るため、オリンピアン初の管理栄養士である高橋千恵美さん監修による4種類の「つばめ
アスリート弁当」を開発・販売を開始しました!
平成30年4月から調理協力店により販売を開始しましたので、スポーツ大会や合宿などの際にぜひ「つばめアスリート弁当」をご利用ください。
ご注文の際は、注文票により直接業者へ注文をしてください。

 
このページに関するお問い合わせ

企画財政部地域振興課

電話番号:0256-77-8363

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る