本文へジャンプする

現在のページ

産業

ベンダー企業からのシーズ紹介

燕市IoT推進ラボはプレイヤー(ユーザー企業、ベンダー企業等)、サポーター、アドバイザーという3つのラボメンバーから構成されます。このページでは、ラボメンバーのベンダー企業から、同社が有する技術、ノウハウ等のシーズを紹介してもらいます。

※本事業は燕市IoT推進ラボの取組みです。燕市IoT推進ラボの詳細は、こちらからご確認ください。

【ベンダー企業(掲載順)】
シーキューブ

ベンダー企業からのシーズ紹介

製造工場・遠隔設備を見える化 生産性向上と省力化を実現! C.CUBE Hyper IoT(シーキューブ)

株式会社シーキューブは、「モノづくり」に関する総合的な各種サービスを通じて社会貢献することを事業目的とし、単なる販売サービスのみならず、お客様の企業価値を伸ばす色々な要素を含んだ、一歩先のコンサルティング型「総合エンジニアリングサービス企業」です。3次元CAD/CAM販売・サポート(製造業・建設業)、設計技術者派遣・紹介、CAD百貨Web、3Dプリントなどで培った技術を元に、IoT事業を推進します。


C.CUBE Hyper IoT™はシーキューブが開発したシステム基本パッケージです。Hyper IoTパッケージ、および、各ソリューションのカスタマイズ、ノウハウを蓄積することで、企業様の目的に合わせた業務用のIoTサービスを、迅速に構築することが可能になります。

弊社では6つのセクションからIoTを活用したシステム導入のご提案を行っております。
1.事前打ち合わせ(無償)
 お客様の業態や現状、課題、ご要望、長期的目標を確認します。
2.業務分析
 ヒアリングの結果を踏まえ、短期的・長期的メリットをもたらすシステムのご提案をいたします。
3.要件設定
 最適なIoTシステムの概要を検討し、具体的なシステム設計を行います。
4.プロトタイプ構築
 実際の運用の前に、最小限のプロトタイプで検証し、修正点や要再検討部分を洗い出します。
5.実システム構築
 実地検証を経て、クラウドサーバー上にIoTシステムを構築します。初期運用に必要なアカウン ト情報や初期データの設定を行いすぐに使える環境をご提供します。
6.システムサポート
 実運用開始後も、継続的に運用していただくために、サポート体制を整えております。また現在、 スマートファクトリーの実現に向け、工作機や設備などの稼働情報を可視化すべく稼働監視システムの3ヶ月無料トライアルを行っております。データを取得したい工作機や他設備の情報をお聞かせいただき、お打合せの後、各種センサーの取り付けを行います。取り付けしたセンサーの調整や取得したデータの確認、PC・タブレットへの基本設定を行い、弊社技術員から基本パッケージソフトの操作方法をご説明させていただきます。リアルタイムでの設備稼働監視が可能となると
・稼働率の向上
・生産計画の適正化
・故障予防、危機管理
・現場社員の意識の変化→働き方改革
などの多くのメリットが生まれます。

まずは1台から稼働監視システムを無料トライアルで始めることができます。

シーキューブではお客様のご要望に応じたIoTシステムのご提案を行っております。是非お気軽にご相談ください。

【ベンダー企業データ】
企業名 株式会社シーキューブ
所在地 新潟県新潟市中央区上近江1-7-13
資本金 4,560万円
従業員 64人
URL https://www.ccube.co.jp/

ベンダー企業シーズ紹介ページへの掲載方法

【STEP1】
燕市IoT推進ラボメンバーに加入
※加入方法は、こちらからご確認ください。

【STEP2】
掲載申込書を事務局までメールで提出
・掲載申込書(Word16KB
・掲載イメージ(PDF563KB

※事務局
燕市 産業振興部 商工振興課
E-mail iotlab●city.tsubame.lg.jp(●を@に置換えてご連絡ください)
 
Adobe Readerをダウンロードする

このページの資料をご覧になるにはAdobe Reader(無償)が必要です。プラグインをお持ちでない方は左記ボタンよりソフトをダウンロードしてください。

このページに関するお問い合わせ

産業振興部商工振興課

電話番号:0256-77-8231

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る