本文へジャンプする

現在のページ

産業

フィギュアスケートブレード試作品第2弾試滑走(パート2)

燕製ブレード試作品第2弾の試滑走会を開催しました。
今回の試滑走会は新潟県スケート連盟主催の新潟近県大会の期間中に開催させていただき、ジャッジやインストラクターの方にも試していただきました。

試滑走会(パート2)概要

  • 日時 : 2018年12月2日 午前9時30分から10時30分
  • 会場 : 柏崎アクアパーク(柏崎市学校町6-73)
  • 試滑走者 : 岡﨑 真 氏(日本フィギュアスケートインストラクター協会) 
  • 試滑走者 : 伝井 達 氏(新潟県スケート連盟理事長) 
  • 試滑走者 : 武田 佳織 氏(長野県所属・日ス連A級テクニカルスペシャリスト)
  • 試滑走者 : 永浜 理人 氏(兵庫県所属・日ス連B級ジャッジ)
  • 試滑走者 : 渡部 幸裕 氏(新潟県所属インストラクター)
  • 内容 : 試作品第2弾を装着しての試滑走(スピン、スパイラル、各種ジャンプの感触確認)
【試滑走の様子】  
今回のブレードは表面処理済みです 3回転ジャンプを跳んでもらいました
ブレード写真 ジャンプ写真
スピンの様子 意見交換の様子
スピン写真 意見交換1
表面処理で滑りに変化は? 今回も取材を受けました
意見交換2 取材風景
【結果と今後について】
現状の試作品ブレードでも3回転ジャンプが問題無く跳べることが確認出来ました。
燕市フィギュアスケートブレード開発研究会では今回の試滑走会の結果を基に、燕製ブレードの製品化に向けて更なる改良を重ねていきます。
このページに関するお問い合わせ

産業振興部商工振興課

電話番号:0256-77-8231

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る