本文へジャンプする

現在のページ

産業

日本フィギュアスケーティングインストラクター協会総会に参加

燕市フィギュアスケートブレード開発研究会は2019年6月2日及び3日の2日間、で新横浜プリンスホテルで開催された「日本フィギュアスケーティングインストラクター協会総会」に参加しました。

日本フィギュアスケーティングインストラクター協会とは?

日本フィギュアスケーティングインストラクター協会は、日本で活動する約300名のフィギュアスケートインストラクターを会員とする組織です。1964年に全国で活動する12名のインストラクターで結成され、その後の会員の増加に伴い1973年(昭和48年)から毎年全国総会が開催されるようになりました。       

日本フィギュアスケーティングインストラクター協会総会への参加概要

  • 開催日 2019年6月2日及び3日の2日間
  • 会場 新横浜プリンスホテル (神奈川県港北区新横浜3-4)
  • 出席会員数 約190名
【燕市フィギュアスケートブレード開発研究会の参加内容】
  • 内容 プレゼンテーション、出展ブースでの試作品の展示 など
研究会出展ブース

総会でのプレゼンと出展ブースの様子

出展ブースの様子
出展ブースでは「試作品第1弾」、「試作品第2弾」、「試作品第3弾」の展示を行いました。
多くのインストラクターの皆さんに実物を見ていただき、更なる改良に向けたアドバイスなど多くの意見をいただくことが出来ました。
いただいた意見を参考にしながら、製品化に向けて取り組みを進めます!

プレゼンの様子
開発の進捗状況などをご説明するプレゼンテーションの時間もいただきました。
当研究会の徳吉会長と新潟県スケート連盟の伝井理事長が登壇し、ブレード開発の背景や燕市の企業が持つ技術、製品化に向けた今後の予定などについてお話ししていただきました。
プレゼン後の質疑応答では多くの質問が寄せられました。予想以上に大きな反響をいただき嬉しいかぎりです。
期待に応えられるように頑張ります!
このページに関するお問い合わせ

産業振興部商工振興課

電話番号:0256-77-8231

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る