本文へジャンプする

現在のページ

産業

若monoアイデアコンペティション燕2017

 「若monoアイデア コンペティション 燕」は、学生や若手クリエイターの視点で優れた製品アイデアを集めて商品化を目指すコンペティションです。
 江戸時代の和釘づくりから始まり、鎚起銅器や金属洋食器、金属ハウスウェアなどの金属製品へと連綿と受け継がれてきた『ものづくりのまち・燕』。
 このまちで、次代を担う若者の創造力に溢れた製品アイデアを一つでも多くカタチにしていきたいと思っています。

 若monoアイデアコンペ2017チラシ 2017年募集要項(PDF/106KB)

若monoアイデアコンペティション燕2017受賞作品

IDEA大賞

Calen―bar」(卓上カレンダー)
 廣田 征雅 東京都・学生
 

IDEA準大賞  ※掲載は受付番号順

  • 蓋の落ちない、シンプルな急須」(急須)
   yonanp 代表:三宅 諒 神奈川県・デザイナー
  • 野菜のすずり」(おろし金)
   岸 玄昌 東京都・デザイナー
  • 個性のある銅器」(タンブラー、ぐい飲み)
   杉 繁征 東京都・会社員

審査・表彰について

審査について

  •   テーマ

  『ライフスタイルを豊かにするモノ』
  毎日、何気なく使っているモノ。
  本当に使い手にとって必要なものばかりなのでしょうか。
  新しい生活シーンへのヒントを与えてくれるような、そんなアイデアを募集します。

  •   募集対象

  『ものづくりのまち・燕』だからこそカタチにできる金属製品アイデア
  (金属洋食器、金属ハウスウェア、鎚起銅器、金属製品)

  •   審査方法
  書類審査
  • 審査基準

  1.新規性・革新性  …  優れたアイデアが盛り込まれており、
                既存類似品との差別化が図られているか。
  2.デザイン性     …  造形的に美しいか。
  3.市場性     … 市場ニーズやトレンドを反映しているか。
  4.商品化の可能性 … 商品化に向け実現の可能性があるか。
 

表彰について

表彰式
 日時 2017年3月24日(金) 14時~
 会場 (公財)燕三条地場産業振興センター

商品化検討について

 受賞作品については、商品化を検討させていただきます。
 その際は、対象受賞作品の受賞者の方に商品化検討の場への参画をお願いする場合があります。
 詳細は個別にご連絡いたします。

主催・お問い合わせ

主催

 燕市、燕商工会議所、日本金属洋食器工業組合、日本金属ハウスウェア工業組合
 (新潟県燕市物産見本市協会)
 

提出・お問い合わせ先

 新潟県 燕市役所 商工振興課(新潟県燕市物産見本市協会事務局)

 〒959-0295 新潟県燕市吉田西太田1934番地
 E-mail: jtidc◎city.tsubame.niigata.jp
 (全角◎を半角アットマークに置き換え、メールソフトの宛先としてご利用ください)


 
このページに関するお問い合わせ

産業振興部商工振興課

電話番号:0256-77-8231

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る