本文へジャンプする

現在のページ

産業

危機関連保証の認定について

 「危機関連保証」とは、突発的に生じた大規模な経済危機、災害等の事象により著しい信用収縮が生じた中小企業者の事業継続や経営の安定を図るため、通常の保証限度額とは別枠で保証を行う国の制度です。その際の売上高等の減少について、認定を行います。
⇒中小企業庁「危機関連保証制度(大規模な経済危機、災害等による信用収縮への対応) 」
⇒新潟県信用保証協会「保証制度のご案内」

認定要件

 新型コロナウイルス感染症の発生に起因して、原則として、最近1か月間の売上高又は販売数量が前年同月比で15パーセント以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比で15パーセント以上減少することが見込まれること。

提出書類

  ※認定基準の運用緩和
    新型コロナウイルス感染症の影響を受けている下記の方も対象となります。
    ・業歴3か月以上1年1か月未満の事業者
    ・前年以降の店舗増加等によって、単純な売上高等の前年比較では認定が困難な事業者
    これらに該当する場合は、下のいずれかの方法で売上高等を比較してください。
    申請書(第6項様式-(2)最近1ヶ月と最近3ヶ月の比較)
    申請書(第6項様式-(3)令和元年12月比較)
    申請書(第6項様式-(4)令和元年10-12月比較)
  • 売上高減少の根拠となる数値を確認できるもの(任意様式)
このページに関するお問い合わせ

産業振興部商工振興課

電話番号:0256-77-8231

ご意見・ご要望・お問い合わせはこちら

ページの先頭へ戻る