本文へジャンプする

現在のページ

産業

助成制度(開発補助金)の成果品 【平成22年度事業】

燕市の新商品開発助成事業(旧助成事業)、新連携支援助成事業(旧助成事業)ならびに新製品開発及び企業連携支援助成事業を活用して、市内の事業所が開発したものの一部についてご紹介いたします。
なお、掲載してあります成果品(商品等)のお問い合わせにつきましては、それぞれの事業所へ直接ご連絡ください。

助成制度(開発補助金)の成果品 【平成22年度事業】

小型ナイフスタンドの開発

小型ナイフスタンド

包丁はメーカーによって、刀身形状、刃厚、峰厚が異なり、種々雑多である。本事業は、包丁の差込口に仕切りを無くしたため、ブレード幅を問わずに収納でき、包丁をしっかりとホールドします。また、一つ一つのパーツを取り外して簡単に分解できる構造となっているため、隅々まで洗浄できいつまでも清潔に保てます。常用に使う包丁が手軽に抜き差ししやすい衛生的なナイフスタンドとして開発、商品化しました。

お問い合わせ先
吉田金属工業 株式会社(TEL 0256-92-4191)
URL:http://www.yoshikin.co.jp

ステンレス二重構造食器の開発

ステンレス二重食器

食器の素材は、陶磁器、ガラスが一般的であり、ステンレスは一般的でない。そこで、燕のステンレス加工技術を駆使して中空二重構造という保温性、保冷性に優れた付加価値を付け、さらにデザイン性も豊かにしたステンレス二重構造食器を開発しました。

お問い合わせ先
株式会社 カンダ(TEL 0256-63-4541)
URL:http://www.kankuma.co.jp

樹木の雪囲いを簡素化できる器具の開発

冬囲い器具

地域の公園、お庭、保育園、学校、一般家庭等の樹木を美的な冬囲いの器具で冬化粧できるように、また、器具はLEDの取り付けが可能に設計してありますので、11月、12月頃にはLEDを取り付けて、お庭のライトアップとして、家族、家庭の団欒の時間が取れますようにと思い、取り付けが簡単な雪囲い器具を開発しました。

お問い合わせ先
株式会社 北川堂製作所(TEL 0256-66-2711)
URL:http://www.hokusendo.co.jp

チタン再結晶、チッ化ハイエンドライフスタイル食器の開発

チタンカップ

ターゲットユーザー・デザイン・マーケットリサーチを経て、潜在的な市場性を持つ、ハイエンドな消費者の心理を動かす希少価値のある製品3点を、企画デザイン開発、製造から流通までを一貫して行い、有名一流百貨店・ハイエンドライフスタイルショップ・ネットショップ等への流通展開を拡大する。また、海外への展開も踏まえ、燕の新たなイメージを作る一助としたい。

お問い合わせ先
株式会社 セブン・セブン(TEL 0256-62-4117)
URL:http://www.sevenseven77.com

掬い取りができる新機能トングの開発

掬い取可能トング

お惣菜の販売やパーティー・食卓の料理の取り分けの際、その利便性から、トングがよく使われる。従来のトングは、掴む動作だったが、新開発トングは、回転軸を柄に対して平行にすることにより「掬い取り」が可能になった為、豆腐料理や煮豆・煮魚・ポテトサラダ等を簡単に取り分けることが出来る。今までに無い昨日を持ったトングです。

お問い合わせ先
株式会社 イケダ(TEL 0256-62-6766)
URL:http://www.ikd-net.co.jp

物干しハンガー用脱落防止具の開発

物干しハンガー

従来のピンチはご存じの通り片手で保持部を開き、もう一方の手で干し物を固定部に挿入する作業が必要で、両手で1つずつ保持させるという作業が当たり前でした。この度の発明は、干し物を保持アームの下方向から上に向けて差し込むだけで保持でき、外す際もリリースアームを操作するだけなので、干す際も外す際もワンハンドで作業できるため、干し物を片手に複数個持ったまま作業でき、作業能率が格段に向上するものです。

お問い合わせ先
杉山金属 株式会社(TEL 0256-63-8125)
URL:http://www.sugimetal.jp

マイクロバブル生成機能を有する静止混合器(ナノ・ミキサー)の商品化

ナノミキサー

異種流体(気体/液体)を混合させるミキサー(混合器)は、工業分野を中心に非常に重要な要素技術である。本事業は、国際特許申請{PCT/JP2010/002252}した原理に基づいて、超高性能かつ安価なミキサーを開発・提供することを目的に、0.1MPa圧損時の流量が、1~20?/min仕様の5種類の標準「ナノ・ミキサー」を商品化した。また、自己吸引機能を有する「ジェット・ミキサー」を開発し、特許申請{特願2011-051374}を行った。

お問い合わせ先
有限会社 イワセ(TEL 0256-92-3750)
URL:http://www.echigo.ne.jp/~iwase

パイプユニットのパーツ開発

パイプユニット

独自開発の金具でPipeフレームを組立て、特殊パネルユニットの開発により組立/分解及び部材搬送が容易な簡易Pipeハウスを実現。フレームと金具類はステンレス材、パネルにポリカーボネート樹脂を採用することで難燃性に優れ錆や紫外線劣化にも強く、全ての部材のリユースが可能。また、側面解放型オープンスペースにより快適性と多様性を実現し、モジュールの組合せで様々な目的に応じた展開が可能。従来の簡易型ハウスでは実現できなかったシーンの演出ができる。

お問い合わせ先
有限会社 スミス(TEL 0256-46-8881)

充電式業務用移動冷蔵庫並びに非接触冷凍温度制御システムの開発

いどうしきれいぞうこ

小型軽量で充電式のため場所を選びません。数量が多いと管理距離や煩雑などで温度管理が出来ににくくなります。また、小型のヒートポンプ3温度帯(冷凍・冷蔵・温蔵)は経済的だが市場にありませんでした。

お問い合わせ先
株式会社 本宏製作所(TEL 0256-93-7043)
URL:http://www.honko.co.jp

環境に優しい「ペット用ICU(集中治療室)装置」の開発

ぺっとようしゅうちゅうちりょうしつ

今やペットは家族の一員として人間と同じ扱いを受けています。そして、生涯伴侶の意識から、自分達と同じく高度医療を望む飼育家庭が増加しています。弊社は、従来のペット用ICU装置にはなかった、二酸化炭素濃度管理機能を付加し、また、ケージ内温度調節にペルチェクーラ-ヒータシステムを採用しました。環境負荷の大きな冷媒と圧縮機を使用しない、環境に優しく省エネルギー、かつ騒音の少ない高機能ICU装置を現在試運転中です。

お問い合わせ先
株式会社 エステーリンク(TEL 0256-97-4846)
URL:http://www.st-link.co.jp/

環境に配慮した一人乗り電気自動車の開発

デンキジドウシャ

遠方走行が目的ではなく、近距離において十分利用できる、小型で取り回しの良い、安全性、スタイリング、法的基準、を考慮した小型電気自動車の開発をしました。国内小型電気自動車では数少ない、マルチにコントロールできる、充電及びモーターコントローラーを搭載すると共に、ソーラーシステム、回生ブレーキも装備します。

お問い合わせ先
有限会社 加藤モーター (TEL 0256-62-6516 )
URL:http://www.katomotor.co.jp/

マグネシウム合金素材のiphone・ipadケースの製作

ipad case

社内でプロジェクトリーダーを指名し、社内全体で達成感を味わう。また、異業種コラボレーションとしてインターネットで「ダダ漏れ工場の生配信」を使い、視聴者を巻き込み、企画から制作までオープンにした。試作、量産に向かい、ipad自体の寸法誤差の対応。金属ケース装着による電波問題などを県工業技術総合研究所の協力と弊社の技術力で乗り越えた。「こんなの出来ました」というただの情報発信に終わらない販売目的の開発です。

お問い合わせ先
株式会社 武田金型製作所(TEL 0256-62-3234)
URL:http://www.tkd-mgn.com/

「SUNAO」ブランドによるキッチンツールの開発

キッチンツール

カトラリーシリーズ「SUNAO」が一定の評価得る事ができ、食にかかわる製品を製造しているメーカーとして「こころを満たす食生活」を提供したいとの想いから、今回食べるだけでなく作るプロセスにシーンを拡げ、「作る」から「食べる」へとつながるライフスタイルの確立を提案します。
トング、レードル、フライ返し、菜箸の4点

お問い合わせ先
燕振興工業 株式会社 (TEL 0256-63-8105 )
URL:http://www.tsubame-shinko.co.jp

食育を促す新しい食器の開発

しょくいくしょっき

子供が大好きで母親も手間無く作れる丼を通して親子のコミュニケーションがとれ、誰もが笑顔になれる子供用丼創作キット。お弁当の出来や感想を書きこめる「コミュニケーションカード」や楽しさを演出する各種抜型なども装備され容器本体は二重構造で保温性に優れ、夏場の保冷剤など細かな設えもある。販売は本体単品販売と専用のスプーン、ケース、袋を含めたセット販売の2通り。動物キャラクターをモチーフにしたデザインで色も各色ある。

お問い合わせ先
株式会社シンドー (TEL 0256-63-2566)
URL:http://www.shindo1947.com

木質燃料機器の開発

もくしつねんりょうき

放置されている森林資源を有効活用した木質燃料機器の開発。
季節に関係なく使用できる事を開発テーマとし、一般家庭用給湯器の開発に取り組んだ。化石燃料の持つカロリーに劣らない熱交換効率及び燃料消費が重要なポイントであったが工夫を施し一程度の成果を得た。又、熱交換の効率を上げる事により蒸気ボイラーとしての転用も可能となり工業向けでも使用が可能となった。

お問い合わせ先
新越金網 株式会社 (TEL 0256-63-5854 )
URL:http://www.shin-works.co.jp/

エコカップホルスターとマイ箸の開発

えこかっぷほるすたー

エコロジーライフという、生活意識の高まりからマイカップ・マイ箸を奨励している野外イベントが多い。この様な中で、軽量化と収納性に優れたマイ箸と簡易的に保持できる保持具の試作品を開発した。マイ箸は自然木とアルミ管を加工し陽極酸化被膜を施したやさしい風合いに仕上げた。保持具では間伐材を用いた着脱が容易な構造を持った、屋内外で使用が可能な仕様とした。

お問い合わせ先
株式会社 ほしゆう(TEL 0256-93-5697)
URL:http://www.hoshiyu.co.jp

  • 掲載してあります成果品(商品等)のお問い合わせにつきましては、それぞれの事業所へご連絡ください。
このページに関するお問い合わせ

産業振興部商工振興課

電話番号:0256-77-8231

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る