本文へジャンプする

現在のページ

産業

(仮称)燕版共用クラウド開発メンバー選定(公募型プロポーザル方式) ※10月1日で終了しました

燕市は一社完結で製品を供給するより、サプライチェーンで製品を供給することが多い地域です。このような地域では先ずは各企業で様々な情報をデータとして蓄積すること、そして企業間でデータのままで活用することがIoTを始めとした最新技術を推進するための第一歩となります。(仮称)燕版共用クラウドとは、各企業でデータを格納したり、企業間でそのデータを活用したりするためのクラウドです。概ね3年をかけて開発し、市内全体のデジタル化を推進します。
開発メンバー選定にあたっては、広く多くの者から事業に対する企画提案を募り、事業を履行するうえで最も適切な随意契約の相手方となる候補者を選定する「公募型プロポーザル方式」を実施します。

※本事業は燕市IoT推進ラボの取組みです。燕市IoT推進ラボの詳細は、こちらからご確認ください。
 

開発メンバーの選定

9月6日から9月13日にかけて募集、10月1日に審査した結果、以下の者を開発メンバーに選定しました。

【開発メンバー】
株式会社ウイング(新潟県新潟市中央区米山2-4-1)

今後の開発情報は、随時、燕市IoT推進ラボHPで公開していく予定です。

開発メンバーの募集

事業概要、予算

(1)事業名
燕IoT委第31-1号 共用クラウド構築業務委託
燕IoT委第31-2号 共用クラウド運用業務委託

(2)事業期間
契約締結日から令和2年3月31日まで

(3)事業予算
共用クラウド構築業務委託 5,280,000円
共用クラウド運用業務委託 330,000円
(消費税及び地方消費税(税率10%)を含む)
 

参加資格要件

参加者は、以下の資格要件を全て満たしていること。
(1)参加申込までに燕市IoT推進ラボメンバーリストに登載されていること。登載されていない場合は、こちらから、燕市商工振興課(燕市IoT推進ラボ事務局)まで申請すること。
(2)参加申込までに令和元・2年度(平成31・2年度)燕市物品入札参加資格者名簿に登載されていること。登載されていない場合は、こちらから、燕市用地管財課まで申請すること。
(3)令和元・2年度(平成31・2年度)燕市物品入札参加資格者名簿の地域区分で新潟県内に本社・本店又は営業所を有していると登載されていること。
(4)新潟県及び燕市入札参加資格者に係る指名停止要領に規定する指名停止処分を受けていないこと。
(5)地方自治法施行令第167条の4の規定に該当しないものであること。
 

事業スケジュール

令和元年
 9月 6日 プロポーザルの告示
 9月13日 参加申込書及び質疑書の提出締切
 9月17日 参加資格審査結果及び質疑回答書の通知(予定)
 9月24日 企画提案書等の提出締切
10月 1日 書類及び面接審査の実施、審査結果の通知(予定)
10月 2日 契約の締結、事業の開始(予定)
令和2年
 3月31日 事業の終了、報告書の作成
  

資料一式

・実施・募集要領(PDF390KB
・調達仕様書(PDF452KB
・様式1~5,7(参加申込書ほか)(Word52KB
・様式6-1(企画提案書)(Word25KB
・様式6-2(事業の概要)(Word49KB
・様式6-3(データセンター設備証明書)(Excel21KB
・様式6-4(見積経費明細書)(Word38KB
  

問い合わせ先・資料提出先

燕市 産業振興部 商工振興課 ブランド推進係(燕市IoT推進ラボ事務局)
住 所:〒959-0265新潟県燕市吉田西太田1934番地
TEL:0256-77-8289
FAX:0256-77-8306
E-mail:iotlab●city.tsubame.lg.jp(●を@に置換えてご連絡ください)
 
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部商工振興課

電話番号:0256-77-8231

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る