文字サイズ[標準に戻す] [大きくする]

背景の色   

燕市サイト情報バリアフリーページ

本文へジャンプする

高額療養制度|高齢者の移動を考える|節薬バッグ|介護職員へのメッセージ

燕市次世代を担うキャリアテン 介護職員等へのメッセージ

介護の現場で働く人へのメッセージ大募集します!
つばP隊長市では、介護の魅力を発信し介護の人材確保・定着を目指して、次世代を担うキャリアテン介護職員等表彰制度を創設しました。
介護の魅力を発信する取り組みの一環として、介護現場で働くスタッフへの感謝の気持ちを込めたメッセージを募集します。
お世話になっている市内・弥彦村の介護施設のスタッフに、日ごろの感謝の気持ちや、利用していてうれしかった出来事、これからの福祉の希望など、いままで伝えられなかった想いを伝えてみませんか?
●応募期間
10月31日(水)まで
●応募について
応募用紙・・・長寿福祉課・市内の介護施設で配布します。
応募方法・・・長寿福祉課の窓口で直接提出してください。
<電子メール>choju@city.tsubame.lg.jp
●メッセージの活用について
応募があったメッセージはスタッフに伝えるとともに、介護の職場紹介と合わせて展示し、介護の職場の魅力発信に活用します。
・期間:11月10日(土)~11月16日(金)
・会場:燕市役所 つばめホール
キャリアテン介護職員等表彰制度とは
介護人材の確保や定着を図るために、介護職員の皆さんに自信と意欲を持って働き続けてもらえるように、おおむね10年以上勤務している若手職員を対象に介護職員の表彰を行います。
介護の職場の”3K”と言われる「きつい・汚い・給料が安い」というイメージを改め、”新3K”として「希望・感動・感謝」に満ちた職場であることを伝ええる機会とします。
【キャリアテン介護職員等表彰式】
・日時:11月12日(月) 午後2時~
・会場:市役所つばめホール
・対象:燕市・弥彦村の介護施設などにおいて、利用者に直接ケアを行っている介護職員、看護職員等
・表彰要件:常勤職員としておおむね10年以上勤務している職員
このページに関するお問い合わせ 健康福祉部長寿福祉課 電話番号:0256-77-8175

「高額療養費制度」について

平成30年8月診療分から70歳以上の人の自己負担限度額が変更になります。
高額療養費制度とは?
 「高額療養費制度」とは、同じ月内に医療機関へ支払った一部負担金が自己負担限度額を超えた場合、限度額を超えた部分が申請により高額療養費として支給される制度です。自己負担限度額は、年齢や所得によって細かく設定されています。
「限度額適用認定証」について
 入院や高額な外来診療が見込まれる場合は、事前に市役所国保窓口で「限度額適用認定証」の交付を受けてください。この認定証を医療機関に提示することで、同一医療機関での支払いが自己負担限度額までとなるため、用意する費用が少なく済みます。認定証が必要な人は、下記のものを持って保険年金課国保係で申請手続きをしてください。
保険証
印かん
マイナンバーのわかるもの(世帯主と認定証が必要な人の分)
高額療養費が申請により後から払い戻される場合があります
 同一月内に世帯の国保加入者が複数の医療機関を受診し、個人や世帯の自己負担限度額を超えたときや医療機関に限度額認定証を提示しなかったときなど、申請により高額療養費を支給できる場合があります。
 高額療養費の支給対象になった世帯には、診療月から約3か月後に申請案内を郵送しています。申請案内にある必要書類などを持って申請してください。後日、高額療養費が支給されます。
 また、申請案内が届く前でも申請することができます。高額療養費に該当すると思われる場合は、保険証と医療機関などの領収書、振込先通帳、印かん、マイナンバーがわかるものを持って、保険年金課国保係でご相談ください。
確定申告で医療費控除を受ける場合
 確定申告で医療費控除を受ける場合、高額療養費で払い戻される金額は、「保険金などで補てんされる金額」となり、差し引いて申告します。年末近くの診療で高額療養費に該当すると思われる場合は、申請案内を待たずに早めにご相談ください。
申請場所・問い合わせ 保険年金課 国保係 燕市役所1階 9番から11番窓口 電話 0256-77-8132(直通)
※燕市国民健康保険以外の医療保険に加入している人については、各医療保険者(保険証発行元)にお問い合わせください。
このページに関するお問い合わせ 健康福祉部保険年金課 電話番号:0256-77-8132

平成30年度 高齢者の移動・外出を考える勉強会参加者募集します

「今はマイカーでどこでも行けるけど、いつか運転ができなくなったら不安・・・」
「うちのおじいちゃん何歳まで運転するんだろう・・・事故でも起こさないか心配」
みんなが不安に思うことだから、みんなで高齢者の移動や外出について考えてみませんか?
燕市の、移動や外出に関する問題や現状をみんなで共有し、他市・他県での取り組みを知ることで、燕市に生かせるよう勉強会を開催します。
日時:7月31日(火)
場所:燕市民交流センター3階(燕市吉田日之出町1-1)
対象:どなたでもお気軽にどうぞ!
参加費:無料
内容:
■説明■~燕市の現状~
・高齢者の移動・外出に関する課題 (燕市長寿福祉課)
 介護予防・日常生活支援総合事業とは?(燕市長寿福祉課)
・燕市の公共交通について (燕市生活環境課)
■基調講演■
NPO法人 全国移動サービスネットワーク副理事長 河崎 民子氏
 「総合事業を活用した移動・外出支援の仕組みと動向」
■グループディスカッション■
申込締切:7月27日(金曜日)まで
申込方法:電話でお申込みいただくか、チラシに添付の申込み用紙をFAXで送信してください。 
【電話】0256-77-8157(直通)
【FAX】0256-77-8138
※内容は都合により若干変更になることがあります。
このページに関するお問い合わせ 健康福祉部長寿福祉課 地域支援相談係 電話番号:0256-77-8157

残薬対策に「節薬(せつやく)バッグ」を配布します【燕市国民健康保険】

 燕市国民健康保険では、燕市医師会、燕薬剤師会と連携し、医療費の節約・削減、残薬の誤飲や不適切服薬による副作用の防止につながる事業として、残薬対策事業を開始し、対象者に「節薬(せつやく)バッグ」を配布します。 なお、県内自治体では初めての取り組みであり、県薬剤師会や県央薬剤師会の協力も得ています。
対象者 50歳以上、1カ月に4剤以上処方(内服薬として長期処方)されている燕市国民健康保険加入者
利用用法 飲み残しや使いきれなかった薬(残薬)がある場合に、お薬手帳とともに「節薬バッグ」に入れて調剤薬局等に持参します。
配布時期 7月上旬(対象者へ郵送)
このページに関するお問い合わせ 健康福祉部保険年金課 電話番号:0256-77-8132

ページの先頭へ戻る

燕市役所
〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
電話番号 0256-92-1111(代表)
開庁時間
月曜日から金曜日 平日8時30分から17時15分
※ただし、祝日・休日・12月29日から1月3日を除く